~うりぼうの独り言~
HPなんて面倒くさい、ブログなんて誰も読まないから書かない、って言っていた私がとうとう始めちゃいました。


プロフィール

uribou

Author:uribou
FC2ブログへようこそ!



リンク

  • 吉本修治司法書士行政書士事務所

  • このブログをリンクに追加する



    カレンダー(月別)

    01 ≪│2011/02│≫ 03
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 - - - - -



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    QRコード

    QRコード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    横浜グルメ
    伊勢佐木町ブルース

    うりぼう@横浜です。

    今日はいつもの関内の定宿ではなく、伊勢佐木長者町にあるワシントンホテルからです。
    明日司法書士会館で朝から会議のため前日入りしているんですが、わざわざ横浜に宿泊しています(笑)。
    横浜大好きっこなんですよね~

    最終の飛行機で飛び立ったものの羽田空港の滑走路で待たされて20分近くの遅れ。
    それから満員の京急電車で横浜へ。
    この時間帯はバスで移動すればよかったかな。

    関内と言えば中華街が近いのですが、伊勢佐木町グルメ(?)でせめてみました。

    有名店ではなく国道16号線沿いの「○○園」「△△楼」といった類の店です。
    中国人が経営している店で店の中は中国語が飛び交う、そんな雰囲気が好きですね。
    あと、このような店のラーメンは叉焼ではなく焼き豚が入っているんですよね。
    これを食べたときに、ああ、日本人の店とは違うな、ということを実感します。

    今日は四川料理店に入ったのですが、私が無難なものを注文したのでちっとも辛くありませんでした。
    でも、本当に辛いのは四川料理ではなく、湖南料理なんですよ。

    中国の言い伝えに
    「四川省の人は辛いのを恐れないが、湖南省の人は辛くないのを恐れる。」
    というのがあるんですって。

    とりあえず、次回はちゃんとした四川料理を注文してみましょう。



    スポンサーサイト

    定時総会&研修会
    任期満了退任及びお勉強

    この土日は高知市から一歩も外に出なかったうりぼうです。

    さる金曜日、高知県青年司法書士協議会の定時総会が開催され、私は2年間の会長を任期満了退任しました。
    振り返るとあっという間の2年間でしたが、課題も多く残されており、やりきったというものではないものの、ひとまず一段落着きました。

    これからは新しい会長の下、新執行部がスタートします。
    温かく見守っていきましょう。

    昨日は高知県司法書士会の研修。
    後見申立てについてと離婚問題に関する研修でした。
    なかなか中身の濃い研修で私も初めて知ったものが多々ありました。

    一昨日昨日と午前様でしたので今日は禁酒。

    締切に追われた原稿を書いているのでお酒どころじゃありません。
    せっかくの日曜なんですがね…トホホ。

    土佐の山道
    職人芸

    先日、ガードレールのない山道を走った、と書きましたが、たまたま昔NHKで放送された昔の高知県の風景を映し出した番組がありました。

    一つは昭和35年の路線バスの光景。
    景色から見て長岡郡大豊町の旧国道32号線のものと思われます。

    当時は国道といえども1車線の道幅しかない区間が多うございました。
    大勢の乗客を乗せたボンネットバスが崖を走行するシーンがあったのですが、まぁ、ホントにすれすれ。
    そんな速度でよく走れるな、と見ていて膝が震えてしまいました。
    カメラマンが崖の様子を撮影しているのですが、当時のテレビカメラって今以上に重たかったはず。バスの窓から身を乗り出して撮影したと思われます。もしちょっとでもバランスを崩したら…。
    運転手もカメラマンも命懸け、とういう感じの映像でした。

    もう一つは昭和47年の吾川郡いの町日比原地区の旧国道194号線。
    たくさんの木材を積んだ8トントラックがこの集落を走り抜けるシーンにビックリ!

    道幅とトラックの車幅がほぼ同じで民家の軒先との車間は数センチの世界。
    切り返しをしながら、サイドミラーをたたんで民家を抜けていきます。
    今みたいにパワステじゃなく、本当に運転し辛いでしょうに、器用に通り抜けていくんですよね。
    その様子を2階からのんびり眺める住民。

    高知市から愛媛県西条市へ抜ける最短ルートの国道でしたが、当時は32号~192号~11号と迂回した方が早く着ける程の悪路。

    こういった運転手たちの見事なハンドルさばきの映像を見て、職人芸を感じるうりぼうでした。

    偶然
    揃いのナンバー

    今日は午後から香美市土佐山田町で会議があり、長時間事務所を不在にしておりました。

    遅くに帰ってきて、事務員が作成した書類をチェックしていると…

    あ、凄いラッキーかも

    登記申請をすると受付番号というものが振られるのですが、今回申請したものの中に4桁の受付番号の数字4つがすべて同じものがあったんです!

    司法書士開業して初めてのことです。
    第1111号か第2222号か第3333号かは内緒ですが、凄い偶然です。

    まぁ、中には5桁全部同じという方もいらっしゃるから4桁ぐらいではしゃぎなさんな、という声も聞こえてきそうですが、やはり全部同じ数字というのは何か嬉しいですね。

    これをご覧になっている司法書士の皆さん、このような経験はおありですか?

    便利さと不便さと
    新オンラインシステム

    登記申請のオンラインシステムが新しくなって一週間。
    何とかなれてきたかな、という感じです。

    登記識別情報の暗号化、連件申請の際の電子署名の際のスピーディーさには感激物です。
    また、登記完了のお知らせが何の事件のものかがすぐにわかるようになったのも便利になりました。
    これらにはもろ手を挙げて賞賛。

    でもその一方で、不便を感じたものもあります。

    一つは電子納付の煩雑さ。
    こちらはかえって時間がかかり、手間も増えました。
    あと、オンラインで登記事項証明書を請求する場合に私書箱へ、と請求する場合でもなぜか郵便番号を記載しないと次の画面に進めなくなりました。

    オンライン謄本は郵送にしようかな、と思いながらも申請があるからついでに私書箱に取りに行こうか、と請求するのですが、今日は端末の不具合で事務員が法務局に着いた時も未だ取得出来ず、といった不都合な状態になってしまいました。
    これが改善されればいいのに。

    ラスト・フライト
    THE LAST NIGHT IN NAGOYA

    金曜夜から日曜にかけて名古屋に行っておりました。

    全青司の制度委員会と役員会に出席するためです。

    3月の全国大会で一つの年度が終わるので今回の役員会が事実上最後。

    懇親会は決して多い人数ではありませんでしたが、いろんなお話をしました。
    常任幹事をしていた頃は名古屋出張が本当に多かったのですが、当分名古屋に行く予定がありません。
    とりあえず最後の夜を満喫(?)してきました。

    翌日小牧空港こと愛知県営飛行場に行きました。
    来月をもって高知名古屋便が廃止されます。
    私がこの空港に来るのは今回が最後。

    本当に小さな空港でしたが、廃止されるとなるとやはり淋しいものです。

    私にとって最後の高知名古屋便は何事もなく淡々と終わりました。
    トラブルのあった高知沖縄便とはえらい違いですな(いつぞやのブログ参照)。

    ちなみに今回の名古屋グルメはひつまぶしでした。


    安堵
    権利証

    金融機関からの登記の依頼で不動産所有者本人の自宅に行っておりました。
    権利証が見当たらない、とのことで本人確認情報を作成しなければ、ということで向かったものです。
    高知市から1時間以上離れた山間の地区。ガードレールのない一車線の山道を走りました。

    「見積書、権利証がある前提で作ったのに~」なんてことを独り言ちながら、ようやく斜面の上の依頼者宅にたどり着きました。

    ご主人は笑顔で私を出迎えてくれましたが、私の内心は穏やかではありません。
    事情聴取、何から訊こうかな、みたいなことを考えていました。

    するとご主人、手元にいくつかの権利証を差し出しました。
    それらは私が探している権利証よりは日付が新しそうでしたが、
    「ひょっとしてご主人はちゃんと持っているんじゃないのかな。」
    と思うようになり、いくつか書類を見ていると…

    あ、これだ!

    私が探していた権利証が見つかりました。
    遠くまで来た甲斐があった~。

    私の安堵の表情を見て依頼者もうれしくなったんでしょう、
    「これで間違いないんですよね?」

    ええ、確かにここに受付番号が書かれていますよ。

    実はこの不動産、昨年に国土調査がなされ、地目や地積が変更され、分合筆もされたのですが、その時に新たに権利証が発行されると思ったらしく、それで「権利証はない」と答えたようなのです。

    国調前の権利証が綺麗な状態でありました。
    丁重に預かり、事務所に戻りました。

    ないと思った権利証があった、本当にほっとする一瞬です。

    疲れた~
    ワシ帰る

    今夜は残業しようと思っていましたが、これから晩御飯の準備もしなきゃならないし、明日の夜から出張なのでもう帰ります。

    バイチャ。

    DVD映画考
    時代の流れか

    最近、DVD映画、特に洋画の販売本数が不振にあえいでいるとのニュースがありました。

    私が時折紹介しているチャップリンやボガートの映画、私はビデオテープとして所有しているものがほとんどで、DVDはあまり持っていません。
    これは私が映画に目覚めたとき、巷にはDVDはなく、ビデオ全盛時代だったことも一因です。

    ですが、最近買うのはもちろん、DVDオンリー。頭出し機能は本当に素晴らしい機能です。
    DVDは著作権の切れた作品は廉価版として本当にビックリするぐらいの値段で手に入ります。
    レンタルと違って見たい時に見られるので、私は最近よく買います。

    私のコレクションボックスには白黒映画のDVDがたくさんあるんですよ。皆さんの知らないようなタイトルもありますよ(私自身は名作だと思っているのですがね)。

    平成一桁の頃、ビデオテープが3,800円で本当に安くなったな、と思っていたのですが、今そんな値段でDVDが買えます。廉価版はワンコインで買えます。

    休日とか早く帰った日に見たりしています。
    ちょっとくつろげる大切なひと時です。

    新庁舎訪問
    変な感じ?

    京御膳、じゃなくて今日午前(寒!)、新しく移転した高知地方法務局に行ってきました。

    立体駐車場の入口で早くも迷う有様。ここは駐輪場入口なのね~。

    駐車券を取って坂を上りました。
    でも庁舎とつながってないので、上まで行っても下りて来なきゃならないんです。
    ああ、メンドクサ。

    がらんとした1階を過ぎて(税務署が5月に来る予定)、5階へ。
    登記事項証明書交付請求等、所謂乙号事件はここが受付。
    申請は6階になります。
    ちょっと手間かな。
    ただ、別の階だった供託課と戸籍課が5階に統一され、この点は便利になったと思います。

    今日初めて来たばかりなのでまだ戸惑いもあります。
    他の庁舎との比較では香美支局に近い感じかな。

    でもやっぱり小津町と栄田町では距離が全然違う~。
    うちの事務所からだとラッシュアワーではいの支局の方が早く着けるかもしれませんね。

    司法書士会館から遠くなってしまったのは、やっぱり不便かなぁ。
    会議の前にちょこっと用事をすませるのに移動時間が長くなったので。

    まぁ、それでもそのうち慣れるでしょうけど(笑)。



    新たな歴史
    庁舎移転と新オンライン

    今日は高知の司法書士にとって大きな一日となりました。

    法務省の新オンラインシステムがスタートしたのは全国共通なのですが(早速申請してみました。確かにスピーディーにはなっています。ただ、なれないからまごまごしました)、高知地方法務局が庁舎を移転したのです。

    私が物心ついたときから小津町にあった庁舎。各出張所が統廃合されても、いの・須崎支局が移転してもずっと変わらなかった庁舎が遂に移転しました。
    場所は高知駅バスターミナルのすぐそば。
    ケーズデンキの向かいと言えば分かりますかな。

    今日は私は新庁舎に向かうことはなかったのですが、事務員が新しくなった庁舎を見てきました。
    私はまだ見ていないのですが、ちょっとだけワクワクします。
    明日見に行こうかな。

    意外と降ります
    高知の雪

    昨日は高知市でも雪が舞う寒い一日でした。
    高速道路も通行止め。
    私は一日中市内にいたのでさほど影響はありませんでした。

    太平洋側の南国土佐ということから雪や寒さは無縁と思われる方は多いのですが、実際、高知市は冬はかなり寒く、他の太平洋沿岸地域に比べて降雪日数が多いのが特徴です。

    最低気温、ちょっと見てみてください。高知市の最低気温は仙台市とほぼ同じです。
    最高気温が高いので見落としがちなんですが、朝は本当に寒いんですよ。

    この高知市で過去最多の積雪を記録したのが昭和62年1月13日の10センチ。
    当時中学3年生だった私は、遅刻しちゃいかん、といつもより早めに家を出たのに、学校へ着いてみると始業時刻になっても3分の1はまだ到着しておらず、1時間目の授業は中止に。
    校庭で雪合戦をして遊びました。

    歴代2位が平成17年12月18日に記録した9センチ。4日後の22日にも5センチを記録しています。

    ところが…
    大の寒がりの私ですが、この日の記憶がありません。
    それなりに大変だったはずですが、どんな感じだったのか…。
    5年ちょっと前の出来事ですが、思い出せないんですよ。
    25年前のことは覚えているのに不思議です。

    恐らく、中学時代は初めて見る大雪にびっくりしたことがあるのですが、その後大学でスキーをやって大雪を知ってしまったので数センチの雪では感動もなかった、ということなのかもしれません。
    また、平成17年12月18日は日曜だったので仕事に影響がなかったことも記憶が薄れた一因でしょう。

    人間の記憶っていい加減なものですね。

    結婚式
    ペンライト・ストーリー

    昨日は司法書士同業者の結婚式に参列していました。

    新郎新婦は私の一回り下。うりぼう、どうするよ~

    朝の雨と寒さはいつの間にか消えていて穏やかな天気になりました。
    ホテルの外で神前結婚式。

    夕方だったので肌寒かったのですが、満弁の笑みを浮かべた新郎新婦を見ていると寒さなんて吹き飛んでいました。

    その後披露宴へ。

    スピーチや乾杯の挨拶の後、余興の時間となりました。

    PIKAPIKAというペンライトを使ったメッセージ作成に私も参加しておりました。
    ですが、完成版を見るのは今回が初めて。
    実は私も大変ワクワクしながら上映を待っていました。

    撮影枚数1,500枚の大作。決して短い作品ではないのですが、見終わるとあっという間だったなぁ、という感じでした。
    夕日落ちた城西公園で寒さに耐えながらメッセージの作成。
    初めてだったのですが、「幸」の文字が想像以上に上手くかけたことに有頂天。
    その一方で花の絵は何じゃこりゃ~という感じでしたが、他にも絵がいっぱいあったので誤魔化されています

    でも、出来上がりは格別。本当に素晴らしい作品になっておりました。
    企画者の方には本当に頭が下がります。

    披露宴の後も楽しい飲み会は続き、お約束どおりの午前様。

    とっても楽しい一日でした。

    笑顔いっぱいの若い二人。
    いつまでもお幸せに

    哀しいね
    八百長問題

    連日マスコミをにぎわせている問題ですが、哀しいニュースですよね。

    数日前に大相撲ネタをのせたばかりでしたのに。

    ファンやガチンコ力士にとっては悔しい以外何物でもないでしょう。

    早く平穏無事になってもらいたいものです。

    私が生まれる前ですが、プロ野球界でも八百長問題があり、「黒い霧事件」と呼ばれました。
    多くの選手たちが永久追放処分を受けました。

    今、相撲界もこんな黒い霧に包まれています。

    早く明るい話題が欲しいものです。

    てんやわんや第二弾
    前回以上

    今朝事務所でいつも使っているソフトを起動させようとしたらエラーメッセージが。

    何で?

    あの、今日取引なんですけど、作動しなかったらどうしようもないんですが。

    署名捺印してもらう書類は前日までに全て印刷してあり、また、取引前に事前閲覧する環境は異常ないのですが、肝心のソフトが立ち上がらなきゃお客様への領収書が印刷できないでしょ~。
    それよりもオンライン申請できないじゃないか~。
    オンライン減税で見積もりだしているのに~。

    そんなわけで午前中はメーカーに電話して修復中に取引現場に出かける羽目に。

    そして取引現場到着。

    そしたら、売主さん権利証忘れてくるし、差押債権者の担当者が風邪で来ないし、もう何よ~、てな感じでした。


    そんなバタバタがありまして決済終了は当初予定時刻より遅くなりましたが、何とか無事に終了。
    急いで事務所に帰りました。

    システムは復旧しており、無事申請もできました。
    何でも、昨日入れたCD-ROMに原因があったとか。
    データの保管場所が移転させられて、システムが稼動できなかったとのこと。
    そんなことってあるの?

    本当に疲れた一日でした。
    残業したいけど、もう帰ります。



    40日ぶりの


    こんばんは、2日ぶりですね。

    今、外は雨。
    高知市での観測は昨年12月30日以来じゃなかったかな、と記憶しています。

    観測史上初の1月の降水量ゼロ。
    雨の多いことで知られる高知では本当に珍しいことですよね。

    日中は分からないぐらいしか降っていませんでしたが、今ははっきり分かりますね。

    水不足解消には雨は貴重な資源。
    夜寝ている間に降ってもらうのが理想です。
    この雨も明日には上がるそうです。


    ここからは高知県外の方へ

    今の状態を土佐弁で言うと、

    「雨が降りゆう。」です。

    「雨が降っちゅう。」ではありません。

    上記は英訳すると It is raining.とIt has rained.に分かれます。
    土佐弁は現在進行形と現在完了形が区別されているとても便利な言葉なんですよ。

    ドジャース名選手列伝
    ジョニー・ローズボロ~史上最大の乱闘

    1965年8月22日、キャンドルスティックパークでのジャイアンツvsドジャースの首位攻防戦。

    初回、ジャイアンツのホアン・マリシャルがロン・フェアリーにビーンボールを投じたのをきっかけに、両軍の緊張が高まりました。その裏、サンディー・コーファックスがウィリー・メイズに報復のビーンボール。そして、3回表、マリシャルがモーリー・ウィルスに再度ビーンボールを。

    その裏、遂に事件が起きました。
    打席に入ったマリシャルにコーファックスも再度ビーンボール。
    先に喧嘩をふっかけたのは自分だからと、必死に我慢するマリシャル。
    しかし、その時、ローズボロ捕手は豪速球でコーファックスに返球しました。この返球がマリシャルの耳元を通過したのでマリシャルが激怒。
    ローズボロも負けじとマリシャルと突き返します。

    すると、マリシャルはなんということか、持っていたバットでいきなりローズボロに殴りかかりました。
    頭を割られたローズボロは血みどろ、コーファックスは真っ青になり、止めに入ったメイズのユニフォームも真っ赤に染まりました。

    ローズボロは当然救急車で運ばれ、マリシャルは退場。
    マリシャルは9日間の出場停止と1750ドルの罰金を課せられましたが、「1750日の出場停止だ」と言われるほど、世論の目は厳しかったのです。

    しかし、その後二人は和解、親友として交遊していたそうです。

    ローズボロは打撃は決してよくはなかったのですが、1961年と1966年にゴールドグラブ賞を受賞し、ドジャースには欠かせない捕手でした。

    1966年の日米野球で彼に憧れ髭を伸ばし始めたのが、「ヒゲ辻」で知られる阪神タイガースの辻佳紀捕手でした。
    プチトリビアです。

    少しずつですが
    片付く机

    この仕事を始めて幾度となく口にした言葉、「たれもつる。」

    でも、今、私の机は少しずつ片付き始めています。

    ここ数日、長いことかかっていた債務整理業務がかなり片付きました。
    随分楽になりました。

    最後の精算、最後の書類の受渡し、今週は多くの方とそういう面談を行ないました。

    金銭を受け取り喜ぶ方、すでに始まっている毎月の返済にさらに負担が増える方、相談者の事情は実に様々です。

    いずれにしても、私の机も少しは片付き、胸を撫で下ろしているところです。
    とは言うものの、確定申告の時期も近付いてきており、頭が痛い今日この頃です。

    確定申告の嘆きは書き始めると終わらないし、税務署への抗議(誹謗中傷じゃないよ。真実を語るので)オンパレードになるのでやめときます。

    てんやわんや
    大安の取引

    司法書士が取引決済をする場合、「人・物・意思の確認」がとても重要で、この徹底が司法書士の存在意義といえるものです。

    今日の取引はいろんなトラブルがありました。忘れられないですね。

    まず、定刻に買主さんが来ていないのです。
    あれ、確か買主さんの都合でこの時間に変更になったと聞いていたのに…。

    この間は談笑ですみましたが、いやはや、不動産業者が頭を抱えていました。

    その後、無事に買主も来られて決済も済んで事務所に戻り、さあ申請、という時です。
    お客様からお預かりした権利証を見て嫌な予感が…。

    ネットで登記簿を閲覧したら、ああ、やっぱり。
    移転漏れ不動産がありました。きゃ~!!

    大慌てで売渡証書を作成しなおし、売主の方に事情を話して印鑑もらいなおし。

    人や意思の確認には細心の注意を払いますが、物の確認は売買契約書を鵜呑みにしてしまうことがあります。
    それがゆえに起きたトラブル。

    本当、冷や汗ものでした。

    無事登記終わってくれますように。

    名物なのに
    泣けてくる

    大阪・北新地の名物グルメといえば、「ひとくち餃子の点天」。

    伊丹空港や新大阪駅で時々土産に買うのですが、美味しいですよね。

    先週の土曜日に大阪に行ってたので、昨日今日の晩御飯は餃子定食にしました。
    昨日美味しくいただき、今日も…と思っていたのですが、昨日上手く料理できたことが仇となりました。

    慢心から火のチェックを怠り、気がつきゃ黒焦げ
    食べられないわけじゃないけど、美味しさは半減します。
    あ~あ、せっかくの大阪名物なのに。

    料理失敗ネタはブログに書きたくなかったのに~。

    今度はしっかり見ながら料理です。
    でも、今度いつ大阪に行くのかな?






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。