~うりぼうの独り言~
HPなんて面倒くさい、ブログなんて誰も読まないから書かない、って言っていた私がとうとう始めちゃいました。


プロフィール

uribou

Author:uribou
FC2ブログへようこそ!



リンク

  • 吉本修治司法書士行政書士事務所

  • このブログをリンクに追加する



    カレンダー(月別)

    08 ≪│2017/09│≫ 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    QRコード

    QRコード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    昭和の日に
    合掌

    早いもので今日で四月も終わり。一年の3分の1が過ぎたことになります。

    昨日は昭和の日。
    昭和時代にスターダムに上がったお二人の方の訃報を聞くこととなりました。

    牧伸二さん。

    ご存じウクレレ漫談の巨匠。
    あのメロディーとフレーズはしっかりと耳に残っています。
    亡くなられる前日も舞台の仕事があったのに、何か思い詰めることがあったのでしょうか。

    私が大学生になる直前、東京のNHKスタジオを見学したことがあるのですが、階下に見えるスタジオで収録をされているタレントがいらっしゃいました。どうやら収録終了直後だったようですが、それが牧伸二さんでした。

    音楽漫談をやる方が少なくなりました。間違いなく昭和を代表するボードビリアンでしたね。


    アニマルこと、ブラッドリー・レスリーさん。
    阪急ブレーブスでリリーフ投手として活躍しました。
    勝利の瞬間の派手なパフォーマンスとキャッチャーへのどつきが印象的でした。
    引退後はテレビ番組「風雲たけし城」に出演されていましたね。

    まだ54歳でしたか。お若いですね。

    私は阪急ファンではないのですが、今から思うと、阪急っておもしろい球団でしたね。
    彼の外にもロベルト・バルボン、福本豊というテレビでお話しするだけで爆笑の渦となる選手がいました。
    しかも二人とも名選手ですよ。
    ファンのヤジも大阪らしさが出ていましたしね。


    お茶の間に笑顔を見せてくれたお二人のご冥福をお祈り致します。
    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。