~うりぼうの独り言~
HPなんて面倒くさい、ブログなんて誰も読まないから書かない、って言っていた私がとうとう始めちゃいました。


プロフィール

uribou

Author:uribou
FC2ブログへようこそ!



リンク

  • 吉本修治司法書士行政書士事務所

  • このブログをリンクに追加する



    カレンダー(月別)

    06 ≪│2010/07│≫ 08
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    QRコード

    QRコード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    月末事件簿
    一瞬冷や汗が

    今日は大安ではなかったのですが、月末ということでしょうか、不動産取引が2件ありました。
    最初の取引は抵当権抹消も設定もない単純なケースでしたが、2件目が住所変更・移転登記・抵当権設定と連件だったのでちょっと大変でした。

    こういう時って、書類のサインをたくさん書いてもらいたい方に早めに来てくれないかなぁ~、なんて思ったりするのですが、実際はなかなか理想どおりにはいかないものです。

    定時の取引開始でした。

    やっとの思いで書類に全部判をもらい、添付書類の確認そして、実行、といくはずでした。

    ところが…

    権利証が一部足りないのですよ(正確には登記識別情報)。
    え~っ。

    全ての取引が事前に必要書類を全て確認できればどうってことないのですが、なかなか当日まで書類を目に出来ないこともあります。そんな時は、お願い、あって、と祈りながら待つのですが。

    いろいろお話をしているうちに、どうも別にしまってある書類があるからその中にあるかもしれない、ということでしばし銀行内で待機。
    この間、というのが嫌なんですよ。

    買主さんには私が物凄く困っているという表情を悟られてはいけないし、かといって決済はストップしたままですし…。

    お客さんが戻ってきて登記識別情報を確認した時は一気に疲れが出ました。

    もう、今日はヘトヘトです。

    明日に備えて今夜は早目に休みます。

    では。
    スポンサーサイト

    猛暑
    玉のように出る汗

    昨夜の大雨から打って変わって今日は猛暑。

    愛車(自転車)に乗って高知市内のあちこちを回ってみましたが…

    運転中は風が当たって爽快なんですが止まってお客さんのところへ行ったら見る見る汗が。
    拭いても拭いても止まらな~い。

    私って汗をかかないキャラと思われていますが、実際はかいてます。
    もうへとへと。事務所へ帰ってきて麦茶と水をゴクゴク。

    運動不足を指摘されている私にとってはこういう自転車での移動をやらないといけないのです。

    少しはお腹ひっこんだかな。

    雨がざぁざぁ
    淋しいバイセコー

    昨日の自転車ネタ、意外と反応ありでビックリでした。

    ところが生憎今日は雨模様。
    自転車で外出、というわけにはまいりませんでした。

    今日はバタバタしていたわけではないのですが、なかなか思うように仕事が片付かなくて妙に疲れます。

    このブログを書いたら家に帰ります。

    ないと不便
    自転車購入

    札幌での2泊3日の出張と、昨日の宴会でブログ更新がしばらく止まっておりました。

    今夜から再開です。

    もう1か月以上も前のことですが、自転車泥棒に遭ってしまって、近場へ行く交通手段がなくて不便さを感じていました。
    自転車には名前も書いていたので、乗り続けることは出来ないし、すぐに見つかるやろ~って楽観視していたのですが、一向に発見されないので、しびれを切らして自転車店に飛んで行きました。

    今までの自転車は3段式でオートライトだったのでこれは最低限備えておいて欲しいな、と思い、あと錆びにくいヤツ、ということで店内をあれこれ見渡し、気に入った一台を購入しました。

    私はテレビを見ないのでよく知らないのですが、志田未来さんがCMしているもの、と言えばお分かりの方多いんじゃないでしょうか。

    新品なので盗まれないようにと、事務所の中に停めております。

    ここは札幌
    雨の大通公園

    宿泊先のホテルでのブログ更新。

    実は結構久しぶりなんじゃないでしょうか?

    ノートパソコンを持たずに行ったり、書く時間がなかったりで。

    出張前に事務処理をするものの、移動中は何もできないことから結構未処理ファイルがたまってます。
    お見せできないぐらい(汗)。

    そんな中、飛行機乗り継いで北上してここ札幌にやってきたわけです。

    大暑日の今日でも高知より10度近くも低いので過ごしやすいですよ。

    明日、明後日と会議です。

    今日は早めに休みます。

    プレイバック1989
    激動の一年

    今日のニュースでルーマニアのニコラエ・チャウシェスク元大統領の遺体のDNA鑑定を行なう、とありました。

    1989年のクリスマスに起きた現大統領の銃殺刑。死体の映像も公開され、当時高校三年生で受験勉強真っ只中の私は大変な衝撃を受けました。

    この1989年は世界各地で印象的な事件がたくさん起こっています。
    下記に列挙しますね。みんな同じ年の事件です。

    1月 7日 昭和天皇崩御
    6月 4日 天安門事件
    6月18日 ビルマがミャンマーと改称
    10月23日 ハンガリー共和国誕生(独裁政治終結)
    11月10日 ベルリンの壁崩壊
    12月 3日 マルタ会談
    12月25日 チャウシェスク処刑

    あと国内のちょっとした事件は
    2月13日 リクルート事件
    3月29日 女子高生コンクリート詰め殺人事件
    4月 1日 消費税導入
    6月24日 美空ひばり死去
    8月 7日 東京埼玉連続幼女誘拐殺人事件自供
    11月 4日 坂本堤弁護士一家殺人事件

    こうして振り返ってみると、正に激動の一年でした。


    ドリフネタ
    月月火水木金金

    今日はうちのブログをよく訪れてくれている進藤裕介君のブログから。

    今日の仕事は電話がよく鳴り、しかもその一本の電話がみんな長電話でホント、疲れた一日でした。
    休日もない状態のとき、「月月火水木金金」という言葉が使われます。
    元々は海軍で使われていた言葉のようですが、後に軍歌のタイトルになりました。

    で、この「月月火水木金金」という歌の替え歌が、ドリフターズの名物番組「ドリフ大爆笑」の初代オープニングソングだったんですね。
    ドリフ大爆笑といえば、「隣組」の替え歌が大変有名なのですが、これは2代目ということはあまり知られていないようです。

    ドリフターズは替え歌を発表するのが得意で、①民謡②軍歌③外国唱歌のパターンに分類されます。
    代表的なものを挙げると、
    ①「ドリフ音頭(北海盆唄)」「のってる音頭(秋田音頭)」
    ②「ズンドコ節」「ほんとにほんとにご苦労さん(軍隊小唄)」
    ③「誰かさんと誰かさん(故郷の空)」「ドリフのバイのバイのバイ(ジョージア行進曲)」

    今日のはマニアねたですな~

    でも、書き出したら止まらないので今日はこのぐらいで。



    ドジャース名投手列伝
    オーレル・ハーシュハイザー~ドクターゼロ

    中日ドラゴンズがプロ野球新記録の5試合連続完封勝利を達成したのにちなんで。

    1988年9月23日のサンディエゴ・パドレスVSロサンゼルス・ドジャース戦。
    ドジャースの地区優勝が決まった後の消化試合でしたが、観客席は異様な興奮に包まれていました。

    ドジャースの先発投手、ハーシュハイザーはこれまで49回連続無失点で記録を継続中でした。
    当時の大リーグ記録はドン・ドライスデールが1968年に樹立した58回3分の2。
    観客席にはそのドライスデールの姿がありました。
    ハーシュハイザーが9回を完封しても58回止まりですが、もし0対0で延長にもつれこめば…。

    そんなこと現実にはありえない、マウンド上のハーシュハイザーは考えていました。

    しかし、試合は両軍無得点のまま9回が終了し、場内の熱狂は一層高まりました。

    10回表、ドジャースは無得点。そしてその裏のパドレスの攻撃。
    パドレスファンですら、この回のサヨナラ勝ちを望んでいませんでした。

    このプレッシャーのかかる中、ハーシュハイザーは見事無失点で切り抜け、大リーグ新記録の59回連続無失点を達成しました。

    1968年、ドライスデールが56年ぶりに記録を塗り替えた時、記者から「この記録は破られると思うか」との質問を受けました。
    「難しい質問ですね。でも、もし記録が更新された時に私がまだ元気だったら、真っ先にその投手の下へ行って祝福したいです。」と答えました。

    マウンドをゆっくり降りたハーシュハイザーに真っ先に抱擁し、祝福したのがこのドライスデールでした。

    この年のハーシュハイザーは23勝8敗、防御率2.26という素晴らしい数字を残しました。
    そして、ワールドシリーズのMVPにも輝きました。

    1983年から2000年までの18年の現役生活のうち大半をドジャースで過ごしました。

    通算204勝、2014奪三振、防御率3.48という成績を残しています。

    思い出のオールディーズ
    A LOVER’S CONCERTO(1965年)

    懐かしい歌声が聴こえる。
    夜更けのラジオから流れるあのメロディー。
    若い日の自分を思い出しながらふと、口ずさむ。

    皆さん、こんばんは。思い出のオールディーズ、パーソナリティの吉本修治です。

    今日紹介する曲は1965年の作品で、ザ・トイズの「ラヴァーズ・コンチェルト」。

    J.S.バッハ(最近、違うということが分かったらしいのですが)の名曲「メヌエット」を4拍子にアレンジし、ポップス調にしたものがこの曲です。

    全米2位に輝きました。

    日本ではサラ・ヴォーンやダイアナ・ロス&シュープリームスのカバーの方が知られています。

    私は幼少時代、テレビCMのBGMとして(たぶん日本政府が制作した排ガス規制をうたったもので、高速道路のシーンがありました)使われたことでこの曲を知りました。
    かなり前から知っていた曲ということですね。

    中学校の音楽の教科書でもメヌエットとともに紹介されております。

    ご興味のある方は両方聴き比べてみてください。

    ラヴァーズ・コンチェルト

    レクリエーション
    灼熱の久礼

    昨日今日と高知県司法書士会のレクリエーションがあり、会員及びその家族等20名ほどで高岡郡中土佐町に行ってきました。

    舟釣りを楽しむAグループと、ひたすらハイキングのBグループの2班に分かれての行動でした。
    メタボ予防の私はBグループに参加。

    須崎市安和から中土佐町の黒潮本陣まで10キロ弱を歩く予定でしたが、なんと、この道路は落石の為昨年から通行止めになっているのです!

    急遽予定を変更し、中土佐町小鎌田の浜から側から当該県道の通行止めの区間まで歩き、そこからまたバックして黒潮本陣に向かうコースに変更となりました。

    途中休憩をしながらでしたが、名勝双名島を訪れたり、長時間の散歩に一行は見る見る日焼け。
    私の両腕、顔面、両足、いずれも物凄い日焼けの痕です。
    今も両腕が熱を帯びており、ちくちく痛いです。

    週明けに私を見たら、皆さん、ビックリするでしょうね。

    たけざきのおむすびと卵焼き、風工房のソフトクリームと、高知県の地産地消に皆で貢献し、目的地黒潮本陣へ。
    2万歩近く歩きました。

    早速温泉で汗を流し、その後夕食。Aグループはグルメコースだったらしく、既に満腹状態だったとか。
    でも、Bグループ、とっても楽しかったですよ!

    その後、日が変わるまで皆と団欒しながら就寝し、今朝はタタキに舌鼓、大正町市場を訪れました。

    ゆったりと時間が流れた二日間。
    参加者は皆、満足していました。
    また来年、久礼でいいんじゃない?そんな感じでした。

    実際、私も今回のレクリエーションまでは、中土佐町といえば、中村や窪川からの帰りに風工房に寄るぐらいでしたから、ここまで町内観光を楽しんだのは初めてだったんです。

    明日が休みなのはいいですね。
    今夜もぐっすり眠れます♪

    終日会議
    日帰り東京

    今日は金曜日という平日なのに、私は終日事務所に不在。

    午前9時30分からの会議に出席するために朝一の飛行機に乗りました。

    ただ、羽田空港から四谷の日本司法書士会館まではジャスト1時間かかるので少し遅刻です。
    昨日も夜8時30分まで会議をしていたので今朝飛び立つより外なかったんですね。

    午前11時30分に午前の会議が終了し、休憩を挟んで午後1時から午後5時まで。

    まぁ、司法書士って会議が好き(?)なんですね~

    午後からの会議でこのブログで相互リンクさせてもらっている岐阜県の小司さんと久し振りにお会いしました。

    ブログではしょっちゅう拝見させてもらっているんですが、不思議な感じです。

    会議が終わって羽田空港にとんぼ返り。
    なんと、到着機が遅れて出発が45分遅れの19時50分!
    勘弁してくれ~

    JALのサクララウンジで時間を潰しました。
    でもこのラウンジ、ビジネスマンでごった返して空席を見つけるのも一苦労。
    カードラウンジの方が空いているんじゃないのかなぁ、という感じでした。

    明日は仕事ではありませんが午前8時45分に集合命令が出ているので寝坊ができません。
    ヘナヘナ~

    香港紀行(最終回)
    さよなら三角またきて四角

    香港の夜景を見た私は、もう思い残すことはありませんでした。

    あとは帰路につくだけ。

    ケーブルカーに乗り込み、路線バスでフェリー乗り場まで行き、再びスターフェリーへ。
    この船から眺める夜景もまた乙なものです。

    午後9時までには戻る、と伝えてホテルに荷物を預ってもらっていましたが、10分程度オーバーしました。
    それでも、「もうちょっとビクトリアピークにいても良かったかな。」と思えるものでした。

    そして、空港バスに乗り込みました。今度は終点まで安心して乗れるので2階席へ。

    足が疲れきっていた私は、空港に着いても土産物コーナーには目もくれず、ラウンジで一休み。
    この時、痛みをこらえながら歩いていました。

    そして午前0時25分発の羽田行きに乗って香港とおさらば。

    正味1.5日(34時間)の香港滞在でした。
    しかし、後で振り返ってみると、この短い時間によくあれだけ回れたな、という感じです。

    まだまだ行き足りないところがあります。香港は元気な街。また来いよ、と誘ってくれているみたいでした。

    ええ、また行きますとも。

    かくしてうりぼうの香港紀行は無事に終わったのでありました。
    めでたし、めでたし。

    ケーブルカー
    ピーク・トラム

    セントジョンズ教会を通り過ぎてやってきたのはピーク・トラム乗り場。

    香港百万ドルの夜景を見るためであります。
    夜景時は混むからと早めに来たつもりでしたが、長蛇の列にうんざり。
    こういう時って、一人旅は辛いんですよね。
    後で分かったのですが、交通手段は電車だけではなく、バスでの移動も可で、こちらの方が待ち時間も少なく、早いんです。
    でもまぁ、このケーブルカー、結果的には乗って良かったです。

    急勾配の坂道を登るのですが、その最大角度が27度。10メートル進んで5メートル上がるのが30度なのでその凄さがお分かりいただけると思います。
    この27度という角度、体感するともっと急に感じられます。
    窓の外を見ていましたが、45度のように感じられるんです。
    それは凄かったですよ。
    活字では伝わらないですけど(汗)。

    電車を降りて、ピークタワーに登りました。土産物店で買物をしているうちに辺りは薄暗くなってきました。

    目の前には香港百万ドルの夜景が広がっています。

    もちろん、写真も撮りました。
    でも、この光景は実際に、皆さんの目でご覧になってください。
    ただ、観光客の多さには圧倒されますがね。

    私の香港旅行もそろそろ終わりを告げようとしていました。

    香港島めぐり
    風に吹かれて

    北角駅からトラムに乗って再び銅鑼灣に戻って来ました。

    トラムの運賃はわずか2ドル(約25円)。ビックリする値段です。
    私はずっと2階席に座っていました。
    ノロノロ運転でもさわやかな風が頬に伝ってきました。

    電車を降りた私は許留山という香港スイーツの有名店を訪れました。
    22ドルでマンゴージュースを飲みました。
    物凄く甘かったですヨ。
    本当は椅子に座って休憩したかったのですが、店内はとても男が一人入れるような感じではありませんでした。

    ジュースを飲み干した後は、MTRに乗って上環へ。
    ウェスタンマーケットを訪れたのですが、私の疲労がかなり進んでいたこともあって、あまり印象に残っていません。
    一人歩きも程々にしないといけないですね。
    近くの公園で長めの休憩(と言っても30分もなかったですが)をとって再度トラムへ。

    地下で見えなかった街並みをゆっくり見物しながら中環駅付近まで。

    夜景を見に行くためにケーブルカー乗り場へ向かいました。


    続く



    英国植民地
    大英帝国の足跡

    名古屋だぎゃ~

    あ、間違えた。

    金曜から名古屋に行っており、ブログ更新ができず、申し訳ありませんでした。
    本日から復活です。

    香港紀行、再開しましょう。

    香港を歩いていると、イギリスを意識することがよくあります。
    道路は左側通行(中国本土は右側通行)ですし、喫茶店では紅茶をよく飲みます。
    先日紹介した路面電車、「トラム」という言い方はイギリス英語です。
    米語を学習した私は「ストリートカー」でしたから。

    デパートやホテルでの表記。
    1階は「グランド・フロアー」です。2階が「ファースト・フロアー」。
    米語で考えると間違いやすいですね。

    建物もイギリス色の強い香港ですが、通貨はドル。何でポンドじゃないの?
    スッゴク不思議でした。

    実は大英帝国はその昔、本国通貨をポンド、植民地通貨をドル、って区別していたそうです。
    そのため、香港をはじめ、米国やオーストラリア、ニュージーランド、シンガポールでドルが使われたわけです。
    つまり「ドル=米国通貨」ではなく、「ドル=英国植民地通貨」なんです。
    (エジプトはポンドじゃん、ってつっこまないで。うりぼう、そこまで知らない、知らない!)
    米ドル基準で考えたから混乱したんですよね。

    ちょっと一つ、勉強になりました。

    THIS IS HONG KONG
    春秧街

    銅鑼灣での散策が一通り終わった私は電停に向かいました。

    どうしても二階建て電車に乗りたかったんですね。

    香港島にしか走っていない路面電車、トラム。
    土佐電鉄と同じ1904年に開通したものです。
    総延長13キロですから、上町五丁目~後免間とほぼ同じですね。

    トラム

    香港映画をテレビで見たとき、よく見かけますよね。
    で、なぜか香港映画がテレビ上映されるとき、フィルムを圧縮するため、人物の顔が皆面長になって笑えますよね…。
    あ、この話若い世代には分からないかしら。

    閑話休題、私の乗った電車の行き先は北角(NORTH POINT)。
    お目当ての地がありましたので。

    終点に近付いた時、満員だった乗客の9割が降りる電停がありました。
    それが春秧街。

    春秧街

    土佐電鉄曙町付近のように狭い路地があって、そこに露店が連なっていて、人々でごったがえしています。
    電車が警笛を鳴らしてもお構いなしの人の往来。
    そして、高層アパートを見上げれば無数の洗濯物が干されています。
    上の写真は路面電車の2階席から撮影したものですが、香港を象徴する光景、皆さんに伝わっていますでしょうか。


    ただいま
    旅行ラッシュ

    こんばんは、うりぼうは無事戻ってまいりました。

    帰国後2週間余り、香港紀行もまだ途中の段階でしたが、再度海外に行ってきたんですよ!

    うりぼうって暇なの?って思われるかもしれませんが、決してそんなことないですよ。
    余暇を何とか作って詰め込んでる、みたいな感じです。

    で、今回の行き先は、日本から3時間30分で行けるアメリカ。
    と言ったら分かるでしょうか。

    はい、行き先はグアム島です。

    バカンスを楽しんでまいりました。

    本来ならば、グアム紀行を紹介するところですが、香港紀行もまだまだ続きがありますのでしばしお待ちを。

    紀行文を小出しにするうりぼうならではです。

    また香港紀行を再開しますね(今日書けよ、ってつっこまないでね。)

    お知らせ
    しばらくお休み

    香港紀行がまだ途中ですが、明日からしばらくブログをお休みします。

    ちょっと待っててくださいね。




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。