~うりぼうの独り言~
HPなんて面倒くさい、ブログなんて誰も読まないから書かない、って言っていた私がとうとう始めちゃいました。


プロフィール

uribou

Author:uribou
FC2ブログへようこそ!



リンク

  • 吉本修治司法書士行政書士事務所

  • このブログをリンクに追加する



    カレンダー(月別)

    05 ≪│2009/06│≫ 07
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    QRコード

    QRコード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    月末の大安
    オンライン最多記録?

    今日は6月最後の大安という事で私にも珍しく(?)取引がありました。
    そのほかにも住宅ローンの抵当権設定が2件ありました。

    いずれ3件とも連件申請で、トータル申請件数は13件でした。
    全てオンライン申請でした。
    本局が6件、香美支局が7件という内訳です。

    一日のオンライン件数及び香美市に提出した件数では今回が新記録だったのではないでしょうか?
    また、本局の6連件も書類が揃ったのが今朝なのでなかなかハードな一日でした。

    お昼休みもずっと後にずらしたのであっという間に今日は終わりを告げましたね。
    本当に時計を見てビックリです。

    オンライン申請って結構時間がかかるのですよね。
    便利に見えるのですが。
    もっとも、食事を取りながらの申請でしたのでイライラは今日はさほどありませんでした。

    さぁ、明日も頑張りましょう。

    スポンサーサイト

    高知でのブロック会議
    最後の委員会

    この土日は私はずっと高知にいました。

    事務所にろくにいなかった先週とは対照的です。

    中国四国ブロック新人研修実行委員会が高知県司法書士会館で開催されました。
    私は委員は引退しましたが、高知で開催される事もあり、オブザーバーとして参加してきました。

    2日間議論がなされましたが、ここまで時間がかかった委員会は初めてです。
    カリキュラムの大幅変更による調整で物凄く時間を要したためです。

    昨晩は県外の同業者を接待(?)し、今日の午後にはお見送り。
    県外の同業者は私が実行委員を退任したことの実感がないようです。

    次回に岡山で開催されるようですが、もうサヨナラです。


    委員会が長引き、昼食を取る時間がないまま、プチ研修会のスタート。
    実行委員として参加してくださった愛媛県の同業者による悪徳商法被害の実例報告をお話していただきました。

    実際、悪徳商法の被害にほとんど関わった事のない自分にとっては、考えさせられる事がたくさんありました。また、多忙の中講演を快諾してくれた同志にとても感謝しています。

    ひろめ市場で食べた鰹たたき定食はとても美味かったなぁ



    チャップリン映画紹介
    犬の生活(1918年)

    ファースト・ナショナル社に移籍したチャップリンの最初の作品がこれです。
    40分程度の映画ですが、評論家たちからも非常に高い評価を受けている名作です。

    そのタイトルどおり、この映画の主人公は一匹の小犬。
    浮浪者チャーリーとの間に芽生えた友情。
    ラストシーンはほろりとさせられます。

    チャップリンを尊敬してやまないウッちゃんこと内村光良が作ったコント番組のタイトル「笑う犬の生活」はこの映画からきていることは説明不要でしょう。

    また、この映画の共演者にシドニー・チャップリンがいますが、彼はチャーリーの実兄です。
    このファースト・ナショナル時代には数多くの作品で共演しています。

    元々は無声映画だったこの作品も、1959年、チャップリンが曲をつけ、現在はサウンド版として楽しむ事ができます。
    この時のBGMが南国市のプレイランド「巨峰園」のCMで使われたんですよ。

    ミュージシャンの死
    伝説とともに

    「思い出のオールディーズ」でも取り上げた事のある、マイケル・ジャクソンが急死したことは今さら申し上げることもないのですが、一つの時代が終わったかな、という感想を持つのも事実であります。

    私の中学時代に「スリラー」で全世界を虜にし、ムーンウォークなどで「聴かせる音楽」から「魅せる音楽」への革命児たる存在といえるのではないでしょうか。
    間違いなく、1980年代、最も輝いていたミュージシャンでした。

    1990年代以降の奇行ばかりが目立つようになってきましたが、精神的・肉体的にかなり追い詰められていたようですね。
    50歳という短い生涯もこれが影響しているようです。
    ジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリックス、エルヴィス・プレスリー、以前に紹介したフランキー・ライモン…。
    彼らは、薬という魔物によりその命を縮めてしまいました。

    皆が皆、ドラッグに溺れるわけではないのですが、バディー・ホリー、リッチー・ヴァレンス、エディ・コクランのように20歳前後で交通事故で急逝したり、ジョン・レノンのように凶弾に倒れたりで早死にする者も少なくありません。

    彼らの熱いハートとショッキングな死が一つの伝説となって私たちの心に残っていくのでしょう。

    今夜は、前回紹介した「帰ってほしいの」を聴いてジャクソンを哀悼したいと思います。



    調停事件
    長丁場

    今日は久し振りに簡易裁判所へ調停に出かけておりました。

    調停は裁判と違って調停委員が双方の言い分を交互に聞くので訴訟に比べて裁判所で拘束される時間が物凄く長くなります。
    今朝9時40分からの調停でしたが、終了したのは正午を回っていました。

    2時間半近くかかったのにこの場では調停成立はなりませんでした。

    本来歩み寄る制度、互譲の制度である調停ですが、なかなか骨が折れます。
    裁判と違って事実の証明要件が厳しくなく、この点は証拠不十分な時はラクなのですが、全体的には疲労はかなりです。
    調停委員のうち一名は同業者でした。
    2時間半フルに聞き役に徹し、意見調整するというのは実に大変な事ですね。

    私もこれまで同業者の調停委員と4名接してきましたが、同業からのアドバイスという事で役に立つことも多いのです。裁判官とは又違ったアドバイス・指示に勉強させられます。

    長丁場になりますが、調停も事案によっては適しているものもありますね。

    チョンボ
    リーガル総会

    私のHPのプロフィール欄で「成年後見センター・リーガルサポート高知支部長」という記載があります。
    この肩書ももうすぐなくなります。
    昨日の支部総会で私は支部長を退任する事になりました。
    もっとも、副支部長として今後も執行部には残ります。

    このリーガル総会はなぜか執行部からの質問がたくさん出る総会で(いつも直前に役員会を開催しているのに)、いつも予定時刻をオーバーします。

    でも、何とか4年間の支部長としての役目を終え、安堵を感じていました。
    そして、ゆっくりと階段を降り、懇親会場へ向かいました。

    ところがです。

    私は前代未聞の大チョンボをやらかしたのです。
    あまりに恥ずかしくてここでは書けませんが、その日の総会出席者には皆にばれています。

    その晩の出来事は一生言われ続ける事でしょう…。

    今日は今日で午前中は事務所に不在、午後は事務所にいながら思うように仕事が進みませんでした。
    机の上が一向に改善されません(ToT)

    まだまだ残業です(とはいえ、ダラダラやる自分もいかんのですがね)。

    安堵の帰宅
    やっとの高知

    水曜から県外にずっと出ておりましたが、今夜ようやく高知に戻ってきました。

    日司連総会の翌日は全青司役員会で千葉市に行っておりました。
    今日はあいにくの雨。
    連日の会議で疲れも相当たまっていました。

    午後1時前に全て終了、4泊5日の千葉出張はフィナーレを迎えようとしていました。

    会議場近くの海浜幕張駅から羽田空港へバスが運行されており、大きなスーツケースと乗り換えの手間を考え、他の同業者達とバス停に行きました。

    ところが…。
    待てど暮らせどバスが全然来ません。
    行列はどんどん長くなっていきます。
    14時25分のバスが20分遅れでやってきました。

    やっとの思いで乗り込んだものの、次なる追い討ちが…。

    バスは駅から直接空港に向かわず、近辺のホテルを次々に回る上に、道路が大渋滞。
    16時25分の飛行機が心配でなりません。
    バスの中、妙にそわそわしていました。
    「吉本さん、落ち着きいや。」
    笑われてしまいました。

    高速道路に入ったら、ペースが良くなり、15時50分に到着。
    ほっと胸を撫で下ろしました。

    カウンターに行くと、飛行機が20分の遅れ。

    全くの杞憂だったのですよ。

    かくして自宅へ戻ったのが19時30分過ぎ。

    もう流石に何もできません。
    仕事の本格的再開は明日からです。

    さぁ、頑張りましょう。

    歓喜の日司連総会
    この感動を伝えたい

    この18、19日と千葉県浦安市で日本司法書士会連合会総会が開催され、私もオブザーバーとして参加してきました。

    今年は会長選挙の年でしたが、この選挙は総会の一番最初に投票が行われ、総会の一番最後に開票が行われます。

    今回の選挙は現職とわが高知県会の候補者との一騎打ちでした。
    2年前にわずか一票差で敗北し、涙を呑みました。
    苦節2年、その無念を見事晴らし、晴れて会長に就任しました。

    細田長司氏、否、これまでどおり、細田さんと呼ばせていただきます。
    細田さんの会長就任はわが高知県司法書士会のみならず、全国の地方(小規模)単位会の悲願でありました。
    前回の反省を今回に生かし、6割を超える素晴らしい得票率でリベンジを果たしたのです。
    細田さんの人柄、努力が勝利を掴み取りました。

    本当におめでとうございます。

    また、細田さんに投票してくださった162名の代議員の皆様、本当にありがとうございました。
    当選後、私に笑顔で握手してくれた方々、本当にありがとうございました。
    皆さんの笑顔も、本当に素敵でした。
    皆さんの笑顔、忘れません。

    微力ながら自分も貢献できたかな、と自己陶酔させてください。

    得票数が発表された瞬間のあの凄まじい歓声、本当に素晴らしい瞬間に立ち会えました。
    さっきまで傍聴席で私の隣の隣に座っていた方が、今はもう日本司法書士会連合会会長です。
    細田さんと感動の瞬間に握手が出来た、一緒に祝杯を挙げ、一緒のタクシーに乗ったこと、どれも本当に素晴らしいひとときでした。

    あの感動から10時間経ちました。
    この喜びをいつまでも忘れないように、このブログに書きとどめておきます。

    今ホテルの部屋で一人でほろりしちゃいました。
    今夜はいいですよね。


    広島帰り
    睡眠不足

    昨日の午後から今日の午前にかけて広島に行ってました。

    ちょっとした研修会に参加したのですが、午後6時から広島司法書士会館で行われました。

    広島の司法書士会館といえば今年の1月、ブロック新人研修実行委員として行って以来です。
    その時は風邪でダウンしていましたが、今回はなんともなく行けました。

    研修終了後は地元青年司法書士協議会の方たちと懇親会。
    気がつきゃ午前様。
    というわけでブログも更新できなかったのでございます。

    今朝の9時15分の新幹線、10時5分の南風で帰ってきました。
    南風、自由席より指定席の方が混んでました。
    しかも、私の近所の小父さんの声がデカくて睡眠できんし。

    こういうとき、グリーン車に乗りたくなるのですが、広島のぞみ往復きっぷはそんなサービスはないのです。
    窮屈な姿勢でよく眠れぬ車内を過ごしました(>_<)

    今日はゆっくり寝ます。

    パネルディスカッション
    あっという間の80分

    もう今は高知に帰ってきています。
    事務所でリラックスしながらこのブログ書いています。

    普段県外出張だと、最終便での帰宅が多く、昼頃に帰るのは稀。
    そんな余裕がこのリラックスにつながっているんでしょう。

    昨日は三重県司法書士会館でシンポジウムに参加してきました。
    後半でパネルディスカッションがあり、制度委員長の私は登壇者としてコメントをしました。

    司法書士の簡裁民事へのかかわりについて、研修の充実や自己研鑽を中心にコメントしました。

    今、司法書士の職域について各方面からいろいろな意見・批評がなされています。

    こんな時、以前紹介した大出良知教授の言葉が思い出されるのです。
    「市民の要望にきちんと応えていけば制度は後からついてくる。」

    このシンポでは皆熱い気持ちになれたと信じています。

    さてさて、夜は夜で懇親会。
    三重といえば伊勢海老に松坂牛。
    楽しんできましたよ~。

    お酒も程ほどにセーブしていたので二日酔いにもなりませんでした。

    目覚めも早く、予定より早めにチェックアウト、小牧空港にも早めに着きましたが、
    新聞のパズルにチャレンジしていたら、いい具合に時間がつぶれました(^_^)。

    明日からまた出張ラッシュです。
    今度はどこへ行くのかな~

    初めての地
    三重に見参

    私が出張先のホテルからブログ更新をすることがよくあるということは皆さんよくご存知でしょう。
    今夜は三重県津市に来ています。

    実は生まれてこの方37年、三重に来たのは本当に初めてです。
    過去に通過したことぐらいあるかな、と思っていたのですが(上空を除く)、それすらありませんでした。

    飛行機で名古屋まで飛んで、名古屋から近鉄に乗ってきました。
    正直、かなり遠いです。

    明日の課題を予習しています。

    また、報告しますね。

    簡裁代理の代償
    潤滑油たりえず

    司法書士が簡裁代理権を取得してから6年余り。
    私も取得して丸5年が経過しました。

    これまでは表に出なかった司法書士が自分の名前で相手方と交渉できるようになりましたが、時によっては自分自身が誹謗中傷されることもあります。
    今日は2件、相手方から怒りの電話が鳴りました。

    こちらとしてはできるだけ穏やかな文面を心がけたつもりですが、まぁ、相手側にしてみれば、何だこの書類は、吉本って何者よ、という感情を抱くのは必然といえます。
    当人に対するクレームがメインですが、依頼者に味方している段階で私も批判の対象に。
    相手が怒っている時はできる限り感情を抑えて淡々と聞くように心がけています。
    とはいえ、いずれも上手く話がまとまらず、私は潤滑油の役目を果たす事はできませんでした。

    人間って怒るのは体力がいるので怒ったまますぐ切る人か、言いたいことを長々話した後はトーンダウンする人のどちらかに分かれます。
    今日は両方でしたね。

    批判の電話を受けながら、
    「当事者じゃない私にそんなに怒ってもねぇ。」
    と冷めた状態でいるときもあれば、
    「ああやっぱり手紙出すんじゃなかったな。」
    と後悔する時もあります。

    まぁ、考え方によっては私が怒られた分、依頼者の怒られる回数が減ったかな、と思うようにしています。


    楽器教室
    ダニー・ボーイ

    私はアメリカン・オールディーズが好きでこのブログにもよく紹介しますが、今回は志向を変えてみましょう。

    私が限りある時間の合間に通っているウッドベース教室。
    現在の練習曲が「ダニー・ボーイ」。
    アイルランド民謡「ロンドンデリーの歌」に歌詞をつけたものがこの曲です。
    出兵した我が子を思う母親の歌として大変有名なナンバーです。

    実は私、スコットランド民謡やイングランド民謡も大好きなんですよ。
    メロディーは簡単で適当に指を合わせて弾いたりしますが、とても癒されます。
    あ、自分自身の演奏にという意味じゃないですよ、メロディーが素敵、という意味です。

    イギリスと日本、気候も文化も全然違うのに、また、イギリスにも行ったことのない私が、なぜ民謡に関してはこんなに好きなんでしょう?アメリカ民謡も好きですが、好きな曲の多さではイギリスに軍配が上がります。

    誰もいない部屋でゆっくりと弓を弾くのは日常のストレスから解放されるひととき。

    本当にわずかの時間ですが、私は大好きな時間です。

    若くないのに
    息はゼーゼー、汗はダラダラ

    先週金曜日の夕方の事です。

    高知県司法書士会館で雑用を終えた私はお客さんのところへ権利証を預りに行きました。
    場所は高知市口細山。高速道路の高知~伊野間で左右にちょっと住宅地が見える場所がありますが、そこです。

    ダイエット中の私は「ちょっと頑張ってみよう。」と自転車でそこへ行く事にしたんですね。

    電車通りを抜け、高知商業前を通過し、塚ノ原交差点を過ぎ、いよいよ坂の上り口。
    実はこの時点で坂を上っているのでかなり大変だったんですが、もう後には引けません。
    汗だくになりながら自転車を漕ぎました。
    高速道路の高架橋の上で汗を拭きながら、茶を飲みました。
    でも、これぐらいでは私の疲労は回復するはずもなく、
    お客様の前でもゼイゼイ。
    やっちゃいました(@_@)

    帰りは帰りで急な下り坂で自転車がみるみる加速されて、怖いったらなんの。

    無茶しちゃ駄目ですよ

    土曜の私
    いろいろありました

    今日はのほほんとすごしている私ですが、昨日はいろんなことがありました。

    昨日、高知弁護士会館で生活保護電話相談会が開催され、参加していたのですが、土曜昼のNHKニュースでその様子が放映されました。

    しかし、弁護士会館で張り付きの私はオンエアを見ることはなく、後で
    「アップで映っていたよ。」
    と言われても、ああそうですか、としか言えないんですよね~。

    相談件数は全部で18件ですが、一件の相談時間はそこそこ長いので、長い時間電話がつながっていた、という感じです。

    相談会終了後、事務所で軽く夕食を採っていると、一本の電話が。

    司法書士会の四国ブロック総会の懇親会に呼ばれ、合流しました。
    香川県の同業者の方々と日付が変わる頃までお付き合いしました。

    その後、徒歩で帰宅しました。
    毎度の事ながら、1時間も歩くと足が痛い(>_<)
    若くないですね。



    金曜ファッション
    ピンク・ピンク

    私がウィークデーに身に着けるスーツやネクタイは実はローテーションがあります。

    月曜から金曜まで大体この組み合わせでいこうというのが決まっているんですね。

    金曜の今日はストライプの入った黒いスーツにピンクのワイシャツー、ワインレッドのネクタイ、といういでたちでした。
    スーツはそうでもないのですが、ワインレッドのネクタイとピンクのワイシャツはまず不動の組み合わせです。

    そんな私の姿を見て事務員は「ああ、今日は金曜なんだ」と実感するそうです。

    ちなみに火曜はダークグレイのワイシャツを着ることが多く、楽器教室の先生には、私はいつも同じ格好をしていると思われているかもしれません。

    まぁ、こんなブログを書いてしまうと、金曜にピンク・ピンクスタイルの私を見た方からは指をさされてしまうのでしょうねぇ

    電子マネーの普及で
    貨幣流通の低下

    さぁ、今日は何を書こうかな、と考える前にネットを見てたら、50円以下の貨幣の流通が減少しているとの記事がありました。
    今まで特に考えてもみなかったのですが、なるほどと思いました。

    貨幣の需要が多いのは、公共乗り物・自動販売機・コンビニ・スーパーと言ったところでしょうか。
    これを私自身に当てはめてみると、高知市内の電車バスは「ですか」、首都圏は「スイカ」、自動販売機では以前ほどは買わなくなったし、コンビニ・スーパーは基本的に「エディー」で決済します。

    毎日、事務所の帳簿もつけていますが、現金出納帳の下2桁が何日も変化ナシと言う事もよくあります。

    20代の頃は現金主義者だった私、「電子マネーなんてカード落としたら終わりやないか。」なんていっていたのに今じゃ率先して使っています。

    電子マネーにクレジットカード、私のキャッシュレス化は加速する一方。
    カード使えない時も銀行振り込み。

    ただ、大切なのは無理のない範囲で使用すること。
    ですかは前払いですが、その他は後日銀行引落にしているので請求書を見て驚く事もしばしば。
    マイルをためるのも大事ですが、残高は頭に入れておきましょうね。


    東京日帰り
    違和感なし

    昨日は東京に日帰りで行っておりました。

    今の私にはもう珍しい事ではなく、何事もなかったかのように往復しました。
    そんな自分が怖いです。

    今は気候もよく、朝も気持ちよく起きられますし、ライトをつけなくても外は十分に明るいです。
    朝だと自宅から空港まで30分程度で着きますね。

    モノレールも、JRも、Suicaを普通に使う私。
    羽田空港から東京モードに入るんですね(←何、エラソーニ)。

    四谷まで出向いて約5時間程度会議を行いました。

    流石に夜に自宅に戻った時はぐったりしましたね。
    よく寝ました。





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。