~うりぼうの独り言~
HPなんて面倒くさい、ブログなんて誰も読まないから書かない、って言っていた私がとうとう始めちゃいました。


プロフィール

uribou

Author:uribou
FC2ブログへようこそ!



リンク

  • 吉本修治司法書士行政書士事務所

  • このブログをリンクに追加する



    カレンダー(月別)

    10 ≪│2010/11│≫ 12
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    QRコード

    QRコード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    事務所不在
    明日は大安吉日ですが…

    今日は月末給料日と言うこともあり、大変な一日でした。
    朝も昼も事務所にほとんどいなくて、机の上がたまる一方です。

    事務所不在が意味するものは思うように電話がかけられない、ということなのです。
    人間の記憶って曖昧なものですので、書類を見ながら出ないときちんとした話になりません。
    外出時は簡単な打ち合わせをするのがやっとです。

    今やっと本当に最低限の仕事を終えました。
    やるべきことをあげたらまだまだ多いのですが、体がしんどいこともあり、ここらへんでけりをつけたほうがよさそうです。

    明日も大変な一日が待っています。

    今日以上にヘビーなことが分かっているだけに今から心が重いのであります。
    スポンサーサイト

    龍馬伝最終回
    字幕テロ

    昨日最終回を迎えたNHKドラマ「龍馬伝」。
    私も久しく見ていなかったのですが、最終回ということでフルに視聴しました。

    これはドラマ、と言い聞かせているんですが、史実と違う箇所が出ると、うん?となってしまう自分がいました。

    そしていよいよクライマックス、近江屋のシーン。

    ここで何と…

    ご覧になった方はお分かりでしょう。
    愛媛県知事選速報。
    このタイミングに私も目がテン。
    真っ暗な画面に浮かび上がる白い字幕。

    ニュースで見たんですが、抗議が凄かったらしいですね。

    TWITTERでいろいろコメントされているみたいなので詳細はそちらに譲るとして…

    史実では坂本龍馬暗殺犯は今井信郎ではなく佐々木只三郎、龍馬の最期の言葉は「石川、太刀はないか。(少しの間)俺は脳をやられた、もういかん。」とされています。

    それよりも福山雅治さんの「ほたえな」の発音が気になったうりぼうでした。
    「ほたえな」は全て同じ高さで発音するはずなのに?

    遅く起きた朝は
    掃除

    昨日は朝から研修ということもあって就寝前は激しい睡魔に襲われていました。

    で、今朝はゆっくり、目覚ましもかけずに…

    たまにしか、ゆっくり起きられる日がないので、こういう日は贅沢な気分になります。
    遅めの朝食を取り、しばらく出来ていなかった部屋の掃除をしました。

    知らんうちに埃がたまって(>_<)
    ビックリしちゃいました。

    O型人間って掃除が下手なんです。
    たぶん、とりあえずのゴミが見えない程度、と言われるかもしれません。

    でも、綺麗になったのは事実で、まったりとした一日を過ごすことが出来ました。
    明日から5日間は、すべて午前中は事務所に不在という大変な一週間です。
    面談も殆ど取れていません。

    さぁ、明日から大変だぁ。

    寒い朝
    暖房器具

    寒さの苦手な私にとって暖房は切実な問題。

    独り身の辛さから夜の寒さは本当に身にこたえます。

    暖房器具、何が良いだろう、と思ってあれこれ考え購入したのがセラミックヒーター。

    実際使ってみると…

    確かに暖かいけど、重宝、というレベルじゃないんですよね。
    ヒーターの真ん前に来た時は心地よい暖かさですが、離れてしまうとその価値は下がります。
    ストーブはその場所だけ暖かい、ということで満遍なく暖かい方がいい、と思ったのですが、現実は??

    石油ストーブの暖かさは電気では出ませんね。
    ただ、安全上買えないので我慢している感じですね。

    今夜も寒くなりそうです。

    暖かくして寝ましょう。

    教材作成
    未来の司法書士のために

    司法書士試験の最終合格発表の後、合格者達は新人研修を受講する準備に入ります。
    高知の場合だと神戸で行なわれる中央研修、岡山で行なわれるブロック研修、地元高知での配属研修、と3種類(特別研修を入れると4種類ですが)を受けなければなりません。

    その来年1月、岡山で開催されるブロック研修の成年後見の講義を私が担当することになりました。
    夏頃打診されていたのですが、まだいいや、とのんびりしていましたが、時間は待ってくれません。
    12月が本来の締切ですが、前倒しで今夜仕上げました。

    最初は同業者向け教材のイメージで作り始めましたが、合格者達は成年後見のイメージがよく分からないまま受講されることを考えると、多少細かい教材にした方が良い、と思い今週からアフター5に没頭して(実質2.5日)で仕上げました。
    我ながら凄いボリュームです。
    これで何とか来年の本番を迎えることができます。

    これが完成してすっかり満足したので今夜はこれで帰ります。

    明日は忘年会

    ドジャース名監督列伝
    レオ・ドローチャー~おしゃべり監督

    ドジャース監督ネタは実に1年半ぶりのカキコです。
    2日連続ですがマニアックネタにお付き合い下さい。

    ニューヨーク・ヤンキースで大リーグデビューを果たしたドローチャーは、新人時代から気性が荒く、打撃があまり良くなかったことや様々な事情で10歳年上のベーブ・ルースとは犬猿の仲でした。

    大リーグ監督に憧れていたルースは現役引退後、ドジャースの打撃コーチに就任しました。これは意外と知られていない事実ですが、ドジャースのユニフォームを着たルースの写真が現存しています。

    1938年、ドジャースに移籍したドローチャーは、翌年選手兼任監督就任を要請されました。
    その彼が最初にした仕事は、ルースコーチの解任。オソロシ~。

    しかし、彼の手腕は確かで1941年に21年ぶりのリーグ優勝を果たしました。

    また、黒人選手への門戸開放にも積極的で、ジャッキー・ロビンソンが入団した時、彼の入団を反対する選手達に、
    「バカやろう。野球をするのに肌の色など関係あるか。目を覚ませ!いいか、ロビンソンとのプレーを拒否する者は試合に出さないからな。」
    と一喝しました。

    その後、ニューヨーク・ジャイアンツの監督になりましたが、不振にあえぐ新人ウィリー・メイズがマイナーリーグに落としてください、と懇願した時には、
    「バカやろう。お前は未来の球界を背負っていく男なんだぞ。今どんなに打てなくても俺はお前を使い続けるからな。」
    メイズは1951年の新人王に輝いています。

    1973年限りで大リーグから引退し、その後昭和51年、日本の太平洋クラブライオンズ監督就任を要請されましたが来日直前で病気の為実現しませんでした。

    通算2008勝を挙げ、殿堂入りを果たしています。





    ルパン三世傑作選
    黄金の大勝負!(旧23話)

    3か月ぶりの更新ですみません。

    旧シリーズ最終話です。

    いつもルパンにしてやられる銭形警部は己の首をかけてルパン逮捕作戦を計画します。
    その作戦文書になぜかルパン三世のアニメ打ち切りの理由の一部が書かれているのですが、これは制作者のギャグ。当時はビデオもなく一時停止なんて誰も出来ないから、スタッフが遊んでたんですね。

    一時は銭形警部が勝ったかと思われましたが、ルパンが一枚上手。
    と思ったら思わぬ落とし穴で銭形警部はルパン一味を追い詰めます。

    その時、意を決したルパンが一味ともども心中をはかります。
    そして爆発。
    当時の視聴者は、ルパンが本当に終わったと思ったでしょうね。

    もちろんこれはルパンが相手を欺くためのトリック。

    東京湾を泳いで逃げるルパンと嬉しそうに追いかける銭形警部のシーンで物語は終わります。

    ルパンの最後の台詞は
    「ほんじゃ、中国へでも行きましょうかね~」
    です。

    これをちょっと覚えておいてください。
    次回から新シリーズが始まります。

    不在の日
    事務所にいないよ~

    金曜日午後から福岡に行っていました。
    研修を受けるためです。
    グルメを満喫しましたが、じゃんけんで惨敗してかなり凹みました(>_<)

    でも、やっぱり福岡は何度行っても楽しい街ですね。

    今日は仕事モード復帰でしたが、とにかく事務所にいなくて大変でした。
    午前は成年後見の仕事でしたが、新聞社の方に取材を受け、通常より長めのステイ。

    午後は午後で賃借権設定というレアな登記申請をするために高知市からかなり離れた山間の町へ。
    雨がよう降っていましたからスピードも遅くなりました。
    やっとのことでハンコをもらいましたが、帰り道に渋滞にあって6時からの勉強会も1時間ほど遅刻。

    ホント、大変でしたよ。
    昼間、お腹ペコペコで事務所に帰ってきて電話をして、すぐに昼食。
    昼食が終わるや否や、郡部に向け出発という感じで、道中睡魔との闘いもありましたから。

    まぁ、しんどい一日でした。

    明日が休日でよかった~

    伝説のネタ
    アフタヌーンショー

    進藤裕介君へのレスをしていて思い出したお話を。

    私が小学生の頃、漫才ブームが起こり、チャンネル回せばお笑い番組、といった感じでした。

    そんな漫才の中で今思い出しても噴き出してしまうのが、「ザ・ぼんち」の「アフタヌーンショーコント」でした。
    この番組は昭和時代にテレビ朝日系列で放送されたワイドショー番組で、川崎敬三氏の司会と山本耕一レポーターのやり取りを彼らが面白おかしくコントにしたのです。

    「実はですね、川崎さん。」

    「ちょっと待ってください、山本さん。
    事件はA地点からB地点まで行く間に起きたわけですね。」

    「そ~お、なんですよ、川崎さん。」


    このおさむちゃんの「そ~おなんですよ。」がツボにはまってしまうんですね~(笑)。

    このネタを歌にした「恋のぼんちシート」は「ザ・ベストテン」で最高2位になるなど、凄い勢いでした。


    来年の正月、テレビでこのネタやってくれないかなぁ。

    半日伊予路
    ドンドビ交差点

    今日は起床して身支度を整えた後、事務所に寄らずに愛媛県今治市へ。

    松山地裁今治支部に行ってきました。
    今治市中心部は小学生の時に「唐子浜パーク」に行って以来のことで本当に久し振りでした。
    当時は高速道路もなく行くだけで半日かかっていたのですが、今じゃ2時間で着きます。
    楽になりましたねぇ~

    市街地に入り、目的地も近付いた頃、音声ナビが

    「ドンドビ交差点を左折です。」

    何だって

    我が目我が耳を疑いましたが、前方の信号を見ると確かに「ドンドビ」って書いてます。
    何語

    と、この時は思ったのですが、ドンドビって日本語なんですって。
    漢字で「呑吐樋」。
    堰き止めの水門からきているそうです。
    確かにこの漢字じゃすぐに読めないですよね。

    全国には面白地名がたくさんありますが、今日は新発見でした。

    帰りは国道194号線経由でしたが、お目当ての店が休みでこの道通った意味がない~

    午後2時前には事務所に戻り着きましたが、やはり疲れましたね。

    今夜はよく眠れそう。

    11月15日
    雑学ネタを

    大相撲横綱白鵬の連勝記録が遂に「63」でストップしました。

    昭和の大横綱双葉山の「69」が見えてきたところでしたのでビックリするとともに、改めて双葉山の凄さを再認識しているところです。当時は年2場所でしたから数年間も無敗のままだったということになるんですよね。

    この63連勝は江戸時代に活躍した名横綱谷風と並ぶ史上2位の記録だそうです。
    そのことが今朝の高知新聞のコラムに記載されていて、白鵬にエールを送る内容だったのに、残念な結果になりました。


    そしてもう一つ、今日は坂本龍馬の誕生日&命日(旧暦による)ということで故郷上町では盛大にイベントが行なわれていたようです。
    この生没同日という方は当然少ないのですが、他にどのような方がいらっしゃるかご存知ですか?

    旧暦ベースなら足利義教、加藤清正ですが、20世紀以降では小津安二郎、イングリッド・バーグマン、船越英二といった方たちがいらっしゃいます。

    どうですか、このマニアックネタ。
    たまにやりますのでまた付き合ってやってください。

    講演会
    行列の出来る法律相談?

    今日は誘われたこともあって来高されていた北村晴男弁護士のお話を聞きに行っていました。

    テレビでしか見たことのない北村弁護士ですが、実際見てみると…
    テレビのまんまです。
    ただ、テレビ以上に饒舌で話にジョークがポンポン飛び出ます。

    カメラが前にあるか否かで使い分けているんでしょうね。

    このブログにその中身を書けないような話がたくさん出てきました。
    テレビで馴染みの深い方(徳光和夫アナウンサーや丸山和也参議院議員、橋下徹大阪府知事の話が多かったですね)がたくさん出てきました。
    面白かったですよ。

    北村弁護士はあまり講演をされないようですが、高知には結構来られているみたいです。
    グルメを嗜むのも目的だそうです。

    明日、以前私がブログで紹介した幡多農業高校野球部を訪問されるそうです。

    ボギー映画紹介
    ハイ・シエラ(1941年)

    今回からスタートしたハンフリー・ボガート映画紹介のコーナー。
    私の大好きな俳優です。

    煙草を吸わない私ですが、「ボギーはこんな風に吸ってたな」とか、中折れ帽の被り方とか、私自身かなりボギーに惹かれています。

    第1回の今日は、事実上彼の初めての主演作「ハイ・シエラ」です。

    長年、悪役俳優としての地位に甘んじていたボガートでしたが、ひょんなことからこの映画の主演を打診されます。
    この映画の主人公は強盗ロイ・アール。実在の強盗をモデルにしたとのことですが、無名のボガートは悪役でないと主役になれませんでした。

    悪役を多く演じてきたボガートにとってはアール役は見事にハマります。

    ラストシーンでの壮絶な最期は見る者に大きなインパクトを与えました。

    この映画の成功をきっかけに、ボギーはスターダムの地位を歩み始めます。

    この時ボギーは40歳でした。
    うりぼうは39歳、えらい違いやな。

    思い出のオールディーズ
    HEY PAULA(ポールとポーラ~1962年)

    懐かしい歌声が聴こえる。
    夜更けのラジオから流れるあのメロディー。
    若い日の自分を思い出しながらふと、口ずさむ。

    皆さん、こんばんは。思い出のオールディーズ、パーソナリティの吉本修治です。

    今日紹介する曲は1962年の作品で、ポールとポーラの「ヘイ・ポーラ」。

    翌年2月に全米1位を記録したヒット曲です。
    我が国でも田辺靖雄&梓みちよのナンバーでデュエット曲の定番として大変有名です。

    ポールことレイ・ヒルデブランドとポーラことジル・ジャクソンのデュエットソングですが、当時のレイは大学生。ジルに誘われるがままにレコードデビューしたのですが、自身の大ヒットとは裏腹に静かな人生を過ごしたい、と考えた彼は、次の曲「けんかでデート(歌詞の内容が「ヘイ・ポーラ」の続きです)」を最後に表舞台から去りました。

    私が初めてこの曲を聴いたのが高校生のとき。
    某歌番組でしたが、綺麗なハーモニーにすっかり虜になりました。

    それでは、お聴き下さい。


    ヘイ・ポーラ

    グアム紀行(最終回)
    さらばグアムよ

    楽しかった旅行も終わり。

    最終日は日本に帰るだけです。

    午前5時の空港は日本へ帰る観光客でごった返していました。
    95%ぐらいが日本人じゃないのか、そんな感じでした。

    我々の乗った飛行機はいざ岡山空港へ。
    定刻より少し遅れましたが無事到着。

    入国審査は成田や関空とは比べ物にならないぐらいあっと言う間に終了。
    こりゃ楽だわ。

    空港を出たとき、岡山駅行きバス乗り場にスーツ姿のサラリーマンの長蛇の列。
    私たちは現実に引き戻されました。
    そうです、今日は月曜日なんです。
    朝一の東京便の乗客たちだったんですね。

    帰りは途中、香川県でうどんを食べてゆっくり高知へ。

    こうして、3泊4日の楽しい旅は完結しました。

    しばらく海外旅行の予定はないのですが、ANA、JALともにマイルがかなりたまってきたのでまた特典航空券で出かけようと思っています。
    東南アジアかヨーロッパか、はたまた北米か。
    それは私にも分かりません。

    ではでは。

    グアム紀行その5
    アクアウォーク

    結婚式から一夜明け、グアム紀行も佳境に入ってきました。

    7月4日、マリンスポーツを楽しむ日です。

    うりぼうって自他共に認める海の似合わない男、水着姿が想像できないでしょ?
    誰?明治時代の縞水着を想像した人?

    普通の格好ですよ。でも、とても写真で見せられる体じゃないのでカットします(笑)。

    常夏のグアムでまずはシュノーケリング。
    以前沖縄で経験がありますが、グアムって遠浅なんですね。
    途中で何度か足がつきました。

    でっかいナマコもあったり、綺麗な眺めでした。

    そして、アクアウォークへ。
    これは大きなヘルメットをかぶって水中に潜り、海底を散歩するもの。
    ヘルメットには常時酸素が送られるので泳げない人でも大丈夫です。

    海底から眺めるあまたの魚群。綺麗でしたね。
    餌に食らいつく光景もなかなか面白かったです。

    午後にはホテルのプールで楽しみましたが、やっぱり海がいいですね。

    夕食はチャモロ料理を楽しみながら最後の夜を満喫。

    明日は最終回です。

    グアム紀行その4
    恋人岬にて

    久し振りのカキコです。

    本当にお待たせしましたm(__)m

    今回、私がグアムへ行った最大の理由、同業者の結婚式に出席するためです。
    いよいよ、そのイベントが始まろうとしています。

    この日の私は真っ赤なアロハシャツ。
    メイド・イン・ジャパンですが、雰囲気を出すために着ました。
    おそらく日本では着られないでしょうね。

    私達の行き先は恋人岬のエンジェル・チャペル
    タクシーに乗り、先乗りしている新郎新婦の下に向かいました。

    恋人岬は中心地タモンから少し北に行ったところで、その昔のスペイン統治時代、スペイン人総督から求婚されたチャモロ人の美しい一人の娘が、同じチャモロ人の恋人と離れたくない一心で互いの髪を結び合い、海に身を投げた、という悲恋伝説の舞台となったところです。

    今はグアムの結婚スポットで、多くの日本人がここで挙式されています。


    やがて式が始まり、綺麗に着飾った新郎新婦が入場してきました。

    私は同行した仲間とともにこの結婚の証人として署名しました。
    ガチガチに緊張している新郎の姿を見て笑っていたのですが、流石にこの時ばかりは私もガチガチ。

    厳粛な式というのは独特の空気があります。

    言葉では上手く言い表せないのですが、素敵な新郎新婦を見させていただきました。

    あの幸せそうな二人の笑顔、いつまでも見せてくださいね


    この後はリムジンカーに乗ってディナータイム。
    舌鼓を打ちました。

    あれから4ヶ月たちましたが、楽しい思い出として今なお強く心に残っています。


    末永くお幸せに

    司福会
    2回目の大会

    今日は司法書士と社会福祉士による「司福会」が開催されました。

    昨年から開催された大会、今年は約40名の参加者によるシンポジウムでした。

    東京帰りの私は本当に慌しいスケジュールで参加しましたが、3時間強の大会とその後の懇親会と、参加しました。

    昨年度はこれからよろしくお願いします、という色彩が強く、まだどこかぎこちなさがありましたが、今年は顔を知った者が多くなり、終始和やかなムードでした。

    県外でもほとんどないと思われる司法書士と社会福祉士との交流。
    2回目でしたが、つながりは一層強固になった、みんなそう思ったことでしょう。

    来年11月5日に第3回大会が開催されることが決定しました。

    アクシデント
    欠航

    1年に1度の割合で遭遇するアクシデント、飛行機欠航。
    今朝遭遇しました。

    定刻の7時40分になってもちっとも呼び出しがなくおかしいな、と思っていたら欠航のアナウンス。
    何でも計器が異常を来たし、復旧の目処が立たなかったのこと。

    おいおい、。おかげで昼からの会議に遅刻です。

    高知空港で3時間近く待たされるのは苦痛以外の何者でもありません。

    四国で唯一ラウンジのない空港、これってどうよ、って思いますが、龍馬伝も佳境に入った今、今更作る理由もないかな。

    明日も朝一で飛行機に乗りますが、ちゃんと飛んでよ~

    大川村にて
    謝肉祭

    昨日は高知県青年司法書士協議会のメンバーで土佐郡大川村の謝肉祭に参加して来ました。

    大川村へ行くのは実は今回が初めて。
    隣の土佐町には何度も行っており、そこからはさほど遠くないだろう、と思っていたのですが…

    なんと、会場は本当に山奥。土佐町から1時間近くかかりました。

    聞くと会場には約1500名の参加者がいるとか。
    大川村の人口が約500人(高知県最少)なので村の人口の3倍が集結した計算になります。

    大川村にとって年に一度の大イベント、ということがよく分かります。
    煙が目にしみて涙が出ましたが、ここで食べる焼肉もなかなかいいものです。

    途中の光景も自然豊かな大川村。
    天気にも恵まれてとっても楽しかったです。

    夏は高岡郡中土佐町、今回は大川村と多くの司法書士が郊外に訪れています。
    経済の一助になればと祈りつつ、あっという間の謝肉祭を終えました。

    今日は平常業務デーでした。



    ワールドシリーズ
    ライバルの優勝

    アメリカ大リーグのワールドシリーズはサンフランシスコ・ジャイアンツが初出場のテキサス・レンジャースを破って56年ぶりのチャンピオンに輝いたとのニュースがありました。

    1958年、ロサンゼルス・ドジャースと同じ年にニューヨークからカリフォルニア州へ本拠地を移転してからは初の栄冠です。
    何せ、56年前と言えば、あのウィリー・メイズの好プレー「ザ・キャッチ」があった年ですからね。
    ジャイアンツファンにとっては本当に待ち遠しい優勝だったでしょう。

    おめでとう、と言いたいところですが、それがいえないのがドジャースファン心理。

    ドジャースVSジャイアンツは日本で言えば阪神VS巨人戦に相当するカード。ニューヨーク・ヤンキースを破るよりもジャイアンツを破ることが大事、それがドジャースファンというものです。

    ナショナル・リーグ西地区5球団のうち、1990年以降にシリーズ出場がないのはドジャースだけ。
    なんか淋しいなぁ。
    確かに1988年にチャンピオンになっているけど、今ほど大リーグが身近じゃなかったので「そういえば優勝したな。」ぐらいの認識しかないんですよ。

    名将ジョー・トーリでも出来なかったドジャースのシリーズ優勝。
    いつ見られるのかな~。



    二日続けて
    バタンキュウ

    ここんとこブログがご無沙汰だったのは晩方懇親会に出て帰宅後ダウンすることが多かったためです。

    どちらかというと下戸の私は飲み会でもすぐに酔っ払うのですが、自分の体の関係上、ビールは乾杯程度で、その他の酒類を飲むようにしています。

    焼酎水割りなら良いのですが、日本酒が多い時もあります。
    お猪口でチョビチョビといいながらも気がつきゃ結構飲んでて、帰る時にはう~ってなることもしばしばです。

    二日続けて帰宅後風呂に入らず布団に直行。
    翌朝にシャワーという日が続きました。

    いかんですよ。

    心地よい眠りと目覚めにはほど遠いですな。

    帰宅後水を飲まんからいかんのです。
    健康第一ですね。




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。