~うりぼうの独り言~
HPなんて面倒くさい、ブログなんて誰も読まないから書かない、って言っていた私がとうとう始めちゃいました。


プロフィール

uribou

Author:uribou
FC2ブログへようこそ!



リンク

  • 吉本修治司法書士行政書士事務所

  • このブログをリンクに追加する



    カレンダー(月別)

    08 ≪│2017/09│≫ 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    QRコード

    QRコード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    大リーグ豆知識(その4)
    再度登場

    雨降る一日ですね。

    こんな日は雑談しましょう。

    またまた大リーグフリークネタです。

    名選手のニックネーム由来を紹介しますね。第四弾です。

    ルー・ゲーリッグ「鉄の馬」
    当時は不滅と言われた2130試合連続出場を果たした強靱な肉体から。この記録を破ったカル・リプケン・Jrは「鉄人」というニックネームですね。

    テッド・ウィリアムズ「スプレンディッド・スプリンター」
    意味は「素晴らしき木片」すなわち「黄金バット」。どんな球もヒットにしてしまう、打撃の神様と言われた彼らしいニックネームです。

    ロジャーズ・ホーンズビー「インドの王様」。
    ロジャーズの発音がインドの王様を意味する「ラジャー」とよく似ていることから。

    ハーモン・キルブリュー「殺し屋」
    KILLEBREWからBEWを取るとKILLERとなることから。でも実際の彼は物凄く温厚な方で退場経験は一度もない方でした。日本で言うなら「ブスさん」と呼ばれた毒島章一選手が同じ部類ですかねぇ。

    アーニー・バンクス「ミスター・カブ」
    シカゴ・カブス史上最高の選手であるという称号。日本なら「ミスター赤ヘル」という感じですね。

    アル・シモンズ「バケツ打法」
    打席のスタイルがバケツに両足を突っ込んでいるような姿だったことから。日本式に言えば「ガニマタ打法」かな。

    楽しんで頂けました?
    完全に趣味の世界ですね(笑´∀`)
    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。