~うりぼうの独り言~
HPなんて面倒くさい、ブログなんて誰も読まないから書かない、って言っていた私がとうとう始めちゃいました。


プロフィール

uribou

Author:uribou
FC2ブログへようこそ!



リンク

  • 吉本修治司法書士行政書士事務所

  • このブログをリンクに追加する



    カレンダー(月別)

    12 ≪│2009/01│≫ 02
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    QRコード

    QRコード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    博多にて
    1年ぶりの再会

    土日は高知にいないことがすっかり当たり前になったうりぼうです。

    今日は福岡市内でフォーラムに参加してきました。

    午後からは刑事訴訟に関するフォーラムが行われて、そのフォーラムの基調講演をしてくださったのが大出先生でした。
    大出先生は私が昨年、全青司全国大会を開催した際、大変お世話になった方で、全国大会終了後きちんとしたお礼ができていなかったので今日お会いできて本当に良かったです。

    今日の午前中に1年前のことをいろいろと思い出し、感傷に浸っていました。
    今思うと、本当に貴重なすばらしい経験をさせていただきました。


    このとき知り合った方たちは私にとってもかけがえのない宝です。

    この素晴らしい思い出は生涯忘れることはないでしょう(何かこんな歌があったよね?)

    スポンサーサイト

    金曜日
    疲れましたね

    机の上に山のように積まれた書類の数々。
    これが今の私の机の状態です。

    正直、泣きそうです。
    日中はこの山を何とかしようと悪戦苦闘しているのですが、来客・電話でその段取りが壊れ、気がつきゃ終業時刻。

    今日もあっという間に終わりました。
    課題もたくさん残されたままです。

    残業はせずにこれから高知空港へ向かいます。

    今夜は福岡行き。

    土日に高知にいないことが当たり前になっているうりぼう、皆さんももう驚かないですよね。

    オンラインで助かる
    タイムリミットは本日17時15分

    今日の午後、高知県司法書士会館で雑用をしていた時、事務所から1通のメールが私の携帯電話宛に届きました。
    「○○株式会社の方が書類を持って来られました。印鑑証明書の有効期限が明日で切れるそうなので何とかして欲しいとのことです。」

    依頼内容は共同根抵当権設定登記申請。
    昨年秋頃に委任状を渡して不動産所有者の登記識別情報・印鑑証明書・実印押印をお願いしていましたが、特に連絡もなく、私も気長に待っていた案件でした。

    慌てて事務所に戻って書類を確認したら、設定契約書と私への委任状がない&印鑑証明書が明日ではなく今日有効期限満了ということに気付き、ビックリ
    急いで担当者に電話して確認してもらったら、委任状や契約書はあるとのことでほっと一安心。

    書類をもらいに行って大急ぎで申請書を作成しました。

    実は、この登記、申請先が愛媛県なんです。

    書類が完成したのが16時30分。本日申請受付の最終時刻が17時15分。ここから車を飛ばしても法務局には間に合いません。
    さてどうしたか。

    そうです、オンライン申請したんですよ。設定契約書をPDF化して送信すれば原本は後日で構いません。
    オンライン申請の特権を利用して印鑑証明書期限切れのピンチを回避できました。
    45分前の申請。受付番号を確認した時はどっと疲れが出ました。

    ですから、この後理髪店に行ったのですが、ついウトウトしました。

    でも、今は再び事務所で書類と格闘しています。
    この後、また再開ですよ~。

    シネマ鑑賞記
    怪人二十面相・伝

    昨晩、標記映画を観て来ました。

    約15年前、本屋でアルバイトをしていた頃、新刊本の中から北村想作のこの文庫を発見し、面白そうだなと購買し読んだところ、夢中になって一気に読破した作品の映画化でした。

    期待に胸を躍らせて予告編を見たとき、「違う!」と失望し、また先日の高知新聞でかなり辛口コメントが書かれていたので、どれだけがっかりするか見てやろう、と思って劇場に足を運んだものです。

    結果は、裏切られました。
    予想以上に面白かったのです。

    手に汗握るシーンあり、松たか子扮するヒロインのお転婆ぶり、ラストで明らかになる二十面相の正体、と楽しみどころが満載です。

    余談ですが、この映画では「ノガミ」という場所がよく出て来ますが、これは「野上」もとい「上野(東京)」の隠語です。東京でも若い人は知らない言葉でしょうねぇ。

    ただ、北村想はあくまでも「原作」、彼の名作と今回の脚本は全く別物です。
    ところどころに原作に忠実、或いはアレンジしたことがわかるシーンがあるのですが、これは小説とは別の作品として観るべきでしょう。

    私は、やはり小説が好きかな。

    「大正は十四年、<彼>は大阪に生れた。」
    で始まる怪人二十面相こと遠藤平吉の伝記小説。
    私の蔵書ではトップクラスの名作です。

    オバマ演説とチャップリン
    二人の共通点

    先日、バラク・オバマ第44代米国大統領の就任演説が行われ、我が国でも新聞・テレビでその内容が詳細に紹介されました。

    その演説の内容を見ていて、私はかのチャールズ・チャップリンが映画「独裁者」のラストシーンで行った演説を思い出さずにいられませんでした。

    「独裁者」についてはかつてのブログで紹介していますが、オバマ大統領の演説とチャップリンの演説にいくつかの共通点が見受けられたのです。

    オバマ大統領は全体的に抑揚のある穏やかな語りで時折アクセントをつけてメインの部分を強調する話し方でした。
    チャップリンは出だしはボソボソ声に近いトーンで始まり、最後には強く叫んでいます。しかし、恋人に呼びかけるシーンでまた穏やかな口調に戻っています。
    オバマ・チャップリン共に聴衆にどうしても聞いてもらいたいところを強くアピールしていました。

    また、オバマ演説では「私たち」という語がたくさん出てきますが、チャップリンも同じで「あなたたち」という言葉も出てきます。

    オバマ大統領は黒人の悲しい過去も語り、人類の平等を叫びましたが、チャップリンも「黒人もユダヤ人も平等である」と演説しています。

    オバマ演説は米国の深刻な不況に立ち向かう決意、チャップリン演説は独裁者からの解放を叫ぶ気持ちをうたったもので多少なりともその性格を異にしますが、基本的に人間の平等を強く述べている点においては一致しています。

    こうして比較してみると、チャップリンは70年近くも前に、現在でも十分通用する大事な事を述べていたんですね。
    改めて氏の天才たる所以を確認したものであります。

    忘れじの事件
    三菱銀行人質事件(昭和54年)

    今からちょうど30年前の1月26日、大阪市の三菱銀行北畠支店で前代未聞の事件が起きました。

    閉店間際の銀行に猟銃を持った男が乱入、行員1名を射殺して行員・客を人質に立て篭もりました。
    男はこの後警察官2名と支店長を殺害、4名が犠牲となりました。
    人質に死者が出たのは初めての事件でした。

    犯人は36時間にわたり篭城、その経緯は様々な文献で知ることができるのでここでは割愛しますが、最終的に犯人は射殺され、この事件は終末を迎えました。

    当時小学一年生だった私は新聞こそ読めませんでしたが、大きく写し出された犯人の顔と、見出し記事の大きさから大変な事件が起きているということは認識できました。
    また、その記事の下の方にある2枚の写真のうち右のものが犠牲になった支店長のものであることも認識できました(もう1枚は最初に犠牲になった行員さんのものでしょう)。
    その支店長の顔を30年経った今でも覚えているのが不思議です。

    昭和犯罪史に必ず取り上げられる事件です。


    初体験
    くせになりそう

    今日は午前中は神田の三省堂書店に足を運び、書籍を数冊購入し、昼は四谷で「東京は1年ぶり」という四万十市の同業の方と昼食を一緒にとり、午後から日司連ホールで研修を受けてきました。

    研修終了後、御茶ノ水駅で先輩と別れて私は一人羽田空港へ。

    第2ターミナルへ到着すると、私は一目散でANA19番カウンターに向かいました。
    「569便、プレミアムクラスへのアップグレードをお願いします。」
    電光掲示板に空席ありの表示を確認したからです。

    以前にも書きましたが、プレミアムクラスは当日空席がある場合には5,000円プラスで乗ることが出来ます。
    快適なシート、優先搭乗、夕食付き、手荷物が先に出てくる、といったメリットがありますが、ほかにもあるのです。

    カウンターでの職員の対応が一層丁寧、ということもあるのですが(笑)、手荷物が多少オーバーしても構わないという特典があります。私はまだ経験はないのですがね。
    あと、専用の手荷物検査場があり、待たずに中へ入れます。これは初体験でしたが、一般検査場もそんなに混んでいなかったのであまりメリットを感じませんでした

    ですが、私はANAラウンジに直行しました。
    これが良いのですよ。普段行く空港ラウンジとは違って広いのですよ。
    ANAラウンジは行った事はあるのですが、スターアライアンスゴールドメンバーの方に同行というおこぼれだったので、自分の航空券で利用できたのは初めて。
    ちょっと優越感に浸っちゃいました。

    出発時刻が18時50分だったので18時30分に名残惜しくラウンジを後にしました。
    このラウンジは60番ゲート付近にあるのですが、569便の出発ゲートが60番という稀に見る幸運ですぐそばでした。程なく優先搭乗が始まり、心地よく搭乗。新しいプレミアムクラスも初体験でした。

    いやぁ、5,000円以上の満足感を得ましたね

    4月からは7,000円に値上がりするそうなので3月末に乗るときも利用しようかな。


    長距離列車の旅
    旭駅から新日本橋駅まで

    今日は、JRに1000キロ近くも乗った一日でした。
    愛知県司法書士会館での研修と明日の日司連ホールでの研修に参加するためです。

    午前8時45分、旭駅から普通列車に乗り込み、高知駅で南風8号に乗りました。
    指定席1両、自由席2両編成だったので、自由席の方が空いていると勝手に解釈して乗ったのですが、高知駅でほぼ満席、土佐山田駅で完全に席が埋まりました。
    土佐山田で雪が降っているのが見えてビックりしたのですが、隣の新改駅付近から大雪状態でした。

    多度津駅からは若干空席が見えるようになり、午前11時40分に終点岡山駅到着。

    ここからのぞみ18号に乗り換えですが、午前11時49分発なので一目散に新幹線ホームへ。
    弁当も買えずに(本当は目ぼしい物が見つからなかったのです)乗り込みました。

    一番後方の窓際の席で隣に乗客もなく、パソコンの電源が足元にある特等席で、本来ならば最高のひと時になるはずでしたが、見事に打ち砕かれました。
    私のすぐ前の席が社員旅行グループの集団で、真昼間から酒盛り、まぁ、これは目をつぶるとしても、大声でわめいてやかましいったらありゃしない、というひどさでした。

    公共の乗り物と貸し切りバスの区別はきちんとしましょうね。

    午前1時29分、名古屋駅到着。ここで在来線に乗って金山駅へ。
    予定通り午後2時直前に愛知県司法書士会館に到着。

    法教育についてのシンポを2時間受講してきました。

    午後4時過ぎに再び、名古屋駅に向かいましたが、昼間の悪夢を思い出し、
    「静かに過ごしたい」という理由で奮発してグリーン車に乗ることにしました。
    午後5時22分に乗ったひかり424号、私の予想通りガラガラで、ゆっくり休むことができました。
    新横浜駅からは9号車の乗客は私だけで、貸切状態でした。

    午後7時10分、東京駅に到着、総武線に乗って新日本橋駅へ。

    午後7時半過ぎにホテルへチェックインした、今日の長旅は終わりです。

    こうして振り返るといろんなことがありましたな。

    雨降る事務所
    こもりたいですね

    昨日はブログ更新できず、すみませんでした。

    昨日から今日にかけて高知地方は生憎の天気。
    風邪のせいもあって最近の私は専ら車で移動です。

    暦の上では大寒を迎え、これからだんだんと暖かくなっていくのですが(三寒四温と言いますよね)、
    その三寒の寒さは未だにこたえるものです。
    2月の立春もまだまだ寒く、私が暖かさを実感できるのはやはり彼岸の時です。
    「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものです。

    その彼岸まではまだ2か月もあります。
    このままずっとこもっていたいです。

    本当、寒がりにはまだまだ辛い季節は続きます。

    牛若丸三郎太
    24時間戦えますか

    私のブログをお読みになられている方の何名かは、
    「司法書士って全国あちこち飛び回る職業なのね。」
    と思われているかもしれません。

    実際は違います、ハイ。

    自分で言うのもなんですが、おそらく私は高知県内の司法書士で3本の指に入る飛行機・新幹線利用者です。

    開業時は暇で、週末は結構家でノンビリしていましたし、たまに研修を受けに県外に行く時はワクワクしながら飛行機に乗っていました。
    ANAカードもJALカードも「そんなにマイルたまるわけがないじゃない。」と最初は見向きもしませんでした。
    今じゃANAやJALのホームページを見てはたまったマイルの累計を見てほくそ笑んでいます。
    えらい変わり様ですね。

    私の手帳を見ると、今週末も「名古屋」「東京」の文字があり、来週以降も「福岡」「鹿児島」「松山」と、県外の都市名が列記されております。
    まぁ、母に似て旅好きの性格なんですが、ここまで続くとね、感動と言うのはないです。

    毎週のようにスーツケースは持ち運び(かなり損耗してます)、空港行っても何も感じないし(ここが母とは違うのですが)、高知空港の荷物がどちらから出てくるか把握しているし、いいのか悪いのか、って感じです。

    今の私は週末に高知にいること自体が奇跡に近いものがあります。
    あちこち飛び回るのでもっと体力付けないとダメですね。
    風邪ひいてる場合じゃないです。

    でも、完治していないので今夜も早く寝ます。


    高知にて
    無理はしたくないけれど

    訳あってまだウチに帰れません。

    時間が時間だけに帰りたいのですが、仕方ないですね。

    はぁ。溜息ばかり。
    ブログも手抜きがち。

    みなさん、ごめんなさい。


    一人ぼっちの夜
    ホテルの部屋で

    今日は全国青年司法書士協議会代表者会議が開催され、現在は懇親会の真っ最中です。
    しかし、私は懇親会には参加せず、一人ホテルで休んでいます。

    風邪をひいててお酒も飲めないし、仕方ないですよね。

    何か咳止まらんかったし。

    今まで出張で県外に幾度となく来ましたが、こんなにロンリーナイトは初めてですね。

    皆さん、100万都市にやってきても風邪ひいてホテルにこもってたら、

    全然たのしくな~い。

    今頃みんな楽しくやってるんだろうなぁ。
    ああ哀愁のため息が。

    テレビ見ながら己の不健康を憂ううりぼうでした。

    陸奥路
    寒さと風邪の中で

    ブログ書く間があったら寝なさい、と言われそうですが、報告を兼ねて。
    今、宮城県は仙台市のホテルにいます。

    運転手さんの話では今日から暖かくなったらしいですが、それでもとても寒いです。

    やはり体調がよくないので今日はこの辺で終わり。
    すみません、面白くなくて。

    通常業務へ
    今日は木曜日

    広島での新人研修が終わり、今日からまた平常通りの毎日がスタートしました。
    昨晩の帰りの南風では終始眠っていたのですが、疲れは取れず、だるい体で今日のスタートとなりました。

    世間一般は木曜日、さぁ、週の後半だ、もう一頑張りという時期ですが、私は久々の仕事再開でリズムのつかめない一日でした。
    そんなにハードな事はなかったのですが、とても疲れた一日でした。

    疲れの取れぬまま、私は明日、みちのく仙台へと飛び立ちます。

    風邪とともに去りぬ(つまらん駄洒落)

    新人研修最終日
    司法書士を志す方たちへ

    おはようございます。
    今日のブログは、司法書士の新人研修を受けられた全国の司法書士の卵の方たち、あるいは今司法書士試験を勉強している方たちに向けて書かせていただきます。

    本日、中国四国ブロック研修がフィナーレを迎えます。
    受講生の方々はこのあと、神戸・つくばの中央研修、簡裁代理特別研修、地元での配属研修といった様々な研修が控えています。

    受講する側としては拘束時間が長く、辛いと思うかもしれません。

    しかし、拘束時間が長いのは受講生ばかりではありません。
    実行委員としてかかわる私達の時間の拘束も甚大なのです。
    幾度にわたる実行委員会を開催し、担当講師や教材の打ち合わせ、日程・会場の手配、受講生の皆さんの知らないところで様々な課題をクリアしていきます。
    これらをみんな、仕事の合間に行います。
    多忙な人たちばかりの集まりですから、実行委員会も日程調整だけで大変です。
    研修期間中、「実行委員は楽そうだなぁ。」と見られやすいのですが、事前の準備が大変だからこそ、当日を迎えるとほっとし、その安堵感が楽そうに見えるだけなのです。

    この新人研修は日本司法書士会連合会が実施するものです。
    受講生の皆さん、この研修は皆さんの受講料だけではなく、日本中の司法書士の会費の中から巨額の予算を投じて行われているのです。
    ですから、研修には一生懸命参加してほしいし、「仕事が理由で抜ける」なんてことは絶対に言ってほしくないし、ちょっと風邪をひいたぐらいで休む、とも言ってもらいたくないのです。

    こんなご時勢の中、さしたる長所のない私でも日々生活できています。
    本当に幸せな身分であると感じずにはいられません。

    受講生の皆さん、あなたたちは幸せなのですよ。
    新人研修で得たものをこれから社会に還元すべく、日々精進してください。

    何か取りとめもないことを書いてしまいましたが、これからの司法書士仲間の飛躍を願ってやみません。


    研修真っ最中
    寒さに耐えながら

    平日の午前中にこんなこと書いて、サボっていると思われても仕方ないのですが、手のすいた時間帯に書き込みしているのでご了承ください。

    毎朝はそこそこ体調は良いのですが、夜になると疲れもたまって咳も出てしんどくなります。
    養生しなければと思いつつも、広島まで出てホテルで休むだけというのも辛いので会場には出てきています。

    高知も寒いそうですが、広島もなかなかの冷え込みです。
    ホテルの部屋は暖房を強めに設定しています。
    風邪をひいている者にとって必ずしも最善ではないでしょうが、寝ている間は平和なのでこうしてます。

    今日明日と、高知県会から講師の方が来られるのでその講義を拝聴するため、今体を休めているところです。

    皆さんも、お体にはくれぐれも気をつけて。


    体調最悪
    健康大事

    今私は広島司法書士会館にいます。
    中国四国ブロック司法書士新人研修が行われており、その実行委員として手伝いに来ています。
    今回も広島市内は雪が降っています。本当に寒いです。

    昨日の午前6時46分旭駅発の普通列車、南風4号、ひかり453号と乗り継いでやってきましたが、先日のブログにもあるとおり、風邪をこじらせて、体調は最悪です。薬を飲んだりもしていますが、大勢の受講生がいることもあって(風邪をひかれた方が結構いるようです)、なかなか良くなりません。

    昨日は朝は比較的体調は良かったのですが、夜に悪化し、実行委員の皆が街に繰り出す中、一人ホテルで就寝。これはこれで淋しいものです。

    まぁ、その早めの就寝がよかったのか、今朝になって幾分体調がよくなり、何とかこうして無事にいます。

    早く完治したいです。
    やはり、健康が一番ですね。

    ルパン三世傑作選
    殺し屋はブルースを歌う(旧9話)

    今、風邪をひいててこじゃんとだるいです。
    明日から広島だと言うのに。

    このシリーズ、随分とご無沙汰しておりましたね。
    忘れないうちにカキコします。

    ハードボイルドで人気のあった旧シリーズでも、この作品はその代表例といえるでしょう。

    謎の女、峰不二子はルパンと知り合う前、殺し屋プーンと組んでいました。
    しかし、ちょっとしたミスからプーンと不二子は生き別れ、プーンは不二子は死んだと思い、空虚な日々を過ごしていました。
    そんなある日、ふとしたことから二人は再会、ルパンの制止を振り切ってプーンは手負いの不二子を抱え、去っていきます。

    不二子とまた一緒に仕事がしたい、と説得するプーンでしたが、不二子は頑なに拒否。プーンは、不二子の心がルパンに傾いている事を感じずにはいられませんでした。

    やがて、ルパンが不二子を連れ戻しに来ます。不二子を抱えてプーンに背を向けるルパン。その時、プーンの右手の銃はルパンを向いていました。
    「撃たないで!」
    不二子が叫びました。

    ここから先は書くのをやめましょう。
    実際にご覧になってその名作を堪能してください。

    石川五右エ門の笛が哀愁を漂わせています。



    バンコク紀行
    出発編

    待ってた方もそうでない方も、昨年末のタイ旅行記をここに記します。

    12月27日朝、前日の忘年会で午前様のため、眠い目をこすりながら準備に取り掛かりました。
    といっても、着替えやパスポートは前日中にスーツケースに入れていたのでさほど慌てる必要はありませんでした。

    思ったより早く準備ができました。
    県外出張が頻繁にあるのでたまの海外旅行についても以前ほど準備を熱心にしなくても最低限必要なものがあれば何とかなるさ、と思うようになったのも事実です。

    今回のタイ旅行は、同業の先輩方がゴルフ旅行を計画していたところに乗っかって参加したものです。
    ただ、私はゴルフをしないので観光がメインでした。
    参加者は私を含めて6名。上は58歳、下は35歳という年齢のメンバーです。

    ボンバル機に乗って関空へ。到着から出発までにはかなりの時間があったので、ラウンジでくつろいでいました。
    海外旅行はこれで4回目ですが、成田以外から出国したのは今回が初めてです。

    格安航空券を購入していたのですが、ひょんなことから行きの飛行機は「プレミアムエコノミー」に乗ることができました。
    これはエコノミークラスとビジネスクラスの中間に当たる席で、座席もエコノミーより前後左右とも広く、ゆったりしています。リクライニングがスライド式になっているので後方座席の人に全く影響のない構造になっています。
    これはいい

    約6時間の快適なフライトの後、目的のバンコク・スワンナプーム国際空港に到着しました。

    続く

    ダイエット
    始めなきゃ

    以前から気にはなっていた私のお腹。

    でも痩せたいと思うだけじゃ何も進歩はないのです。
    てなわけで一念発起して、体重計を事務所に置くようにしました。
    毎日体重チェックです。

    大好きな甘いお菓子も今は我慢しています(量を抑えていると言った方が正しいかな)。
    今まで夜の残業中につまみ食いしていたのがいけなかったのです。
    これをきっぱり絶っています。

    正直、まだ慣れていないので夜間かなり空腹になりますが、これをひたすら我慢しています。

    苦しいけど、実行あるのみです。



    ベース再開
    今年こそは

    今日は今年最初のウッドベース練習日。

    昨年末がバタバタしていた事、正月は寝正月だったので真面目に練習していなかったので、今日から本格始動です。

    2日の同窓会で高校の恩師で楽団の指揮者をされている方、元吹奏楽部で今も交響楽団に所属している方に再会して、「コントラバスを探しているんですよ。」と言われ、ちょっとやる気が出てきたのです。

    でも、久し振りに触って不安もありましたが、結構何とかなるものですね。
    決して聞かせられる物じゃないけど、何となく音が出ているんですよ。

    今もちょっと指が痛いのですが、演奏するのはやはり楽しいこと。
    これからは真面目に練習してもっともっとうまくなりたい、そう一念発起しているうりぼうでありました。


    御用始
    体は重く

    世間一般では今日から御用始。わが事務所も今日から新年度がスタートです。
    今週は5日フルにある上に、来週から広島へ出張するため、ちょっと頑張らないといけないのですが、流石に9日間のブランクは大きく、今日は程々のペースで処理するのが精一杯でした。

    やはり初日はなかなか思うように体が動きません。
    今日は皆さんも早くご帰宅なさっていると思います。

    私も無理をせず、あと少しで帰ろうと思います。

    続きは明日!

    同窓会
    卒業20周年

    皆様 あけましておめでとうございます。
    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

    年末に旅行に出かけておりましたが、その話は後日に譲るとして今日は、2日の同窓会の話をしましょう。

    今年が高校卒業20周年に当たると言う事で学年全体での同窓会が開催されました。
    参加者は60名弱。330人いたことを考えると少し淋しい気もしますが。
    うちのクラスからは私を入れて男女4名ずつが参加しました。
    おっくん、けんさん、まるちゃん、マリコ、ぶんちゃん(後のメンバーは本名になるので割愛します)、皆変わってなかったなぁ。
    「修治と言えば、チャップリンが好きやったにゃぁ。」
    「けんさん、おんしゃぁ、ようそんなこと覚えちゅうにゃぁ。」
    「吉本君には手相見てもろうたがを覚えちゅう。」
    「ぶんちゃん、それ違うで。見るがはスシ(あだ名)やきよ。」

    他のクラスでは、しょっちゅう会ってる江川(もちろんあだ名)に、今回はカメラマンとして奔走したKEPT、ウチのクラスの2次会に来てくれたあんちゃん、などなどといろんな話したねぇ。

    高校時代の私は単純に「しゅうじ」と呼ばれていたのですが、今から思うと別のあだ名欲しかったなぁ。
    でも、今、同業から「うりぼう」と呼ばれているのでそれはそれでいいのですが(笑)。

    あっという間の同窓会でした。

    1次会が終わっても、2次会、3次会となって帰宅したのは午前4時を過ぎていました(グリーロードから自宅まで1時間近く歩いたからねぇ)。

    次回は2014年に開催されるとのことで早くも待ち遠しいです。




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。