~うりぼうの独り言~
HPなんて面倒くさい、ブログなんて誰も読まないから書かない、って言っていた私がとうとう始めちゃいました。


プロフィール

uribou

Author:uribou
FC2ブログへようこそ!



リンク

  • 吉本修治司法書士行政書士事務所

  • このブログをリンクに追加する



    カレンダー(月別)

    10 ≪│2017/11│≫ 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    QRコード

    QRコード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ボギー映画紹介
    俺たちは天使じゃない(1955年)

    ハードボイルドが売りのハンフリー・ボガートが三枚目を演じるコメディータッチの映画です。

    緊迫感のない展開に消極的な意見もあるようですが、私は好きですね。
    こういうボギーもいいんじゃないかな。

    ボギー演じるジョセフら3名の脱獄囚。
    強盗殺人を企てて雑貨屋に侵入するのですが、店長のお人好しぶりに話は意外な方向に進みます。

    店長の妻とこの映画のヒロインとなる娘、嫌みったらしい店長の従兄にその息子。

    以前テレビで放送されていた時に録画してて、その後も何度か見たのですが、今はビデオデッキが家にないのでテープだけが残っています(あれ?ひょっとしたら間違って処分しているかも?)。

    一見善人に見えるジョセフ達ですが、見終わった後によくよく考えると、やっぱりこれって犯罪だよ、と思ったのでありました。
    でも、これはフィクションの世界、滑稽なボギーもたまにはいいじゃありませんか。
    白黒映画の多いボギーの数少ないカラー作品の一つです。
    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。