~うりぼうの独り言~
HPなんて面倒くさい、ブログなんて誰も読まないから書かない、って言っていた私がとうとう始めちゃいました。


プロフィール

uribou

Author:uribou
FC2ブログへようこそ!



リンク

  • 吉本修治司法書士行政書士事務所

  • このブログをリンクに追加する



    カレンダー(月別)

    08 ≪│2017/09│≫ 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    QRコード

    QRコード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ルパン三世傑作選
    オイルダラーを狙え(新17話)

    この作品が公開された昭和52年頃は石油ショックから僅か数年後ということもあり、アラブの国にとっては願ってもないドル箱、という時代でした。

    今回はとある悪党がとある国家に「1億ドルよこせ。さもなくば国内全部の油田を爆破させるぞ。」と脅しをかけたところから話が始まります。
    厳重警備をしているから安全だ、と高を括った政府の油断をあざ笑うかのごとく、次々と油田が爆破されます。
    これに恐れをなした政府は金準備したので、これをいただいちゃおう、とルパン三世。

    舞台はイスラム国家で、女性は人前で素顔を出してはいけないのですが、ルパン逮捕を生きがいとしている銭形警部にはこの掟が頭に入っていなかったようで、この掟を利用した罠に引っかかった銭形警部はイスラム女性からえらい目に遭います。お笑いのシーンかな。

    爆破事件の黒幕ローレンス三世との対決シーンも見物ですが、多少下品のシーンも交えつつ、峰不二子の偽りの裏切りがルパン一味を助けるなど、なかなか見応えがあります。

    ラストは、悪は栄えず、悪銭身につかず、がよく分かる内容です。

    てなわけで笑っちゃう結末のお話でした♪
    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。