~うりぼうの独り言~
HPなんて面倒くさい、ブログなんて誰も読まないから書かない、って言っていた私がとうとう始めちゃいました。


プロフィール

uribou

Author:uribou
FC2ブログへようこそ!



リンク

  • 吉本修治司法書士行政書士事務所

  • このブログをリンクに追加する



    カレンダー(月別)

    12 ≪│2013/01│≫ 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    QRコード

    QRコード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    月末
    早くも12分の1

    しばらくぶりのブログ更新です。

    気がつくと月末になっていました。
    平成25年ももう12分の1が過ぎていきました。

    この前正月だったのに、と思うまもなく今日31日を迎えます。

    私の事務所も月末と言うことでバタバタし始めています。

    明日から2月ですね。

    気分新たにがんばっていきましょう。
    スポンサーサイト

    豆知識
    ベンツの豆知識

    今日はハネベンのみならず、ベンツネタでいきます。

    私の愛車は「ハネベン」というニックネームがあるのですが、他のベンツはニックネームはどんなのか聞かれて、はて、と思ってしまいました。
    確かに私はハネベンが大好きですが、その他のベンツに関しては知識が乏しく、よく知らないんですね。

    ちょっと調べてみました。

    ハネベン以外にはハネベンの2代前のベンツが「ダルマベンツ」と言われているみたいですね。
    その他300SL「ガルウィング」とかGクラス「ゲレンデ」、Mクラス「小ベンツ」とかありますが、愛称とは言わないかも…。

    そもそもメルセデス・ベンツという名前ですが、どういう意味なのでしょうか。

    元々、ダイムラーとベンツという人物が自動車の父と言われているのでベンツは分かりますが、メルセデスは…?

    はい、実はこれも人の名前なんです。
    当時の経営者の娘の名前とか。
    日本で言うなら「巨人の星」に出てくる「ミツル花形2000」かな?
    イメージで言うなら「トヨタ・カリーナ」が最もしっくりくるでしょうね。

    で、このメルセデス・ベンツですが、これはダイムラー社のブランド名で、具体的な車種を指す言葉ではないそうです。
    三つ星マークのバスやトラックを見かけたことありますよね。

    日本人が(メルセデス)ベンツと呼んでいるのは、乗用車(セダン等)の部類です。

    日本ではEクラスが最も台数が多いようです。


    甲子園
    20年ぶりの春

    本日発表された甲子園選抜大会出場校。

    その出場校の中に嬉しい名前がありました。

    我が母校土佐高校です。

    21世紀枠で20年ぶり7回目の出場となりました。
    この前の平成5年春は私は大学生でした。
    寒空の中声援を送ったことが思い出されます。

    その後甲子園のチャンスが何度か訪れ、本当に後一歩ということもありました。
    でも夢は叶わず、あの純白のユニフォームと全力疾走が聖地に踊る日はありませんでした。

    苦節20年、球児の皆さん、本当におめでとうございます。

    準優勝した昭和41年の旋風のような活躍をお祈りしています。
    当時の球児の同級生の方々と仕事でお付き合いすることがありますが、まぁ皆さん個性豊かで自由な気風の土佐高校そのままです。

    土佐高校の全力疾走は甲子園名物の一つでオールドファンの皆さんには懐かしい光景に違いありません。

    私が高校3年生の夏に甲子園出場を果たしましたが、土佐高校の全力疾走を見た相手校の選手達が同じように全力疾走をして、それが良いリズムになり、相手投手が自己ベストピッチングしたという、何とも皮肉な出来事がありました。

    さて、今年の球児達はどんな活躍を見せてくれるでしょうね。

    映画館・ボウリング場跡
    結構ありました

    今日の休憩時間中、高知に以前存在していた映画館やボウリング場の話題になりました。

    東宝、東映、松竹はすぐに思い浮かびますが、テアトル土電や名画座を覚えている方、いらっしゃいますか。名画座は私の事務所から比較的近所にありました。
    今はパチンコ店になっていますが、その昔、私がチャップリンの「街の灯」「ライムライト」を見たのが名画座です。

    ボウリング場もかつてはいろいろな所にありました。

    最近閉店したボウルジャンボに始まり、桜ヶ丘。
    いの町や土佐市にもありました。

    鉛筆でスコアカードを記入するなんて、今の若い方ご存知ないでしょうね。

    復活路線
    高知名古屋便

    今朝の高知新聞一面に、今年3月からFDAが高知名古屋便を一日一便で運航させるとの記事がありました。

    平成23年3月に当時再建中だったJALの方針で廃止された路線ですが、高知県が強く呼び掛けたことから2年ぶりに他社で復活することになったものです。

    私もかつてよく利用させてもらったのですが、名古屋はJR乗り継ぎだと遠く感じるのですよ。
    当時は早朝と夕方(名古屋発)又は夜間(高知発)の二便だったので仕事が終わってから高知空港に向かって名古屋にその日の夜到着、翌日昼からの会議にゆっくり出席した、なんてことがよくありました。

    今の私は名古屋行きの予定があるわけではないのですが、復活することを純粋に喜んでいます。

    かつて就航していた札幌、広島西、沖縄は復活して欲しい路線です。

    と同時に、現在はチャーター便のみのソウル、台北は是非定期便が実現して欲しいですね。
    すでに実現化している高松が羨ましいです。

    二人の紳士
    スポーツ界の名士

    昨日1月19日、日本角界と米国球界を代表する二人の天才アスリートが夭折されました。

    一人は昭和の大横綱大鵬関、一人はセントルイス・カージナルスの強打者スタン・ミュージアル外野手です。

    大鵬は今さら紹介する必要もない、人気・実力共にずば抜けた力士ですね。
    ですが、彼は世間から天才呼ばわりされることに対して、「他人の3倍以上稽古に励んだ結果」というように答えています。
    他人思いの紳士で人気があった方です。
    ライバル横綱柏戸関との名勝負を繰り広げ、「柏鵬時代」と呼ばれる一時代を築きました。

    最近、二所ノ関部屋がなくなることを悲しむコメントをされていましたが、先に亡くなられてしまいました。

    角界に外国人力士が多くなりましたが、大鵬もロシア人の血をひいていることを本当に最近知りました。


    ミュージアルは1940~50年代を代表する選手。
    テッド・ウィリアムズと並び称される大リーグで一時代を築いたプレイヤーです。

    カージナルス一筋22年、当時はナ・リーグ最多の3630安打をマークした強打者でした。
    紳士的プレーで知られ、ついたあだ名は「男の中の男」。
    初孫が生まれた後の第一打席で本塁打を打つという息の長い選手でした。

    最後に彼の名台詞を紹介し、お二人に哀悼の意を表したいと思います。

    「私の誇りは、打率の高さやホームランなどの数字ではなく、数知れぬ敗北とスランプから、その都度立ち上がったことだ。」


    ボギー映画紹介
    裸足の伯爵夫人(1954年)

    本当に久しぶりのボギーネタです。

    一度だけ見たことがある映画です。
    あらすじを読んで、ああそうだったな、と思い出しました。

    ボガートの回想シーンからこの映画は始まります。

    酒場のダンサーだったマリアと映画監督のハリー(ボギー扮)の出会いから別れを描いたストーリーです。

    スペイン、マドリッドで裸足のダンサーだったマリアは、ハリーに見初められて銀幕の世界へ。
    そして映画が大ヒットしてたちまち彼女は大スターの座に。

    ある日、南米で彼女の踊りを見たファブリーニ伯爵が一目惚れをし、求婚。
    かくして、マリアは伯爵夫人となるのですが…。

    ボギーの淡々とした語りでこの映画はラストシーンを迎えます。

    トレンチコートがトレードマークだった彼の、最後の着用映画でした。

    一年前
    交際記念日


    昨日、遠方の司法書士の同業の方から温かいお気持ち、結婚祝いをいただきました。
    本当に嬉しいものです。

    昨晩、一年前何してた?という話になり、私も正確には思い出せないでいたので昨年のブログを見てみました。

    成人の日に高松で講師をして、高知へ帰ってきた後、17日は高校で講義、18日は事務員が休みだったために一人であくせく働いていました。

    18日のブログ更新後、当時交際前の妻と高知市内のバーで会うことになっておりました。
    どうやら18日にブログを書き終えてから自転車で店に向かったようですね。
    妻は仕事が休みだったので私のためにケーキを作ってくれました。
    とても嬉しかったです。

    バーで紹介者の方と3人で会いました。
    店は私たち以外には客は誰もおらず貸切状態でした。

    このバーでの飲食の後、二人でデートし、結婚を前提としてつきあうことになりました。
    本当に別れたのは19日の午前ですが、この思い出のデートをした1月18日を交際記念日としています。



    産科にて
    その日を待ちながら

    今日の午前中は、妻の産科に行っていました。
    予定日を過ぎて初めての検診です。

    初産は遅れる、とはよく聞きますが、当事者としては一日も早く産まれて欲しい、という思いがあり、精神的にもかなりくるものがあります。
    夫としてどのようにサポートできるかが日々の課題となっていますが、なかなか理想と現実は違うものですね。
    何もかにもが初めてで分からないことだらけ。
    いろいろ調べたりもしてみて、ああだこうだと悩んだり。

    病院の待合でパパママクラスで一緒だった方と予定日を一週間過ぎた方と会ってお話をしました。
    皆さんもいろいろな不安や悩みを抱えていることを知り、うちも一緒なんだな、特別じゃないんだな、と思ったものでした。

    散歩や雑巾がけ、スクワットに始まり、焼き肉、リポビタンD、オロナミンC。
    今まではなんのことや、みたいな単語が今じゃ、あ~、みんなやってるんだ~と変わるんですね。

    最後はみんな一緒に入院できたらいいね、で別れました。

    入院準備はもちろん、退院グッズも揃い、名前も決まっている今はただその日を待つばかり。
    3100グラムを超えた我が子の誕生を今か今かと首を長くしている私たちです。

    夕べは夫婦で初めての筆談を経験しました。
    文字に書くとまた違った感動を味わうことができます。

    素敵なその日を待ちながら過ごすことにします。

    今日は何の日
    禁酒法施行日

    昼休み、何気なくネットを閲覧していたら飛び込んできた記事があります。

    今日1月16日は「禁酒の日」というのです。
    由来は1919年、アメリカで禁酒法が施行されたのがこの日と言うことにちなんでいます。

    大学の英語翻訳の授業で
    "This is a dry town."
    というのがあって、dryには「禁酒法」という意味があるので、
    「ここじゃ酒は飲めねぇよ。」
    と訳すんだよ、という講義があったことを思い出しました。

    禁酒法と言えばギャングの帝王、アル・カポネが真っ先に思い浮かびます。
    映画「アンタッチャブル」に始まり、たくさん映画化されましたね。

    禁酒法のおかげで莫大な収益を挙げるものの、他のギャングとの抗争も絶えず、やるかやられるか、の危険と背中合わせの日々だったようです。
    ジョニー・トーリオを師と仰ぎ、他のギャングとの対立や部下の裏切り、などなど。
    ちょっとアル・カポネにはまった時期があって、いろいろ調べたりしていたんでちょびっとだけ詳しいのです。

    かくいう私は昨年の6月から禁酒。
    いや、正確に言うと断酒ですね。
    体をこわしたので一切のアルコールをやめました。
    飲み会に行ってもノンアルコールだけ嗜んでいます。

    普段は飲んべえの皆さんも今日は禁酒法を思い出してノンアルコールで過ごしてみませんか。

    横浜メモリアルジャーニー(最終回)
    締めは青汁

    横浜駅に到着した私たちは京急線に乗って羽田空港に向かいました。
    多少時間がかかるけど乗り換えの手間のない直通急行でのんびり乗っています。

    無事羽田空港に到着し、御義父様の好物である最中を購入し、ラウンジへ。

    いつぞやから定番になっています。
    キューサイの青汁をググッと飲み干して…。

    時間が少しあったのでスナックや他のドリンクもいただきました。

    そして搭乗口へ。
    高知の搭乗口はラウンジから遠いことが多いので、いつもぎりぎりに搭乗することが多いです。

    日曜日の夕方と言うこともあって満席。
    今回はアップグレードできず、でした。

    高知空港に到着し、ハネベンで帰宅。

    夫婦二人きりでの飛行機旅行はこれが最後でした。

    これからは人数が増えて旅行をすることになりますが、まだ数年先のこと。
    でもとっても楽しみです。

    これにて、8回に渡ってお伝えした横浜メモリアルジャーニーはおしまい。
    お後がよろしいようで~

    横浜メモリアルジャーニー(その7)
    中華街と街並み

    トリックアート・ミュージアムは楽しかったのですが、満喫しすぎて時間が足りなくなってきちゃいました。

    私たちの帰る飛行機は最終便の一つ前の便なのでゆっくり昼食がとれないのです。
    午後1時をとっくにすぎており、帰りのバスの時間を気にし始めました。
    頭にバスの時刻をインプットしていたので時計を見ながら昼食です。

    ゆっくり店で味わう、というわけにもいかず、中華味市場という横浜大世界の建物内にあるフードコートへ。

    大急ぎで北京ダック、油淋鶏、四川風餃子、半炒飯を注文しました。
    ところが、出てきた半炒飯が…

    デカイこれ、普通盛りやん。値段は300円なので半炒飯に間違いないのでしょうけど…。
    妻も半炒飯を頼んでいたので二人で必死に食べました(笑)。

    満足かどうかはさておき、満腹で店を後にする私たち。
    ホテルで荷物を預かってバス乗り場まで徒歩で…。

    さぁ、バスの時刻10分前です。
    いよいよ私は落ち着きがなくなり始めました。
    私の悪い症状が出始めました。

    ホテルで荷物を待つ時間が長く感じられたことといったらありゃしない

    バス停はホテル近くの山下公園入口付近にあります。
    バス停に着いた時は2分前。
    無事、間に合いました。
    やれやれ。

    かつてはよく利用した横浜市営バスを今日は夫婦で乗りました。
    でも山下公園から横浜駅のルートは初めてですね。

    遠くに見える赤レンガ倉庫やレトロな建物、桜木町駅を通過しながら、横浜駅まで束の間のバス観光をしました。

    最終回につづく

    雨の散歩
    5時間デート

    今回は横浜メモリアルジャーニーはお休みして、今日の出来事を書きます。

    妻の運動がてら、徒歩でお買い物に行こう、という話になり、昼食後から歩き始めました。

    行き先は知寄町のベスト電器。我が家からは約1キロの所にあります。

    ルートは住宅街の中を抜ける道で、妻の母校昭和小学校への通学路を二人で歩いてみました。
    小学生には長い道のりです。やがて店に到着しました。

    買い物がすんだら今度は葛島のフジへ。
    小雨降る中、相合い傘で歩いて行きました。

    歩き疲れたので、マクドナルドで休憩です。
    JALの航空券の裏面にマクドナルドの商品引換券がありますが、ビッグマックの引換券を持っていたのでそれを注文しました。ビッグマックは滅多に当たらないんですよ。
    二人で半分こしながら食べました。

    その後再度ベスト電器に足を運び、最後は西松屋でお買い物。
    約5時間のデートでした。
    雨降る中でこれ程歩いたのは記憶にありません。

    でも運動したので夕食も弾みました。

    天気は良くなくても、私達はとても充実した一日を過ごしました。


    横浜メモリアルジャーニー(その6)
    トリックアート再び

    山下公園を満喫した後は南下していよいよ中華街へ。

    お昼だし、そろそろ…

    とはいかなかったですね。

    行き先は横浜大世界のトリックアート・ミュージアム。

    ハウステンボスでおもしろかったので横浜でもまた行こうということになりました。

    またまた写真をいっぱい撮って遊びました。
    ハウステンボスにあるものなかったもの、いろいろ見応え充分でした。

    お気に入りは下記の写真の「エイムズの部屋」。
    二枚とも同じ場所から私を撮っているんですよ。
    もちろん私の身長は変わるわけないです。

    本当に不思議ですね。
    部屋の中にいる時は何とも思わないのですが、こうしてできあがった写真を見ると、何ともですねぇ。

    エイムズの部屋1

    エイムズの部屋2



    横浜メモリアルジャーニー(その5)
    休日の山下公園

    流石スイートルームの寝心地はいいですね。

    ゆっくりと朝を過ごした後はホテル近くの山下公園を散歩に行きました。

    休日の朝と言うこともあって、肌寒い気温にもかかわらず、多くの人で賑わっていました。

    マラソン大会が近いようでジョギングしている方がたくさんいました。

    氷川丸に赤い靴の女の子像など山下公園のシンボルと共に、向こうに見えるランドマークタワーや横浜ベイブリッジの景観を楽しみました。

    親子連れや老夫婦、老若男女を問わず、横浜市民の憩いの場となっている山下公園。
    いいですね♪

    気が付くと正午近くになっていました。

    つづく

    横浜メモリアルジャーニー(その4)
    下見旅行?

    今日は妻と産科に行ってきました。
    近づいてくる出産の日に期待と不安で胸がふくらんでいます。

    さて、横浜紀行のつづきを書きますね。

    部屋で紅茶を嗜んだ後、私たちは外出しました。

    石川町駅に向かうので途中、中華街を歩きました。
    妻と歩いた中華街、神戸、長崎、そして横浜。
    日本三大中華街をすべてクリアしました。

    中華街グルメは翌日のことなのでまたの機会に。

    中華街を抜けて石川町駅に着く直前に神奈川県司法書士会館があります。
    高知市民の妻はたった一日で関東の司法書士会館を2つ見ました。
    これも珍しい経験ですよね。

    私たちが最終向かった先は「八景島シーパラダイス」。
    今まで行ったことがなくて興味津々でいざ行ってみたのですが…。

    園内は22時までOKですが、アトラクションは20時ですべて終わりになるとのこと。え~、あと一時間しかないじゃない。ナイト入場券があるからTDRやハウステンボスやレオマワールドみたいにアトラクションが最後まであると思うじゃない~。

    いくらわめいてもだめです。

    仕方なく無料で楽しめる施設をのぞくにとどまりました。
    将来子供たちと一緒に朝から来ようね、という話になりました。
    数年先のことですね。

    シーパラダイスで夕食を食べてホテルに戻りました。

    ちょっと喧嘩もしたりしたけど、仲直りして部屋で休みました。

    こうして私の41歳の誕生日は過ぎていきました、チャンチャン♪

    横浜メモリアルジャーニー(その3)
    有頂天ホテル

    地下鉄南北線四ツ谷駅に着いた私たちはいざ横浜・元町中華街駅に向かいました。
    このルートだと以前紹介したとおり乗り換えは一度で済む楽ちんルートなのです。

    東急東横線武蔵小杉駅で乗り換えればOK。

    ただ、乗り込んだ電車が特急で混んでいたため、私たちは立つ羽目に。
    身重の妻が心配でしたが、次の菊名駅で多くの乗客が下りたので私たちは二人とも座れました。
    ラッキーでした。

    そして終点、元町中華街駅に到着。

    行ったことのある方はご存じでしょうけど、この駅、意外と中華街から遠いんですよね。
    正確に言うと、駅のホームから中華街出口に至るまでの距離がとても長いのです。
    時間をかけてやっとこさ地上出口に着きました。

    私たちの宿泊するホテルは駅から近くの「ホテルニューグランド」。

    チャーリー・チャップリンが1932年に来日した際に宿泊し、また、ダグラス・マッカーサーが新婚旅行で宿泊したことのある由緒ある歴史のホテルです。
    映画「有頂天ホテル」でもこのホテルがロケで使用されました。

    フロントでチェックインを済ませ、いざ宿泊室へ。
    奮発してスイートルーム(グランドスイート)を予約しちゃいました。

    初めて宿泊するスイートルーム。
    確かに広い!

    大安の土曜日で結婚披露宴がたくさん開催されており、多くの新郎新婦もここに宿泊されるみたいですね。

    しばらくの間、私たちはこの部屋で寛ぎました。

    ホテルニューグランド

    横浜メモリアルジャーニー(その2)
    四谷散策

    昨晩は七草がゆをいただきました。
    出産も近いこの時期、無病息災でいきたいものです。

    さて、話を紀行文に戻しましょう。

    羽田空港を下りた私たちは東京モノレールへ。
    あれ?横浜行くんじゃないの?と思った方いらっしゃったでしょう。

    実は、妻が私が出張でよく出かける四谷に行ってみたいと言ったのでまずはそこに行こうか、という話になったんですよ
    それで私がよく利用するルートで東京モノレール&京浜東北線&中央線と乗り継ぎました。

    JR四ツ谷駅に着きました。いつもは一人なのに今回は妻が隣にいます。

    まずは私が好きな豚カツの店「三金」へ。
    以前ブログで取り上げたことのある店です。
    夫婦で食べる東京の豚カツ。
    いいですね~。美味い

    満腹になった私たちは四谷見附交差点から外堀通りを北上。
    雪印乳業本社ビルの南隣にある建物、司法書士会館に到着。

    普段、僕はここで会議をしてるんだよ、と妻に話しました。
    妻は実際の光景を見てイメージがつかめたようです。

    羽田空港から早足でも一時間かかる四谷のこの場所、休日とは言え夫婦二人でいます。
    首都圏以外の司法書士で夫婦で(もちろん一方は司法書士でないという前提です)この司法書士会館に足を踏み入れた方どれぐらいいるんでしょうね。
    でも、私たちはこの後もっと稀な体験をすることになります。

    司法書士会館を後にした私たちは再度南下して、ファーストフードのSUBWAYに立ち寄りました。
    妻の大好物なんですよ。二人で四つ買いました

    さ、そろそろ横浜に行くとしますか。

    つづく

    横浜メモリアルジャーニー
    プレミアムクラス

    昨年、妻と最後に飛行機で旅行した紀行文、書きますね。

    11月10日、私の41歳の誕生日、二人で横浜旅行を楽しみました。

    この日は大安の土曜日。
    自分の誕生日が大安の土曜日になるのは42年に一度のことなので本当に特別な日でした。

    当初は結婚披露宴の予定でしたが、妻の懐妊が判明したので大事をとってキャンセル。
    やがて安定期に入り、最後のお泊まり旅行をしようと私が提案しました。

    妻との飛行機旅行はこれまで何度かありましたが、東京便は初めてです。

    軽く朝食を取った後にハネベンで高知空港へ。

    高知空港カウンターで係員にプレミアムクラスのアップグレードをお願いしてみました。

    よかった~空いてる~♪
    ポイントを使ってのアップグレード、しかも元々特典航空券でしたのでなんと無料でプレミアムクラス搭乗です。

    ただ、急なアップグレードでしたので食事数が不足して、軽食は二人で一個と言うことになりました。
    でも、2,000円の金券をいただいたり、特別スープをいただいたり、何か逆に申し訳ないおもてなしを受けました。
    CAの方からは子供への玩具とメッセージカードをいただきました。
    嬉しいですね

    普段出張の際、思い切って利用することのあるプレミアムクラスですが、夫婦の旅行で利用するとまた気分も格別です。
    楽しい、あっという間のフライトでした。

    つづく

    乗り初め
    ハネベンラストデート

    今日は天気が良かったので、部屋の掃除をした後に外出しようかとの話になりました。

    昨年洗車した愛車ハネベンで今年初めてのドライブです。

    行き先は高岡郡四万十町。
    高速道路が開通したので行ってみたいと思っていました。

    ハネベンで高速道路走るのも久しぶりです。

    中土佐IC を過ぎると初めての道です。

    難所久礼坂をトンネルでいともたやすく抜けて行きます。

    あっという間に目的地、道の駅あぐり窪川に到着しました。
    大勢の人で賑わっていました。

    ここで遅めの昼食。

    食べていて思ったのですが、私と妻の味覚が驚くほど似ているんです。
    以前は好みが全然違っていたのに、今じゃ食後の感想がほぼ同じ。
    夫婦ってこういうことなんでしょうね。

    この後移転オープンしたゆういんぐ四万十にも行ってきました。
    食を堪能してきました。


    臨月の妻を連れてのドライブでしたが、二人でデートするのもおそらく今日が最後でしょう。
    もうすぐ三人家族になる私達。
    妻のお腹の子とのドライブ。

    楽しかったですよ♪

    帰りは高速道路から遠方に久礼坂を走る国道56号線を見ました。

    本当に便利になりましたね。
    高知県民悲願の道ですね。

    楽しかったハネベンデートも終わり、明日からの長い一週間、頑張っていこうと思います。



    ドーナツの名店
    村田実商店

    一昨日、昨日と地元のスーパー、サンシャインで妻がたくさんドーナツを買いました

    クリンクルドーナツが1個100円と言うことで広告に載っていたんですね。

    私もたまに食べることがあったのですが、なかなか美味しいのですよ。
    ミスドのドーナツに味が似ているんですが、ミスドよりもあっさり感があります。

    妻も私も気に入って、ちょくちょく食べたいから店に買いに行きたいな、という話になり、妻がスーパーに問い合わせてくれました。

    すると…

    ドーナツの店は山口県にある村田実商店とのことです。

    エッ山口県なの買いに行けないじゃないか~

    早速ネットで調べてみると、通販はしているのですが、1個100円というわけにはいかないですね。
    またセールするのを待つしかなさそうです。

    で、この村田実商店ですが、下関市にある蒲鉾で有名な老舗です。
    取引先からドーナツを作ってよ、と言われて仕方なく作り始めたそうですが、今じゃ店の売り上げ全体の20%を占めるヒット商品で、全国展開しているそうです。
    かまぼこでもドーナツでも美味しいものを作りたい、ということに変わりはないそうで、今後はスイーツに力を入れるそうです。

    へぇ~。何気なく食べていたドーナツが山口県から来ていたとは。

    次回のスーパーでのセールを首を長くしながら待っている私たちでした。

    村田実商店

    思い出のオールディーズ
    MOCKIN'BIRD HILL(1951年)

    懐かしい歌声が聴こえる。
    夜更けのラジオから流れるあのメロディー。
    若い日の自分を思い出しながらふと、口ずさむ。

    皆さん、こんばんは。思い出のオールディーズ、パーソナリティの吉本修治です。

    以前、紹介した「テネシーワルツ」で知られるパティ・ペイジさんが今年1月1日、お亡くなりになりました。85歳でした。

    今回は追悼番組として、彼女の曲を再度ご紹介します。
    今回紹介するのは、1951年の作品で「モッキンバード・ヒル」。同年4月から5月にかけて全米1位を獲得しました。
    モッキンバードとは、マネシツグミのことですが、日本語らしく言うならば高知市神田にある団地「ひばりヶ丘」みたいな感じでしょうかね。

    ペイジのヒット曲と言えば、枚挙に暇がなく、紹介したい曲もたくさんあるのですが、私が若かりし時から知っている曲を挙げました。
    この曲、高知市の潮見台ニュータウンが売りに出された時のCMソングでして(これ、覚えている方少ないんですよね~。誰かウンウン、って言ってくれませんか~)、ブラウン管にしょっちゅう流れていたんですね。それで自然と耳に入ったのですが、曲の題名が分からず、何年もいたところ、ひょんなことから知った、という思い出深い曲です。

    それでは、お聴き下さい。

    モッキンバード・ヒル

    三が日
    正月も終わり

    充実の6連休も今日で終わりです。

    昨年は寝正月でしたが、今年はのんびり寝たのは今朝ぐらいでいろいろ出かけた年末年始でした。

    今日も午後から氏神様と事務所近くの神社に参拝。

    今は事務所で年賀状の返事を書いています。
    そばで妻が読書をしています。

    12月締めの個人事業主は年明けから集計作業をしなければならず、普段は日常業務に追われて自分の会計が後回しになるのでこういった休みの日にやるのが例年のならわしになっています。

    間近に控えた妻の出産に備えて、出来るうちに出来るだけのことはやっておくべきという妻の理解もあって、昨日今日と事務所にいることができました。

    指を折って数えたら、出産予定日までのカウントダウンが始まる時期になってきました。

    いよいよですね。
    まもなく、パパになった私のブログが始まります。

    「うりぼうの親バカ日記」になるのでしょうかね(^_^)。
    楽しみにして下さいな♪

    初詣
    福袋とショッピング

    正月二日目の今日は福袋を目指しての早起きからスタートしました。

    今日2日にオープンする店が多いことから初売り&福袋が目白押しですね。

    8時前に二人で起床して軽く朝食を食べて市内の電気店に直行。
    開店1時間半前でしたが…

    あれ~、自分たちは40~50人目。
    先頭の方は午前4時から並んでいるとのこと。私たち、お目当ての品買えるかなぁ、ドキドキでした。
    整理券配布のため行列が進んだ時、自分たちの後ろに並んでいた同業夫婦と赤ちゃんに出会いました。
    思いも寄らないところで新年の挨拶。

    ところで、お目当ての品は…

    ああ、よかった。
    私のビデオカメラ、妻のホームベーカリー、ともに買えました
    途中寒かったけど、長い時間待った甲斐がありました。二人とも大満足で店を後にしました。

    この後、ホームセンターで買い物し、潮江天満宮へ初詣に行きました。

    結婚式を挙げた思い出の場所へ初詣。
    境内を歩くと当時の思い出がよみがえります。
    お参りを済ませた後は夫婦でおみくじを引きました。
    二人とも大吉です
    妻も安産になるとのことで二人して大喜び。

    この後は年賀状の返事を書くために事務所に寄って今ブログを更新しています。

    お目当ての福袋を手にして、初詣で大吉、とっても満足した充実の一日でした♪

    今年はとてもいい一年になりそうです

    謹賀新年
    平成25年の始まり

    皆さん、明けましておめでとうございます。
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    平成25年がスタートしました。

    今年は子供も生まれますし、大きな一年になりそうです。

    ゆっくりと新年の朝を迎え、おせち料理をいただきました。

    昨年の厄を払い、福を多く引き寄せられる一年であることを祈念して正月を過ごしています。

    皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

    今年中に1500回に達する予定の「うりぼうの独り言」を今後ともよろしくお願いします(^-^)/




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。