~うりぼうの独り言~
HPなんて面倒くさい、ブログなんて誰も読まないから書かない、って言っていた私がとうとう始めちゃいました。


プロフィール

uribou

Author:uribou
FC2ブログへようこそ!



リンク

  • 吉本修治司法書士行政書士事務所

  • このブログをリンクに追加する



    カレンダー(月別)

    10 ≪│2017/11│≫ 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    QRコード

    QRコード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    今日は何の日
    401年前の決闘

    ネットを見ていてたまたま気付いた出来事。

    タイトルから分かりますか?

    今から401年前、慶長17年4月13日のことです。
    関門海峡に浮かぶ舟島で対決した二人の剣豪。

    そうです、宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島の決闘が行われた日なのです。

    決闘の顛末は小説や映画で皆さんよくご存知でしょう。

    ですが、この決闘には数多くの謎が残されています。

    小次郎の死因に始まり、彼の年齢、出身地、いずれも定かではないのです。
    そもそも佐々木小次郎という人物は存在していなかったという説もあります。

    記録では舟島で武蔵と「岩流」という人物が対決したとありますが、この岩流が佐々木小次郎だという歴史的根拠がないのです。岩流は70歳を越えた老人だったとも言われています。

    20歳の美青年ではなかったようなのです。

    山口県阿武郡阿武町にある佐々木小次郎の墓は何を教えてくれるのでしょう。

    歴史のミステリーです。
    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。