~うりぼうの独り言~
HPなんて面倒くさい、ブログなんて誰も読まないから書かない、って言っていた私がとうとう始めちゃいました。


プロフィール

uribou

Author:uribou
FC2ブログへようこそ!



リンク

  • 吉本修治司法書士行政書士事務所

  • このブログをリンクに追加する



    カレンダー(月別)

    10 ≪│2012/11│≫ 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    QRコード

    QRコード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    新婚旅行五日目(その3)
    メロディーライン

    再度車を走らせた私たちの次なる休憩所は別府湾SA。
    ここで遅めの昼食を。塩牛丼とやらをいただきました。

    大分宮河内ICで下りて、国道197号線を東へ。
    佐賀関港へ到着したのは16時1分でした。
    16時発のフェリーはまだ出発していませんでしたが、さすがに乗せてくれません。
    仕方なく次の便を待ちました。
    でも、そのおかげで最前列になり、出入りがとっても楽でした。

    フェリーの中では客室でごろ寝。
    私は大阪高知特急フェリーに乗ったことはありませんが、こんな感じでみんなごろ寝したんでしょうね。
    気持ちよかったなぁ。
    長距離ドライブの途中で船で仮眠、って楽しいですね。

    18時30分前に三崎港に到着。
    やっと四国に入りました。
    辺りはすっかり暗くなり、ヘッドライトを点灯しながらの帰路です。

    道の駅瀬戸町農業公園を通過した時です。

    走行中、何やら聞こえてきました。

    妻と声を合わせて「♪みかんの花が咲いている~や!」

    そうです、「みかんの花咲く丘」が流れるメロディーロード(※)だったのです。
    道路を法定速度で走りながら、アスファルトの溝とタイヤで音が鳴る仕組みです。
    存在は知っていましたが、実際に聞いてみるとおもしろいですね。

    四国ではここだけのようです。

    私たちはニコニコしながら車を東に走らせました。

    メロディーロード:篠田工業
    スポンサーサイト

    新婚旅行五日目(その2)
    太陽の下の絶景

    黒川温泉の湯巡りと言えば、3箇所が入浴できる入湯手形が有名ですが、現在、熊本県がキャンペーンを行っていて、「くまもと湯巡手形」を使えば、一箇所だけ無料で入れるクーポンをいただきました。

    いろいろ悩んで、弱アルカリ温泉である三愛高原ホテルに向かいました。
    黒川温泉街から5キロ離れているので、訪れる観光客は限られているだろうな、と思っていました。

    月曜の昼間と言うこともあり、案の定、すきすきでした。

    太陽の下入る露天風呂。
    そして眼前に広がる阿蘇五岳の絶景。

    これは実際に見ないと分からない壮大な景色です。

    湯巡手形がなかったら入ることもなかったのですが、本当に素晴らしい眺めでした。

    最後の最後で素晴らしい景色を拝むことが出来ました。

    良い思い出になりました。

    午後1時過ぎにホテルを出ました。
    後は、高知へひたすら帰るだけです。

    出発してまもなく大分県に突入。
    県道40号線を北上して大分自動車道九重ICに入りました。

    初日に見た由布岳を見ながら由布岳PAで小休止。
    近くで見るとさらに壮大ですね。

    湯布院、また行きたいなぁ。

    三愛高原ホテル

    新婚旅行五日目(その1)
    温泉街散歩

    久しぶりに月間更新回数が20に達しました(^^)。
    新婚旅行日記も最終日に突入です。

    少し遅めの目覚めとともに朝食会場へ。
    遅めの時間に予約していたのが私たちだけだったので、広間は貸切状態でした。

    チェックアウト後は黒川温泉街を歩いてみました。

    湯布院も道が狭かったのですが、黒川はもっと狭いです。
    徒歩での移動が基本ですね。

    足湯が無料で入れるところがあり、立ち寄りました。
    そこには近くに囲炉裏もあって風情がありましたね。
    月曜朝の黒川は静かで、私たちもゆったり散策できました。

    美里に宿泊予約した際、新婚旅行と言うことでシュークリームの引換券をいただいておりました。
    そこで、そのシュークリームをくれる店「麓」に立ち寄りました。
    でも、ただで出るわけにも行かず、アップルパイをお買い上げ♪

    一通り歩いて正午前に黒川温泉街を後に。

    次なる目的地に向かいました。



    新婚旅行四日目(その5)
    ゆったり部屋食

    チェックインしてまもなく、夕食時間になったのでいただきました。
    今回は初めての部屋食。
    夫婦水入らずで舌鼓を打つ、いいですね~。

    感じのいい従業員の方で話も弾みました。

    夕食後、小休止した後、浴場へ。
    寒いのでまずは内風呂。

    硫黄の匂いが強く、水道蛇口が黒く変色していました。
    黒川温泉は黒塗りの旅館が多いのですが、この硫黄のせいで黒くしているのかもしれませんね。
    それが、黒川温泉の名の由来になっているのでしょうか。

    内風呂で温まった後は、露天風呂へ。
    静かなたたずまいを見せていました。

    楽しかった新婚旅行もとうとう最後の夜に。

    明日は高知へ帰ると言うことで、この日はぐっすりと休みました。

    新婚旅行四日目(その4)
    雄大な自然を眺めながら

    国道57号線を東に進みながら、宿泊地に向かう私たち。
    道の駅大津で休憩しようと思っていたのですが、ナビが別の道を案内し、別ルートを選択。
    これが後になってしんどい思いをすることになるのです…。

    県道23号線から県道339号線に入りました。この339号線は「ミルクロード」と呼ばれています。
    牧場が多いことからこの名前がついたんでしょうね。
    阿蘇市を抜けるこのミルクロードの景色は壮大です。
    まるで北海道を走っているかのような気分です。
    辺り一面に広がるススキの原。
    自然たっぷりで周りには何もない、壮大な景色がどこまでも続きます。

    宮原SAから休憩なしで来たので生理現象が起きても当然です。
    やっとのこと、ぽつんと立つレストラン(といっても夕方には閉まっていましたが)に到着。
    ほっとしました。
    途中ガソリンスタンドもありません。
    ミルクロードを走る時はガソリンとトイレは充分注意です

    国道212号線から大観峰経由もあろうかと思いますが、今回は通りませんでした。

    阿蘇郡南小国町のコンビニで最後の休憩をして、国道442号線へ。

    ひっそりとする国道沿いに灯りが見えてきました。

    黒川温泉、和風旅館美里、最後の宿泊地到着です。
    辺りはすっかり暗くなっていました。


    美里

    新婚旅行四日目(その3)
    今度は北上

    天文館を後にした私達は国道3号線を北上しました。
    鹿児島北ICから九州自動車道に入り、昨夜通った道を走り始めました。

    途中桜島SAと吉松PAで小休止。
    間もなく宮崎県に入りました。
    宮崎県に入ったかと思うと、すぐに熊本県です。

    八代郡氷川町の宮原SAで食事休憩です。
    午後3時を過ぎていました。
    熊本ラーメンを二人で一緒に食べました(^-^ゞ
    豚骨スープ、数年前食べた味でしたね♪

    このブログを書いてて気付いたのですが、ここ氷川町に「吉本」という地名があるのです。
    高速道路もその集落のそばを通っていました。
    吉本という地名があることを何かで読んだことがあるのですが、この町にあったのですね。

    小雨降る中、私たちは再度北上し、熊本ICを下りました。

    新婚旅行四日目(その2)
    白熊

    ホテルをチェックアウトした私達は、アーケード街を南に歩き始めました。

    間もなく目的地「天文館むじゃき」に到着しました。

    氷菓子の名店で、そのかき氷を真上から見た図が白熊に見えることから「白熊」と名付けられているんですよ。
    鹿児島市民のみならず、全国的にファンの多いこの店は、私達のように白熊だけを食べに来る観光客が後を絶ちません。

    既に大勢の客がいる店内。
    私達は二階に案内されました。
    そして、名物白熊を注文しました。

    「え?レギュラーお二つですか?レギュラーは二人前なんですが…。」

    何と、レギュラーはカップル向けに作った大きめサイズなのでした。
    勿論、一個に訂正して注文しました。

    店内は有名人のサインがいっぱいありました。

    待つことしばし、白熊ご対面です。

    ミルク味の甘いかき氷、フルーツもたっぷりで、とっても美味しいですよ♪

    お腹も満足、店の前で白熊君の像と記念撮影し、私達は鹿児島市を後にしました。

    はい、そうです、白熊だけが目当てで鹿児島市に行ったんですね~。
    うふふ。

    新婚旅行四日目(その1)
    納豆デビュー

    前日の長距離ドライブの疲れもあって、ぐっすり眠れました。

    リッチモンドホテルはビジネス利用ばかりでしたが、プライベートでの宿泊は初めてです。

    遅く起きて朝食会場に向かいました。
    ビジネスホテルの日曜の朝ということで、出張サラリーマンの姿を多く見かけました。

    朝食は和定食を選択しました。

    納豆か生卵がついてます、と言われた私は一瞬躊躇しました。
    と言うのも、私はいずれも苦手で食べられないものだからです。

    でも、前日の朝、ホテルオークラで、次回から納豆にチャレンジすることを約束していたことを思い出し、納豆を選択しました。

    かくして納豆が出てきた訳ですが、苦手な私はいかにして食べたのでしょう。

    正解は、味噌汁に入れて一緒に食べる、です。
    こうすると、口のネバネバも緩和され、幾分食べやすくなります。
    何とか無事に完食しました。

    程なくチェックアウトして、次の目的地を目指しました。

    新婚旅行三日目(その5)
    九州全県制覇

    トンネルのほとんどなかった九州自動車道ですが、山間部に入るとトンネルが連続します。まるで高知自動車道のようです。
    20キロ以上もPA、SA、ICの何もない区間があります。

    ずいぶん走ったな、そんなふうに思った頃、球磨郡山江村の山江SAに到着。
    約2時間のノンストップ走行でした。

    しばしの休憩の後、再度南下。
    やがて宮崎県に入りました。
    まもなくえびの市のえびのPAで早めの休憩。

    ここが宮崎県で私たちが唯一訪れたところです。

    えびのJCTを過ぎると、鹿児島県。
    九州7県目。
    これで全県制覇となりました。

    さらに南下すると、左手に鹿児島空港が見えました。
    ここまで来たら、ゴールが近いことを実感しました。

    長崎市の長崎堂で壁に張ってあった地図に「長崎空港~鹿児島空港35分」の文字があったのを思い出しました。
    何倍もの時間をかけて私たちはここまでやってきました。

    鹿児島市に入り、鹿児島北ICを下りて国道3号線を南へ進みます。

    やがて電車通りに遭遇し、やっとのことで目的地、リッチモンドホテル鹿児島天文館に到着。
    午後11時前でした。
    休憩を挟んで6時間近くも走っていたのですね。

    へとへとになってホテルで休みました。

    新婚旅行三日目(その4)
    チキチキマシン猛レース

    長崎観光を後にした私たちの次なる目的地は鹿児島。
    高速バスでも5時間以上かかる長距離です!
    それを午後5時に出発するなんて、我ながらタフ~

    中華街を後にして朝来たながさき出島道路を戻ります。

    長崎ICから長崎自動車道を東へ。

    長い長い旅の始まりです。

    精神的に負けないように「まずは佐賀を目指そう。」「佐賀に来たら福岡だ。」「福岡過ぎたら熊本だ。」「熊本過ぎたらゴールは近い。」と自分に言い聞かせながら走りました。

    佐賀県に戻り、鳥栖JCTを今度は南に。
    九州自動車道に突入です。片側3車線の広い道が続きます。

    まもなく福岡県になりました。

    この長い道のり、退屈しないように私たちは歌を歌いながら南下しました。

    一番歌った歌が「チキチキマシン猛レース。」

    昔のアメリカアニメですが、私がカラオケで歌ったところ、妻が気に入り、二人で合唱♪

    八女郡広川町の広川SAで一旦休憩を取りました。
    ここが私たちが福岡県で唯一立ち寄った場所です。

    甘党の私はアイスクリームをほおばりました。

    気がつくと結構時間が経っていました。

    再度南下しました。

    やがて熊本県に突入。

    辺りは真っ暗です。

    八代JCTを過ぎると山が広がってきました。

    つづく

    チキチキマシン猛レース

    新婚旅行三日目(その3)
    ガラス細工と中華街

    長崎名物と言えばオランダ坂。

    私たちはここの坂の途中にある「ガラス屋グロスロード1571」という店に立ち寄りました。

    お世話になった方々へのお礼の品としてガラス細工を、ということで立ち寄りました。
    時刻は大分遅くなっていましたが、ふと私の目にとまった商品に妻も賛同してくれて、結構早く決まりました。

    オランダ坂は観光客で賑わっていました。
    もちろん修学旅行生も。

    土産物店も充実していたのでここでいろいろと土産を買いました。
    長崎堂のカステラにも立ち寄りました。

    ガソリンを給油して、中華街に向かいました。

    夕方4時頃に開いている店は少なく(>_<)、私たちは「蘇州林」という店に入りました。
    長崎ちゃんぽん・皿うどん・チャーハンなどが入ったコース料理をいただきました。

    満腹になって店を出た時、午後5時を知らせるチャイムが聞こえてきました。

    半日足らずの長崎観光も終わりを迎えようとしていました。

    グラスロード1571

    蘇州林

    新婚旅行三日目(その2)
    カステラの名店

    私達が訪れた店の名は岩永梅寿軒。

    創業天保元年という老舗中の老舗です。

    テレビで紹介されていましたが、カステラの美味しい店としてとても有名なんです。

    遠路はるばる高知からやって来た私達ですが、既に売り切れ。
    一週間待ちです、と言われました。
    ここで帰るわけにもいかず、予約申し込みしました。

    一週間後、宅配便でやっと届きましたが、待った甲斐がありました。
    本当に美味しかったですよ♪

    電話やFAX でも注文出来ます。
    場所は眼鏡橋のすぐ近くですから、観光客も多いでしょうね。

    しかし、長崎市の商店街で発行される駐車場サービス券は30分無料という内容ですから、あまりお得感がありません。もっとゆっくり買い物がしたいですね。

    カステラを買うた後はガラス雑貨を買いに行くために、オランダ坂へ向かいました。

    岩永梅寿軒

    新婚旅行三日目(その1)
    さわやかな目覚め

    昨日書くと見せかけて今日書きます(笑)。

    ゆっくりと目覚めた私たちはハウステンボスを眺めながらさわやかな朝を迎えました。

    朝食も非常にゆったりとしたペースでいただきました。

    チェックアウトしたのは午前11時。
    本当に遅い朝でした。

    再び、私たちは車を走らせ、国道205号線をさらに南に進みました。
    海岸線を走っているので景色が素敵ですね♪

    長崎自動車道東そのぎICに到着し、ここから高速道路。終点の長崎ICまでひたすらまっすぐです。
    ながさき出島道路の長いトンネルを抜けると、そこは長崎市街。

    坂道の多いことで知られる長崎市ですが、路面電車や一方通行の道、狭い道が多く、観光者泣かせの道路です。
    私も駐車場を見つけるのに一苦労しました。
    やっとこさ賑橋の立体駐車場にたどり着きました。

    この後アーケード街を歩き始めたのですが、またまた些細なことで喧嘩(>_<)。
    第三者が聞けばそんなことで、という内容ですが、私たちはまたもや険悪なムードに…。

    でも、こんなところで喧嘩しても何もなりません。
    仲直りして目的地である、カステラ店に歩き始めました。

    アーケードを抜け、狭い道を抜けて程なく、お目当ての店に到着しました。

    つづく

    新婚旅行二日目(その11)
    ホテルでお休み

    夕食を済ませて時計を見ると、もう午後9時30分を回っていました。
    閉園時間が近づいてきます。

    ハウステンボスはとても広いので歩くのにも時間がかかります。
    バスに乗って帰ることにしました。
    最終バスの時刻は21:55。
    あ、間に合う、よかった、と思っていました…。

    バス停前が広場になっており、フィナーレに向けてのショーが始まりました。
    私たちはバスが来るまでの時間をここですごそうと思いました。

    そして21:55。
    ショーはクライマックスに向かっていますが、まだ終わっていません。
    定刻にやってきたバスは定刻に出て行きました。
    そして21:58にショーが終了。

    当然、私たちは歩いて帰るより外ありません。
    なんちゅうこっちゃ。

    20分ぐらいでしょうか。
    やっとのことで出口にたどり着きました。
    出口が土産物売り場になっていましたが、へとへとの私たちは土産を買わずにスルー。

    ハウステンボスさん、バスの運行方法、ベストだったと思いますか?

    ホテルオークラも、園内から歩いて向かうと物凄く遠く感じました。やれやれ。

    それでも無事、部屋に戻り、くつろぎタイム。
    ホテルには大浴場(露天風呂)があるのですが、デザイナーズツインに宿泊できた私たちは部屋風呂でまったり。

    よく眠れました。

    11回に渡ってお伝えした新婚旅行二日目日記はこれでおしまい。
    明日から新婚旅行三日目日記がスタートします(笑)。



    新婚旅行二日目(その10)
    初ハウステンボス!

    太陽が沈みかけ、かなり暗くなった時に私たちはハウステンボスに入園しました。

    ですが、金曜の夜と言うことも有り、入園者は続々ありました。

    入口付近で記念撮影した後に施設へ。

    夕方からの遅い時間でしたが、ホライゾン・アドベンチャープラス、ミステリアスエッシャー、グランオデッセイ、スーパートリックアートの4つのアミューズメントを楽しみ、パレードを見ました。
    閉園前に遅めの夕食ということで長崎名物のトルコライスをいただきました。

    ハウステンボス

    ホライゾン~は、ホラーが苦手な方でも楽しめます。

    エッシャーは元々大好きな画家でしたので楽しめました。

    グランオデッセイは自分の顔が3Dとなってスクリーンに上映されるのですが、劇中、自分がどのキャラクターであるかを探すのが必死で、ストーリーは断片的にしか覚えておらず、消化不良を起こします(笑)。

    一番おもしろかったのはトリックアートでした。

    記念撮影をしまくりです

    下記の写真は私のお気に入りですが、どのようなトリックかわかりますか?

    腕が~

    飛び出す額




    メモリアル・ジャーニー
    横浜での思い出

    新婚旅行ブログがまだ途中の段階ですが、一昨日、昨日と夫婦で横浜市に旅行に出かけておりました。

    身重になった妻との(当分は)最後の二人きりの旅行。

    いろんなことがありました。

    とても一日二日で書き切れるものではありませんので、新婚旅行日記が終わりましたら、改めてカキコします。
    旅行ネタばっかりですけどご了承下さい。

    素敵な思い出ですね。

    新婚旅行二日目(その9)
    アップグレード♪

    私たちが宿泊したホテルは「ホテルオークラJRハウステンボス。」今年の7月1日に全日空ホテルから名称変更したそうです。

    元々パークビューツインという部屋を予約していたのですが、フロントに向かうと意外な反応がありました。

    聞くと、修学旅行生が大量に宿泊するため、本来私たちが宿泊する予定の部屋が生徒たちに割り当てられるため、部屋をアップグレード変更させていただきましたとのこと。
    差額はいただきません、とのことですが…。

    当初、私も、まぁこういうこともあるだろう、アップグレードなら万々歳、みたいな軽い気持ちでした。

    で、いざ、部屋に入ってみると…

    うわぁ、ゴージャス!!

    デザイナーズツインだそうです。

    今年の7月に出来たばかりだそうです。

    なんと豪華な部屋ですこと。
    風呂場、透明ガラス張りですよ。
    映画みたい(^_^;)

    新婚旅行です、とは言っていなかったんですが、予想外のプレゼントをいただいた感じです。

    後日、このホテルのホームページを見て、この宿泊費にびっくりしたのですが、まぁ、素敵な夜を経験させていただきました

    利用客も今までほとんどいなかったのでしょう。
    新築の匂いがプンプンしていました。

    ちょっと寛いだ後にハウステンボスに出かけました。

    つづく

    デザイナーズツイン

    新婚旅行二日目(その8)
    ゴー・ウェスト

    楽しかった湯布院におさらば、私たちは再度大分自動車道湯布院ICに乗り込み、車を西へ西へと走らせました。

    福岡県に入り、九州二県目になりました。
    そのまま西へ進み、九州最大かつ、日本の高速道路で唯一のクローバー型ジャンクション(※)である鳥栖JCTへ。
    クローバー型ジャンクション

    熊本方面・福岡方面・長崎方面を間違わないように道路標識を凝視しながら通り過ぎていきました。

    ここから佐賀県です。長崎自動車道となりました。

    しばらく走った後、佐賀市の金立SAで小休止しました。
    ここが私たちが佐賀県で唯一訪れたところです。

    ここでのショッピングの後、些細なことで夫婦喧嘩(>_<)

    しばらく気まずい空気が流れてしまいました。
    多かれ少なかれ、新婚旅行では喧嘩するもんでしょうかねぇ(^_^;)

    武雄JCTから西九州自動車道に入り、長崎県へ。
    佐世保大塔ICで下りて、国道205号線を南下。

    17時に近づく頃、何とか無事に目的地、ハウステンボスに到着しました。
    やれやれ。

    新婚旅行二日目(その7)
    ショッピングと昼食

    湯の坪街道ではなんやかんや言っても買い物はしました。
    食べ物ばかりですけど(笑´∀`)。

    黒糖揚げまんじゅう、われせんべい、巣蜜(結構値が張りますぞ)、おかき、揚げコロッケ。

    レシート見ながら備忘録代わりに書いています(^_^;)

    最後は旅亭田乃倉で会席料理を。

    田乃倉は金鱗湖の近くにある高級旅館です。
    そこの食事処が一般客も利用できるので昼食をとりました。

    平日で時間が遅かったこともあり、ほぼ貸切状態。
    落ち着いた雰囲気で私たちは足の疲れを癒やすと共に新婚旅行を満喫していました。
    会計した時は14:30近くになっていました。

    こうして、私たちは湯布院を存分に楽しみ、次の目的地に向かったのであります。



    旅亭田乃倉

    新婚旅行二日目(その6)
    裸の大将

    由布院温泉のメインストリート、湯の坪街道は街道と言っても道幅がとても狭く、歩いて行くのが通常。
    自動車も通れないことはないのですが、のろのろ運転になるので遠慮するのが賢明でしょう。

    ぶらり歩きながら左右の店をいろいろ眺めたり。

    ただ、このショッピング街は湯布院土産を売っているわけではありません。
    雑貨・食料品…。ここでなくても買えるもの、と言ってしまえばそれまでですが。

    湯の坪街道の入り口まで来たので(私たちは通常と逆ルートで回っています)、そのまま引き返しました。

    由布岳がそびえ立っています。いい眺めですね。

    そして、生誕90周年を企画してでしょうか、湯布院夢美術館で山下清原画展が開催されていたので立ち寄ってみました。

    日本のゴッホと呼ばれた、ちぎり絵の名工。

    誰でも知っている彼ですが、作品をじっくり見たのは今回が初めてでした。

    時が経つのも忘れて見入る私たち。
    天才画家の名作にうなっておりました。

    気がつくとお昼を大きく過ぎていました。

    山下清展

    新婚旅行二日目(その5)
    クラシックカーとのふれあい

    金鱗湖を散策した後は観光客で溢れる湯の坪街道をぶらり歩き始めました。

    平日にもかかわらず、多くの観光客の姿がありました。

    ふと目をやると「九州自動車歴史館」の看板が。

    旧車マニアの私が見逃すわけがない…のですが、今日は新婚旅行だしねぇ…。

    でも、最終的に中に入っちゃいました(*^_^*)

    映画で使用された車など旧車が全部で約70台。

    私のハネベン、は展示されていませんでしたが、興味を引く車両もいくつかありました。

    私が模型を持っているシボレーや、エルビス・プレスリーで知られるピンク・キャデラック。

    やはり、アメ車はデカイ!

    すっかり童心に戻った私はこの博物館を堪能しました。

    湯布院観光のメインではありませんが、旧車マニアの方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。



    九州自動車歴史館

    新婚旅行二日目(その4)
    観光名所を散策

    さくら亭を後にした私たちは湯布院観光の名所である金鱗湖に向かいました。

    観光客のほとんどは由布院駅から湯の坪街道を散策し、最後に金鱗湖に行くのですが、さくら亭が郊外にあったこともあり、私は駐車場の多い、金鱗湖に直接向かったのです。

    湯の坪街道付近の駐車場は1時間200円か一日500円が相場になっています。
    一日500円は安い、と皆さん、ここに停めるのですが…。

    金鱗湖では一日300円なんです!

    さくら亭の方に教えてもらい、私たちはここに駐車しました。

    ここで、みなさんに注意して頂きたいのが、湯布院は概して道幅が大変狭く、すれ違いに窮する場所も少なくありません。
    大きなお車で来られる方はくれぐれもご注意下さい。
    ハネベンで来たら顰蹙者です(*^_^*)

    園児たちが歩いている光景に出会いました。

    名物の朝霧は拝めなかったけど、金鱗湖観光、楽しみました。
    少し肌寒かったですね。

    あと、中国・韓国からの観光客が多く、辺りは外国語ばかり。
    日本人の方が少なかったんじゃないかしら、という感じでした。






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。