~うりぼうの独り言~
HPなんて面倒くさい、ブログなんて誰も読まないから書かない、って言っていた私がとうとう始めちゃいました。


プロフィール

uribou

Author:uribou
FC2ブログへようこそ!



リンク

  • 吉本修治司法書士行政書士事務所

  • このブログをリンクに追加する



    カレンダー(月別)

    09 ≪│2011/10│≫ 11
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    QRコード

    QRコード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    結婚式に出て
    どこまでも主役にはなれない私

    竹内まりやさんの名曲の一節ですが、決して嘆きではないので。

    昨日は司法書士仲間の結婚式&披露宴があり、出席しておりました。

    ここんとこ出る結婚式は全て私より年下の方ばかり。
    同級生以上の式はいつから出ていないっけ?という感じです。

    新郎は、私から見てもなんて優しそうな笑顔なんだ~という素敵な男性です。

    今回も司法書士同士でビデオレターを作成したのですが、私もチャレンジ。

    スケッチブックに「末永くお幸せに」という意味の中国語を書いて祝福しました。
    披露宴でご覧になられた方も、一瞬&簡体字だったので読めなかったと思います。

    私が書いた文字は
    「永遠的快楽」
    です。

    素敵な新郎新婦に幸多かれと祈りつつ式場を後にしました。

    さてさて、もうすぐ40歳の私ですが、まだしばらく時間がかかりそうです。
    いつかきっとお知らせしますので(*^_^*)
    スポンサーサイト

    被災地視察(その5)
    北上で一休み

    釜石市から戻った私たちは物産センターで土産を購入した後、北上市内のホテルでしばらくくつろぎました。

    NHKニュースを見ることにしました。
    ちょうど、この日、陸前高田市で合同慰霊祭が開催されたとのことでその特集がされていました。

    高齢者を負ぶって避難している最中に津波の犠牲となってしまった方のご尊母様が主人公でした。

    「今日こそ一区切りつけようと思って来たのですが…。できませんでした。」

    被災者にとって、3月11日から時は止まったままなのかもしれません。

    事実を淡々と報道するはずのアナウンサーの目は真っ赤に潤んでいました。


    ニュースを見終わった後は、岩手県司法書士会会長を囲んでの晩餐会(文字通り)が催され、舌鼓を打ちました。

    翌日朝が早いので私は早めにホテルに戻り、休みました。

    被災地視察(その4)
    釜石市

    大槌町を後にした私達は南下し、釜石市へ向かいました。

    ラグビーの名門、新日鉄釜石の名は小学校時代から知っていました。
    途中、いたるところで瓦礫の山を見ました。
    津波に流された様々な資材、自動車、電柱もありました。

    市街地に入ってきました。

    ふと、気付いたんですが、信号機がないんですよ。
    これは釜石市に限らず、訪れた被災地はみなそうでした。
    流されたんですね。

    交通量の多い交差点では警察官の手信号が行われていました。

    釜石市役所付近に停車し、視察。
    目の前でラーメン店を営業している方がいらっしゃいました。
    遠目で見ただけですが、笑顔でしたね。
    一生懸命前見て生きていらっしゃいます。

    市街地は大打撃を受けているのですが、高台の市役所庁舎は奇跡的に無傷。
    入口で津波が止まったようです。

    灯りがまばらな市街地でしたが、華やかな灯りの店が見えました。
    震災後リフォームしてオープンしたのでしょう。
    ブライダル衣装の店でした。

    復興目指して頑張っていますよ、という姿勢が伝わってきました。

    高知と違って夕方5時には真っ暗になりました。
    小雨降る中、私達はホテルのある北上市に帰っていきました。

    被災地視察(その3)
    大槌町

    今回、私達が最初に訪れた被災地は上閉伊郡大槌町。
    町長が津波の犠牲となり、民宿の上に観光船が乗り上げた映像で皆さんの記憶にも新しいと思います。

    壊滅的ダメージを受けたこの町は建物がほとんど残っていませんでした。

    役場を訪れました。

    庁舎正面の3時30分で止まったままの時計。
    1階にはまっさらな箒、壊れた車のナンバープレート、銀行の看板…。
    言葉を失いました。

    戦争を経験していない私が、このような光景を目にするとは思いませんでした。

    役場付近には司法書士事務所があったそうですが、跡形もありません。
    お一人、お亡くなりになられたそうです。

    役場から少し離れた所にも停車しましたが、「ここはJRの駅があったところです。」と言われて、「エッ?」となりました。
    ここには何もありません。
    ですが、よく見ると、私の立つ場所のすぐそこにプラットホームらしきものが確認できました。
    線路も流されてありません。
    私が立っていたのは駅前広場だったのです。

    いろんな建物があったはずの場所。
    でも、何も残っていませんでした。

    所々に残る僅かな建物はどれも、津波の惨状を私達に語りかけていました。

    7ヶ月経った今でも震災の傷跡は強く残っていました。

    被災地視察(その2)
    岩手日報を読みながら

    北上駅へ到着後ほどなく、私達は車で沿岸部へ移動し始めました。

    岩手県は広いです。
    目的地までは87キロ。
    小雨降る中、ひたすら東へと進んでいきました。

    途中、岩手日報社が発行した震災記録誌を拝見しました。

    岩手県内の被災地の写真、記事がたくさん掲載されています。

    高知では見られなかった写真がたくさんありました。
    私は無言で食い入るように見ていました。

    そのうち、私は以前テレビニュースで見たある場面を思い出してしまいました。

    震災約2週間後のとある幼稚園の卒園式のシーンです。
    園長先生が園児たちに卒園証書を手渡していましたが、一人だけ、行方不明の園児に代わってお母さんが受け取っていました。
    お母さんも、園長先生も、他の父兄も皆泣いていました。


    そんな場面が脳裏によみがえった私は涙を流していることを周囲に気付かれないようにひたすら窓の外を見ていました。

    記録誌を読み終えた私は重い気持ちになりました。

    ですが、私達はほどなくもっと重い気持ちになる場面に遭遇することになります。

    沿岸の景色が見えてきました。

    被災地視察
    仙台空港

    この土日は、震災後初めて岩手県に足を運びました。

    勇気がなかったこと、日程が合わなかったこと、いろいろありまして7か月後、ようやく足を踏み入れました。

    伊丹空港経由で仙台空港に降り立ちました。

    3月11日の夜のニュースで初めて目にした光景が津波に飲み込まれる仙台空港の映像でした。

    飛行機の窓から眺めていましたが、空港の建物は震災の傷跡がほとんどなくなっていました。
    復興に向かっている、そう強く感じました。

    しかし、列車からふと見えた景色、私の目には少しですが、瓦礫が見えました。

    ああ、津波の傷跡はまだ強く残っているな、そう思い知らされました。

    仙台駅で東北新幹線に乗り換え、目的地、岩手県北上駅に向かいました。

    駅では岩手県司法書士会会長が私たちを待ってくれていました。

    ただいま
    戻ってまいりました

    昨日今日と岩手県に行っておりました。

    大変貴重な体験をさせていただきました。

    詳細は明日以降お話させていただきます。



    終わり終わり
    疲れたよ~

    あっという間に一週間も終わり。

    今日はこれから飲み会。
    明日明後日と県外へ。

    というわけで手抜きブログですが許してね。

    昔のカード
    おんちゃん、齢いくつぜ

    以前、私の四国銀行のキャッシュカードが物凄く古いカードである旨の話をブログに書いたことがあるのですが、今朝、とある支店に出向いた時にふと世間話の流れからこのカードを提示してみました。

    すると、その行員はビックリ。初めて見たそうです。
    隣の席にいた別の行員の方も
    「16年行員していますが、3回ぐらいしかみたことないです。」
    とのことでした。

    今もキャッシュコーナーで引き出し出来ますよ。
    さりげなく提示したカードがビンテージ物だったんですね。
    ちょっといろんな支店に行った時に見せてみようかな。
    行員さんがどんな反応するか面白そう。

    私が物心ついたころ、四国銀行にはイギリス兵隊(近衛兵)の人形の看板が立っていましたよね、という話をすると、
    「へ?」
    って反応されました。
    30年も前の話、分からないですよね(*^_^*)。
    でも、確かにありました。
    この話、もっと年上の行員の方にしてみよう。

    「あんた、なんで知ってるの?」
    って言われるかな?

    寒暖の差
    震えたり汗をかいたり

    ここんとこ、朝晩の冷え込みが強くなった一方、日中の陽気に汗ばむ日が続いていますね。

    毎朝、毛布からいやいや起きながら身支度をするのですが、日中は、青空の下自転車であちこちに行っていると、気がつけば汗が滲んだりしています。
    寒がりの私が汗をかくなんて、よっぽど気温が高いのでしょうね。

    相変わらず、外出が多く、また事務所にいても電話や来客に追われる毎日。
    ホント、気がつけば午後5時、という日ばかりです。

    残念ながら、夜に体力が残っていなくて、家へ帰ってしまう自分がいます。

    なかなか、パワーが回復しませんね。
    明日は何とか頑張らなくちゃ。

    若人たちと
    笑顔でトーク

    天気の良い今日は絶好のドライブ日和。

    だからというわけではないのですが、今日はハネベンに乗って移動しました。

    お昼頃、大津バイパスを走行していたときのことです。
    右車線で私の車をゆっくりと抜いていく若葉マークの車。

    ふと、後部左座席の若い子がこちらを笑顔で物珍しそうに見ています。

    私の助手席には知人が乗車していましたが、私は構わず、手を振りました。
    やがて向こうも気付いたみたいで、手を振り返してくれました。

    ほどなく信号待ち。私の車と、例の車が並んで停車しました。

    すると、知人が窓を開け、相手の若人たちに声をかけました。
    向こうは5人の乗客。みんな20歳ぐらいの男女でした。
    これからどこかへ遊びにいくのでしょう。

    初めて会った私達は笑顔で旧車トーク。

    信号待ちの間だけの本当に短い時間でした。

    でも、普段、勤務中に若人と話をする機会のほとんどない私は彼等との会話が楽しかったですね。

    こんな若い子達もこのクラシックカーに興味を持ってくれているんだぁ。
    純粋に嬉しかったですね。

    旧車マニアというのは純粋にその車を愛しています。
    声をかけられると嬉しいんですよ。

    一人でも多くの方にこのハネベンの良さを知ってもらいたいです

    更年期なのか
    この疲労感

    今日から一週間がスタートしましたが、

    外出の用事と電話に追われた一日でした。
    パソコンの前に座る時間がほとんどありませんでした。

    気がつくと午後5時を回っていました。

    しかし、なんでしょう。
    今日はそんなにハードな仕事をこなした、という実感はないのですが、妙に体が疲労感を訴えています。

    今日は弟に白髪を指摘されました。

    う~ん、かなり目立つようになってきたのかな。
    多い黒髪が自慢の一つでしたが、最近はそうもいかなくなってきたようです。
    確かに、鏡で見ていて白髪を発見することが多くなりました。

    男は8の倍数の年齢の時に体が変わるといわれています。
    32歳で痩せにくい体になり、そしてもうすぐ40歳。
    頭では若い若いと言い聞かせていますが、体は更年期に突入しているのかな。

    残業すべきことはたくさん残っていますが、体が言うことを利いてくれません。

    こんな日は無理をせずに休みましょう。



    講演会
    会長来る

    昨日は宇都宮健児日本弁護士連合会会長が来高し、反貧困をスローガンに2時間近くお話を聞きました。

    宇都宮先生はまだ弁護士が多重債務問題にほとんど取り組んでいなかった昭和50年代からこの分野に尽力された方です。
    生い立ちや多重債務問題に取り組むようになったきっかけなど、多岐に渡り楽しくお話をされました。

    その後の懇親会で直接お話をお聴きする機会に恵まれ、多重債務問題に限らず、諸外国の弁護士の話、弁護士人口問題等お話しました。

    失礼のないように言葉を選んでお話をしたつもりですが、きちんと出来ていたかしら?

    その後は高知弁護士会会長となぜか二人きりで2次会。


    昨日は雨が降っていたので帰りはタクシーでした。
    そこで今日自転車を取りに行ったのですが、なんとシャッターがしまっちゅうやないか。

    何のために電車バスに乗ってきたかわからん。
    いよいよぜよ。

    明日からまた一週間が始まります。
    また多忙の予感がしております。
    頑張らなくちゃ。

    雨の金曜日
    大雨に降られて

    ヘビーな一週間が終わりました。

    本当に、ほっとしました。
    今週は4日間だったとはいえ、本当に本当にヘビーな一週間でした。
    あっという間に時間が過ぎていきました。

    会議に明け暮れ、理不尽な猛クレームに追われ、大事な方との飲み会、毎日がマラソンのようでした。

    今日は大雨で前も満足に見えないぐらいの強い雨でしたが、今日最後の仕事を終えた私の気持ちはとても晴れやかでした。

    確かに机の上は書類がたまっていますが、明日明後日で少しずつ片付けます。

    今日が終わった安堵感が強いので今夜はよく眠れそうです。

    デスクワークが出来ないと
    一日が早い

    今朝は事務所に早めに出勤して机の上の書類をできる限り片付けました。

    というのも、午前中は面談で、午後は会議で自分の時間が取れないため、今のうちにやっておこう、と思ったからです。

    しかし、時間というものはホント、流れるのが早いですね。
    今日は特にあっという間に終わった感じでした。

    夜も会議でホント疲れました。

    お客様にもらったパンが今夜の夕食。
    たこ焼きパンって言うんですって。

    なかなかどうして、美味しかったですよ~。

    あ、写メ撮るの忘れた。

    これから明日に備えて残業だ~。
    どこまでできるかしら。
    ブログ書きゆう場合やないぞね。

    毎日が大事
    コントラバス

    今日はコントラバス教室でした。
    時間に余裕を持って到着したのに、チューナーの調子が悪く、結局時間のロス
    もう、勘弁してよ~

    今日は以前練習した曲「ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET」をアレンジし直して演奏しています。

    今さら、と言われるかもしれませんが、楽器演奏はやっぱり毎日演奏し続けてこそ意味があります。
    例え10分でも一日一回、必ず楽器に触ること。

    今はこれを心がけています。
    最も時間の取りやすい昼休みの昼食を終えてのくつろぎタイムを演奏にあてています。

    ボウイングなので音が大きいのですが、昼ですからね、苦情もたぶんない(?)
    また、昼間やるから変な音は聞かせられん、と真剣になりますしね(笑)。

    齢40に近付いたうりぼう、時間の使い方をちょっと意識するようになりました

    思い出のオールディーズ
    IT'S MY PARTY(1963年)

    懐かしい歌声が聴こえる。
    夜更けのラジオから流れるあのメロディー。
    若い日の自分を思い出しながらふと、口ずさむ。

    皆さん、こんばんは。思い出のオールディーズ、パーソナリティの吉本修治です。

    今日紹介する曲は1963年の作品で、レスリー・ゴーアの「涙のバースデイ・パーティ」。

    当時17歳の彼女のデビュー曲で、同年6月、2週間にわたり全米1位を獲得しました。
    3週連続を阻んだのが、前回紹介した坂本九の「上を向いて歩こう」だったんですね。

    誕生日パーティーに愛するジョニーを友人のジュディーに紹介したら取られちゃった、という内容の歌です。

    私が初めて彼女の歌声を聞いたのは大学生の時ですが、ガールズポップの代表的存在です。
    ゴーアはこのほかに「涙のジュディー(ジュディーからジョニーを取り返す歌)」や「恋と涙の17才(ジョニー、あたしはアナタの『物』じゃないのよという歌)」といった曲もヒットさせています。

    ジャズボーカルもこなすゴーアは現在も全米各地でコンサート活動を行っております。

    それでは、お聴き下さい。


    涙のバースデイ・パーティ

    不在に見える
    私の住居

    旧車日記みたいになってしまいましたが、今日は「ケンメリ(昭和50年頃)」と「2代目ブルーバード(昭和40年頃)」を見ました。ホント、高知って旧車多いですね。

    私が借りているアパートの仲介不動産の方との雑談の中で、
    「先生とこの部屋、空いちゅうがやない?って問い合わせがあったで。やき、『住みゆうかどうかわからんけんど、借りちゅう人がおるき、貸せれん。』って答えたき(笑)。」
    というのがありました。

    おやまぁ。

    確かに私は部屋は日中はもちろんいないし、夜も寝に帰るぐらいやから明かりがつく時間帯も短いし、休日も高知にいない時があるので、外部の方には私の部屋が空き室に見えるようですね。

    言われてみればそうですが、そうか~、夜の遅い時間帯ぐらいしかいないからか~(夕食を採りに一時的に戻ることはよくあるのですが)。

    家にいても日中の明るい時間帯は電気つけないし、洗濯物も外には干さないので、分からないですよね。

    でも、私ちゃんと住んでいますよ~。

    ルパン三世傑作選
    ツタンカーメン三千年の呪い(新7話)

    ルパン三世シリーズも久し振りですね~。

    今回の舞台はエジプト。新シリーズは、旧シリーズと違って日本が舞台の作品が少ないのです。
    銭形警部も旧シリーズでは警視庁の刑事でしたが、新シリーズではICPOに。
    国際色豊かになっています。
    これは、当時の日本人には一大イベントだった海外旅行、諸外国の名勝を番組内で紹介する、という意向があったような気がします。

    さて、本題に移りますね。

    ツタンカーメンの黄金のマスクを盗むよう峰不二子にそそのかされたルパン三世。
    俄然やる気のルパンに対し、次元大介と石川五右エ門は「不吉な予感がする」と消極的。

    しかし、ルパンはまんまと奪取に成功、喜び余ってマスクを被るのですが…

    ここでファラオの呪いがかかり、ルパンの様子がおかしくなります。

    そんな豹変したルパンに悲しみの叫びを挙げる不二子。
    やっぱり、不二子はルパンを愛しているんだなぁ、ということがわかるエピソードです。

    やがてルパンも呪いから解け、安堵の不二子。

    オカルト話と純愛話が混じった異色ですけど面白い作品です。

    受験時代のモチベーション
    旧車ベンツに憧れて

    南国バイパスで信号待ちをしている時にふと中古車会社に目をやると…。

    あれ?私の車?

    いえいえ、よく見ると違います。
    私のハネベン(W111)の一つ後の型、W108かW109シリーズの旧車です。

    おそらく1968年もの。前から見ると私の車と区別がつきにくいのですが、後ろがはっきり違います。
    いわゆるフィンテールがなくなり、なめらかなフォームです。

    この縦目ベンツを見ると、私は受験時代を思い出します。


    平成14年、本試験の数ヶ月前。
    土佐市の祖母宅に向かう途中、土佐市の中古車店でこのオールドベンツを見かけました。
    後日、この店が休みの時、こっそり見に行きました。

    舐めるように眺め(不審者と思われない程度に)、
    「よ~し、司法書士試験に合格したらこの車買うからな~。」
    と自分に動機付けをしたんですね。

    私のハネベンは今年の登録なのでナンバープレートの分類番号が3桁なんですが、このベンツは
    「高3す14-○○(今でも覚えていますがあえて伏字)」。

    「高5」「高4」はたまに見かけますが、「高3」はホント、まれ。
    このシングルナンバーにかっこよさを感じていました。

    あれから9年。

    憧れのハネベンオーナーになり、嬉しいドライブを満喫しています。

    ドジャース名監督列伝
    チャック・ドレッセン~全て1位の熱血漢

    ほぼ4ヶ月ぶりのドジャースネタです。
    そして、極めてマニアックネタです。

    歴代ドジャース監督の中で唯一、在任中全てリーグ成績が1位だった人物。
    それが今日紹介するチャック・ドレッセンです。

    感情をむき出しにする性格で正に「闘将」、かのジャッキー・ロビンソンは「最も馬の合う監督だった」と評価しています。

    就任1年目の1951年にいきなり1位の成績を収めますが、プレーオフで同率首位のニューヨーク・ジャイアンツに悪夢のサヨナラ負けを喫します。
    これでもめげないドジャースは翌年と翌々年にリーグ優勝を果たしました。

    しかし、残念ながら、ワールドシリーズではニューヨーク・ヤンキースの前に敗れました。

    3度目の正直、と意気込んでいた矢先、契約更改の際にオーナーのウォルター・オマリーに複数年契約を申し入れた所、オマリーが激怒し(ドジャース監督は単年契約)、なんと解任されてしまいました。

    気性の荒いドレッセンのこと、たぶんかなりの口論になったと予想されます。

    突然の解任で在任期間は3年、順位はすべて1位、298勝166敗の成績でした。

    その後はワシントン・セネタース、ミルウォーキー・ブレーブス、デトロイト・タイガースの監督を務めました(全チームでの通算成績は1037勝993敗)。

    タイガース監督在任中に67歳で逝去。

    我が国では余り知られていませんが、名監督の一人といえるでしょう。

    上海紀行(最終回)
    地獄のラッシュアワーと超特急

    2泊3日の旅行最終日。
    日本では海の日で祝日ですが、上海では普通の月曜日。

    ちょうど出発がラッシュアワーと重なり、スーツケースを抱えた我々は地獄を見ることに。
    こんな超ラッシュ、日本でも見たことない~。

    タクシー乗るべきだった(>_<)

    でも、なぜこの地下鉄に乗ったかというと、リニアモーターカーに乗るため。
    その始発駅が龍陽路駅だったのでそこへ向かうために地下鉄に乗りました。

    やっとの思いで龍陽路駅に到着。
    切符を買っていざ乗車。

    浦東国際空港まではわずか7分ですが、最高速度時速431キロという凄い世界を体感できます。

    写真を撮ったのですが、写りが悪いのでゴメンナサイm(__)m

    浦東空港は虹橋空港よりもはるかに大きい空港でした。
    関空経由でいざ帰国。

    この日はなでしこジャパンが金メダルを獲得した日でしたね。

    と同時に日本に台風が接近していて、翌日、高知空港の飛行機は欠航になったのであります。
    無事帰れてよかったぁ。

    以上、駆け足でしたが私の上海紀行は終わりです。

    再見!



    昼食ハプニング
    においますぜ

    今日はあちこちへ出かけることの多かった一日でした。

    午前は思いの外時間を要し、戻ったのが12時30分を過ぎていました。

    今日は自宅で昼食。朝のうちに下ごしらえしていたのですが、時間がない~

    それでも大急ぎで炒飯を作り、急いで食べて12時55分頃事務所に戻りました。

    ほどなく事務員が帰って来たのですが、私から食べ物のにおいがするとのこと。

    クンクン。
    あ、これは炒飯のにおいだ。

    シャツににおいがしみこんだんですね。
    午後に来客があるので制汗剤で消臭(笑)。

    お昼に炒飯作っちゃダメですね。

    今後気をつけます。

    上海紀行(その11)
    浦東からの夜景

    ホント、とびとびの紹介です(*^_^*)

    豫園で夕食を終えた後、地下鉄で黄浦江の東に行きました。

    目的は高さ492メートルの高層ビル「上海環球金融中心展望台」に登るためです。

    上海の名物は東方明珠塔ですが、こちらに登ってしまうと、この建物が見えないですからね。

    100階に展望台があります。エレベーターで僅か1分強。まぁ、速い速い。

    エレベーターを降りると前面に広がる上海の夜景。
    綺麗でしたよ~。

    でも、写真が上手く撮れなかったので、ここではお見せできません。
    ごめんなさいね。

    この展望台は床の一部がガラス張りになっており、地上が見えるんですよ。
    夜だから分かりにくかったんですが、昼だと足がすくむんでしょうね。

    この日は天気が良かったのですが、高層ゆえ雲がかかることもあるそうです。

    展望台を後にした私達はホテルに戻り、アルコールで最後の夜を。
    上海の夜も更けていきました。

    休めない週末
    研修・県人会・相談会

    昨日今日は、私にとってはのんびり休む、というわけにはいかない2日でした。

    昨日は司法書士登録満8年ということで年次研修がありました。
    登記業務・裁判業務・報酬に関しての課題が出され、皆で意見を出し合うものです。

    その直前に事務所の鍵が行方不明になるというハプニングがあって、大慌て(今日見つかりました)。

    長時間の研修後は三翠園ホテルで大学の県人会。
    年に一度の総会で50名近くの参加がありました。

    その後の懇親会で午前様。

    そして、今日は睡眠不足の中、成年後見相談会へ。
    昨日の高知新聞に広告が掲載されていましたので、ご存知の方も多かったのではないでしょうか。

    私は午前の部担当でしたので昼過ぎに終了。

    その後は、受験予備校LECにて筆記試験合格者とお話。
    高知は3名合格者があったのですが、私が会えたのは1名だけ。
    ちょっと残念でした。

    その後は買物等、家事雑用を。

    睡眠不足の為、体が重くなり始めました。

    今日はもう終わりにしましょう。

    帰ります。







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。