~うりぼうの独り言~
HPなんて面倒くさい、ブログなんて誰も読まないから書かない、って言っていた私がとうとう始めちゃいました。


プロフィール

uribou

Author:uribou
FC2ブログへようこそ!



リンク

  • 吉本修治司法書士行政書士事務所

  • このブログをリンクに追加する



    カレンダー(月別)

    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    QRコード

    QRコード



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    好みの味再び
    18円のグルメ

    ちょうど一週間前に「好みの味」と題して韓国海苔の話を書かせて頂きました。

    でも、私がはまっているのはこれだけじゃないんですよ。

    またまた舞台はエースワン。

    お総菜コーナーに「おやつコロッケ」というものがあります。
    エースワン利用者なら誰でも知っている1個18円のコロッケ。
    バラでも良し、3個パックでも5個パックでもよし、いつも大量に陳列されています。

    18円とはびっくりするような値段ですが、これがお味が良いのですよ
    なかなかどうして。
    今日も私の弁当箱に入っています(笑´∀`)。

    どこぞやの屋台で賞を獲得しましたとアピールする1個180円のコロッケを食べたことがありますが、軍配は迷わずおやつコロッケです。

    高知市神田が発祥の地のスーパー、エースワンですが、愛媛県と香川県にも店舗があります。

    特にサンポート高松店は高松駅のすぐそばにあるので、香川県のみならず、県外の方でも気軽に立ち寄れますよ。
    高知駅前店も駅に近いけど、高松店の近さはもっとです。

    ぜひ一度お召し上がりになって下さいな♪
    スポンサーサイト

    大リーグ豆知識(その4)
    再度登場

    雨降る一日ですね。

    こんな日は雑談しましょう。

    またまた大リーグフリークネタです。

    名選手のニックネーム由来を紹介しますね。第四弾です。

    ルー・ゲーリッグ「鉄の馬」
    当時は不滅と言われた2130試合連続出場を果たした強靱な肉体から。この記録を破ったカル・リプケン・Jrは「鉄人」というニックネームですね。

    テッド・ウィリアムズ「スプレンディッド・スプリンター」
    意味は「素晴らしき木片」すなわち「黄金バット」。どんな球もヒットにしてしまう、打撃の神様と言われた彼らしいニックネームです。

    ロジャーズ・ホーンズビー「インドの王様」。
    ロジャーズの発音がインドの王様を意味する「ラジャー」とよく似ていることから。

    ハーモン・キルブリュー「殺し屋」
    KILLEBREWからBEWを取るとKILLERとなることから。でも実際の彼は物凄く温厚な方で退場経験は一度もない方でした。日本で言うなら「ブスさん」と呼ばれた毒島章一選手が同じ部類ですかねぇ。

    アーニー・バンクス「ミスター・カブ」
    シカゴ・カブス史上最高の選手であるという称号。日本なら「ミスター赤ヘル」という感じですね。

    アル・シモンズ「バケツ打法」
    打席のスタイルがバケツに両足を突っ込んでいるような姿だったことから。日本式に言えば「ガニマタ打法」かな。

    楽しんで頂けました?
    完全に趣味の世界ですね(笑´∀`)

    好みの味
    韓国海苔

    今、自分が好きこのんで嗜んでいる食べ物があります。

    それが韓国海苔。

    もともと韓国は海苔が有名で私も以前韓国旅行した時に大量に買い込んでスーツケースが軽いけどパンパンになったことがありました

    今はまっているのがキムチ海苔。
    スーパーエースワンやエーマックスでまとめ買いしています

    でも、近所の御座店には置いていないんで一宮店や駅前店にわざわざ立ち寄っているんですよね。
    さらにタイミングが悪いと売り切れ状態になっていたり。
    海苔一つ買うのにもなかなか骨が折れます。

    海苔の香ばしさとキムチの香ばしさがミックスされて絶妙の味です。

    3袋99円。1袋8枚入りです。

    ささやかな私のランチタイムの楽しみの一つなのです♪



    ボギー映画紹介
    必死の逃亡者(1955年)

    前作「俺達は天使じゃない」同様、今回もハンフリー・ボガートは脱獄囚役で出演します。しかも前作同様三人組の一人。
    しかし、前作と違って今回は悪役になりきっています。

    平凡なサラリーマン家庭に逃げ込んだボギー扮するグレンら三人の脱獄囚。
    彼らは脱獄がばれないように家族を脅しながらも外出は通常通り、とつとめて平然になるように要求します。
    子供を人質に取っているのをいいことに平常通り、主人のダンに出勤するよう命令します。

    しかし、ひょんなことから脱獄がばれ、彼らは追われる羽目に。

    警察の手が伸び、一人が銃弾に倒れ、また一人が…。

    悪は栄えませぬ。

    私もまだ見たことはありませんが、機会があれば是非、このサスペンスドラマを拝見しようと思っています。



    チャップリンと日本
    秘書は日本人

    今日4月16日はチャーリー・チャップリンの誕生日。
    これまで幾度となくお話してきました。

    そのチャップリンの秘書を長年勤め、チャップリンから絶大な信頼を得ていた日本人がいました。

    彼の名は高野(こうの)虎市。
    広島県生まれの日系人。

    きっかけはチャップリンの運転手の求人募集の案内でした。

    主人に忠誠を誓うという日本人古来の姿がチャップリンに大層気に入られ、よろず相談役、みたいな感じでした。
    チャップリンは大の日本好きとして有名ですが、ルーツは高野秘書だったわけです。

    使用人が全員日本人だったこともあるそうです。
    何度も来日し、相撲・歌舞伎を鑑賞し、海老天が大好物。

    そこまで日本好きになったチャップリンですが、秘書になって25年、ちょっとしたトラブルになり、高野は退職。

    以後、チャップリンの再要請に首を振り日本へ帰国。
    もうチャップリンと会うことはありませんでした。

    晩年を静かに過ごしました。

    彼の長男の名前はスペンサー。

    チャールズ・スペンサー・チャップリンが名付け親です。
    チャップリンと高野がいかに親密な間柄であったかを示すエピソードですね。





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。