~うりぼうの独り言~
HPなんて面倒くさい、ブログなんて誰も読まないから書かない、って言っていた私がとうとう始めちゃいました。


プロフィール

uribou

Author:uribou
FC2ブログへようこそ!



リンク

  • 吉本修治司法書士行政書士事務所

  • このブログをリンクに追加する



    カレンダー(月別)

    09 ≪│2009/10│≫ 11
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    QRコード

    QRコード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    長丁場
    3時間の会議

    昨日は午前中に香美市に出かけ、午後は講義に出かけ、事務所にはあまりいませんでした。

    そして、午後7時から会議です。
    高知県司法書士会の法教育委員会に所属していますが、その活動で専門学校に講義に行くので委員皆でリハーサルを行ったんです。

    本番さながらの緊張感を持ちながら問題点を指摘しあいながら皆真剣な表情で進めていました。

    かくして終了したのが午後10時を大きく回っていました。

    今までこんなに遅くまで会議をしたことはありません。
    でも、あっという間の3時間という感じでした。

    2週間後に本番を迎えます。

    頑張っていきましょう。
    スポンサーサイト

    体力消耗
    咳の影響かな

    思うように体調が優れません。
    決して無理なペースではしていないとは思うのですが。

    咳が出ると体力を消耗するようです。

    明日申請の抵当権設定申請書類が完成したので今日は帰ります。

    皆さんもお大事に。

    50年前の権利証
    ああ、よかった

    今日夕方、抵当権設定登記申請の為お客さんのところに権利証を預りに行ってきました。

    山間の一軒家で、ご主人が出迎えてくれました。
    いろいろとお話をしましたが、肝心の土地の権利証が見つかりません。
    銀行には見積書を提出した後だったので本人確認資料作成報酬は諦めないといけないのかなぁ、と漠然と思っておりました。
    何しろ、権利証の日付が50年前ですから紛失したのかもしれない、ということが頭をよぎったのです。
    免許証を近くのスーパーでコピー取りに行ってもらい、奥様にはさらに探してもらうように頼みました。
    「10年前の登記申請時には確かにあったのに。」

    しかし、お目当ての物は見つかりませんでした。

    気を取り直してご主人の案内でご子息さんのところへ建物の権利証を受け取りに出向きました。

    ご子息さんから建物権利証を預った際、
    「これが権利証ですか?」ときかれたのですが、
    「いえ、これは土地の分筆登記済証で権利証ではありません。」
    と回答し、仕方なく帰ろうとしたその時です。

    「もしかして、これって?」
    ご子息さんの差し出した書類を見て希望が湧いてきました。
    表紙を開くと、昭和時代に多用されていた紙が出てきました。
    50年前の受付番号が書かれていました。

    ご主人さんの記憶は間違っていなかったのです。

    これで無事登記申請ができます。

    本当によかった。

    事務所に戻って再度眺めてみると売渡証書には「高知司法書士会(現在は高知県司法書士会が正式名称です)」の文字があり、欄外には作成した司法書士の記名押印があり、何とこの書類の作成報酬金額までもが記載されていました。ちなみに当時のレートで240円となっております。今なら4,800円ですかね。

    歴史的資料に見とれてた夜でした。

    咳き込む一日
    しんどいなぁ

    出張の疲れでしょうか、今日は咳が止まりませんでした。

    もっとも、ずっと黙っている間は何も症状が起きず、口を開くと、咳が出る、といった感じです。

    今日電話でお話された方は随分と驚かれたと思います。
    ただ、別に喉が痛いわけでも熱っぽいわけでもありません。
    ただ、口を開くと…というだけなのです。

    とはいえ、今日はもう休みます。

    札幌二人旅
    旅とは言わないかな

    久々のブログ更新です。

    毎度恒例の羽田空港での書き込み、今回は札幌からの帰りの途中です。

    全青司代表者会議が札幌で開催され、金曜の午後から出かけておりました。

    少し風邪気味ということもあったのですが、やはり北国、寒かったです~。

    札幌は2年ぶりだと思うのですが、今回は満喫と言うわけにはいかなかったですね。
    報告事項があって、それに対する質問攻めにあって(予想はしていましたが)相当疲労しました。

    でも、これはまだまだ序の口だと思います。
    これからがさらにしんどくなるでしょう。

    そんな疲れを回復するため今日はこのあとまっすぐ家に帰って疲れを取ります。
    明日は取引もあるので頑張らなくちゃ!

    つまらん
    やっぱりなぁ

    お昼過ぎに飛び込んだスポーツニュース。

    大リーグのナショナル・リーグ優勝決定戦、フィラデルフィア・フィリーズが勝利。
    これでわがロサンゼルス・ドジャースは2年連続同じ相手に敗戦。
    無念、リベンジならず、です。

    でもまぁ、正直力の差を見せ付けられました。
    第3戦の黒田博樹のノックアウト、第4戦の逆転サヨナラ負け。
    今日の敗戦は筋書きが出来上がっていました。

    はぁ~、つまらん。

    また、ワールド・シリーズの楽しみがなくなりました。

    55年前、ブルックリンの人々は今の私と同じ様な溜息をついていたのかもしれません。

    来年は初チャンピオンから55年の節目の年なんでドジャース頑張ってよ!

    「来年があるさ」

    今日は仏滅
    いいことなかったなぁ

    いつもより早起きして早めに事務所に行こうと意気込んだのですが、事務所到着時刻がいつもより少し早くなっただけであんまり恩恵ナシ。

    大リーグもドジャースがボロ負けして(敗戦投手:黒田博樹)面白くなかったし、パンク自転車をえっちらおっちらついていったし、気分的によくなかったです。

    そんな今日、同業から届いた一通のメール。

    司法書士の脱税を報じるニュースでした。

    今年初めにも東京で脱税事件があったのですが、また今度もか、という感じです。
    これじゃ、また司法書士が世間から白い眼で見られる…。
    ほとんどの司法書士は真面目に執務されています。
    なんて哀しいニュースなんでしょう。
    こんなニュースは早くなくなって欲しいです。


    年に一度の
    校友会定時総会

    箱根駅伝予選会が行われた昨日、高知市の三翠園で青山学院大学校友会高知県支部総会が開催されました。

    私は準備係として午後4時頃から会場入りして準備にとりかかりました。

    午後5時半から開始。
    会場には続々と参加者がやってきて、最終的には52名の参加となりました。
    校友会定時総会で参加者が50名を超えたのは史上初です。

    箱根駅伝出場に沸きあがった会場は終始和やかムードでした。

    ちなみに青山学院大学出身者としては岡誠也高知市長が挙げられます。
    その他、尾正直高知県知事の奥様、藤戸謙吾高知新聞社社長、永国淳哉日米学院委員長らがおります。

    総会では毎年ビンゴ大会が行われます。ほぼ半数の方に当たるように準備していますが、景品準備係の私は未だかつて当ったことがありません。毎年必ず当たる方もいるというのに…トホホ。
    来年こそは当たりたい。

    20年目の再会
    あの日に帰りたい

    昨日、高齢者虐待問題に取り組む会議に参加してきました。
    市の担当職員が直面した難問を紹介し、弁護士・司法書士・社会福祉士・ケアマネージャーのメンバーが意見交換を行うものです。

    会議場へ着いて自分の席に腰掛けました。
    四角形に囲んだ形で全部で15名というこじんまりした会議です。
    会議が始まる少し前、一人の女性と視線が合い、向こうが笑顔で私に会釈をしました。

    「あれ?どっかで会ったことあったかな?でも見覚えある顔だなぁ…?」
    出席者名簿を見てピンと来ました。
    そうか、結婚してこの苗字になったんだ。

    「こんにちは、お久し振りです~。」

    何と、会議に出席していた市の職員の女性は高校の同級生だったんですよ~

    電話ではお話した事はありましたが、会うのは高校卒業してからはたぶん初めて。
    凄い偶然だね~、とは話しましたが、彼女は司法書士は私が参加するという情報を逸早くキャッチしていて今日会えること分かっていたみたいなんですね~。

    男の同級生はなんともないのですが、女性だととても照れますね。

    20年経っても彼女の可愛らしさは変わっていなかったですね。
    それに引換え、私はお腹が…(汗)。
    20年前のスリムな私に戻りたい~。

    今でこそ、こんな体型ですけど、高校時代はスリムで肌も綺麗だったんですよ~。
    今より15キロぐらい痩せていたかな。

    時間に追われて
    もう一人自分が欲しい

    法テラス相談会に、締め切りに追われた書類の作成、取引先からの雷、夕方からの会議。
    その日の朝の段取りもことごとく打ち消され、瞬く間に時間が過ぎていきます。

    ですが、こういったことは何も私だけに起きている現象ではありません。

    今日夕方の会議で合流したメンバーは時間に追われている方達ばかり。

    現実逃避したくなるのは私だけではないようです。

    皆さんには司法書士の業務はどう映っていますか?

    一生縁のない方もいらっしゃるとは思うのですが、事務所の中は書類が山のようにあります。
    実は私たちの仕事は同業は皆感じていると思いますが、もう一人自分がいればなぁ、と思いたくなる職能です。

    こんな時間になっちゃった。帰りたいなぁ~(魚井の御膳味噌)

    週明けはきつい
    面談3連荘

    麻雀で8連荘は役満ですが、相談業務は3連荘でもヘトヘトになります。

    週明けで午前中は忙しいだろうからと午後から面談を入れていたのですが、
    「この方の話は1時間以内に終わる」と見越した場合、そういう風にギリギリで予定を入れることがあります。

    今回の3連荘は「30分、1時間、30分」と見ていたのですが、ふたを開けてみないと分かりませんね。
    いずれも1時間でした。
    前のお客さんが終わってお引取いただいた辺りに次のお客さんが来られるというものです。
    しかも、今日はすべて初めて事務所に来られる方ばかりでした。

    そういうこともあって午後5時過ぎに最後の面談が終わったのですが、その瞬間どっと疲れが。

    今週は後4日ある上に、明日から全て夜間に会議が入っています。
    なかなか大変だぞ、こりゃ。

    プレーオフ
    やったね、ドジャース!

    昨日のニュースで、ドジャースがカージナルスをストレートで下し、ディヴィジョンシリーズ勝ち抜け!
    いやぁ、よかった、よかった。

    下馬評はどこもカージナルス有利と伝えていましたが、勝負はやってみないと分からないものです。
    やはり、第2戦のエラーが勝負の分かれ目でしたね。

    かつて、1966年のワールドシリーズ第2戦、ドジャースは外野手の3エラーを含む6エラーで自滅し、ストレート負けの屈辱を味わいました。
    短期決戦はちょっとしたミスが致命傷となるのはいつの時代も同じですね。

    昨年はリーグ優勝決定戦でいいところなく敗退したので今年は雪辱して欲しいですね。
    相手は昨年の覇者フィラデルフィア・フィリーズか、同じ西地区のコロラド・ロッキーズか、いずれにしてもドジャースには頑張ってもらいましょう。

    21年ぶりのワールドシリーズ、待ってるよ~!

    あと1勝
    がんばれ、ドジャース!

    海の向こうの大リーグでは、ワールドシリーズを前にした熱戦が繰り広げられています。

    ナショナル・リーグでは、今年大リーグ史上3チーム目の1万勝を達成した我がロサンゼルス・ドジャースが、ディヴィジョン・シリーズでセントルイス・カージナルスと戦っています。
    何と予想外の2連勝で波に乗っています(^^♪

    もともと、プレーオフでのドジャースはカージナルスとは相性が悪く、これまで全敗。
    それは今年は後1勝で勝ち抜けというところまで来ています。

    2試合とも先制されながらの逆転勝ち。特に2戦目は9回二死ランナーなしという場面で、相手チームが平凡なレフトフライをまさかの落球。
    流れが完全に変わってドジャースが逆転サヨナラ勝ちを収めました。

    絶対的なエースを立てながらまさかの逆転負けを喫したカージナルスの意気消沈振りは想像にかたくありません。
    3戦目は一日空いて敵地への乗り込みとなりますが、流れは変わらないでしょう。

    ドジャースの勝利を信じています!



    今日のニュースから
    チャップリンの著作権

    今日、最高裁判所で一つの判決が下されました。

    喜劇王チャップリンの格安DVDを制作した会社がスイスの法人に著作権侵害で訴えられたものです。

    今回の裁判は旧著作権法(昭和46年以前)が適用されたものでした。
    当時の法では著作権者の死後38年間は保護されるということで、チャップリンの死後38年である2015年までは著作権があるとの審判だったわけです。

    これに対し、制作会社は著作権者はユナイテッド・アーティスツ社等にあるとし、公開後33年で消滅(モダン・タイムスは1969年に著作権消滅したことになる)と反論していたということです。

    チャップリンの愛する日本で死後30年経って起こった事件。
    喜劇王はかつては永住を考えた国で今になって自分のことで最高裁まで争われることになるとは想像だにしていなかったでしょう。

    ちなみに私はチャップリンのDVDは一本も持っていません。

    え、それでもファンかって?

    フフフ、朝日新聞社が昭和61年に発売したVHSテープを持っているのですよ。
    今から思うと、ホントに高い買物。

    台風銀座
    18号がそこに

    日中は単なる雨だったのですが、今外で風が吹いています。

    大型台風18号が近付いていますね。
    かなり強い音が聞こえてきます。

    さぁ、今日は早めに帰っておとなしくしておきましょう。
    夜明け時には峠を越えているそうですから。

    コントラバスの調べ
    GONNA SET MY HEART AT EASE

    今日はほぼ半月ぶりにベース教室に行ってきました。
    私のスケジュールもさることながら、先生のスケジュールもなかなか大変なようでして、二人の時間がなかなか合わなかったことも原因です。

    今日から新曲のレッスンですが、この教室に通っている間は誰にも邪魔されない自分が本当にリラックスできる瞬間です
    腕はなかなか上達しないけど、ここでの時間を満喫しています。

    今まで紹介していませんでしたが、ベースの先生がなかなか可愛らしいのですよ(*^_^*)

    この先生と二人っきりで過ごす時間はなかなかいいものですよ(何のこっちゃ)。

    好きこそ者の上手なれとは言いますが、私の腕はもう少し…。

    お後がよろしいようで。

    雨ですね
    冷たき雫

    ♪雨にぬれながら たたずむ人がいる 傘の花が咲く 土曜の昼さがり

    ♪ひとつひとつ 消えてゆく雨の中 見つめるたびに 悲しくなる


    外は雨が降っています。
    台風も近付いています。
    10月に入り、気温もぐんと下がりました。
    私にとっては嫌な季節です。

    冒頭で紹介した「雨」というタイトルの曲、皆さんはどちらの方を思い浮かべますか?

    三善英史の昭和47年の曲か、森高千里の平成2年の曲か。

    私は森高ですよ~

    これからちょっとした会合に出かけます。
    夜露は冷えるのでヤダナ。


    相談会
    今日は真面目に

    今日は高知市にある「ソーレ」で多重債務者相談会に出席しました。

    1日の相談会はスタッフとしてでしたが、今日は相談担当としての参加です。

    少し早めに会場に行ったらすでに相談者が待っておられて、そのまま相談。
    終了も午後4時のはずでしたが、4時ちょうどに来られた方も居てそのまま相談に。

    4名(5人分)の相談を受け、解放されたのは4時半を回っていました。

    全部で25名の相談がありました。
    高知市外からの相談もありました。

    多重債務問題はまだまだ多く残されているのを痛感しました。

    その後、事務所に戻って執務。大体のけりがついたのでブログ書きます。

    そろそろ帰って休むとしますか。

    まったりと
    高知です

    今日は高知にいるうりぼうです。

    本当に久し振りに全く予定のない土曜日を迎えました。
    事務所でまったりと雑用した一日でした。

    昨日は雨の中、高知県青年司法書士協議会の新人歓迎会を催しました。
    新人6名というおそらく史上最多人数であろうと思います。

    当然、私としても頑張らなければ。

    叱咤激励を受け、益々精進しなければ。


    珍野苦沙弥
    法の日相談会

    高知市役所正面玄関で10時から15時まで開催され、約40件の相談がありました。

    運営に携わったものとして無事終わった事にほっとしています。

    しかし、今日は朝からくしゃみと鼻水が止まらない~。
    こんな日に限ってハンカチ忘れるし(>_<)

    しんどいので帰ります。

    バイチャ。


    タイトルは「吾輩は猫である」の猫の飼い主の名前です。
    本文とはあまり関係ありません。




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。